専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

50代でもブログ運営を続ける専業主婦!収入を得る為に必要な事とは?

f:id:matsumama:20190101211552j:plain

2019年
今年から、50代の生活がはじまる専業主婦です。

50代のイメージは、あまり良くなかったのですが、
50代に近づき、50代に本当に踏み込むにあたり、
まったくイメージが、変わりました。

それは、
約半年前からブログ運営をはじめたからかもしれません。


そこで今回は、
50代のブログ運営についてまとめました。

50代でもブログ運営を続ける専業主婦!

 

 

 

 

ブログ収入を得る為に必要な事とは?

私はブログ収入を得る為に、ブログを開設し約半年間続けてきましたが、
思っていた様な収入は得られていません。

「甘くはない世界」という事を解っていたつもりでしたが、
検索すると、「簡単に稼げる」などという記事もあり、
「もしかしたら」と、思ってしまっていたのも正直な気持ちです。

約半年間経過して、思っていた様な収入を得られない事で、
気が付いた、ブログ収入を得る為に必要な事は・・・

ブログ収入を得る為には勉強が必要!

最初は何とか開設して、記事を更新するだけで良いのですが、
途中気が付いた事に対応できるように、勉強が必要となります。

・上位表示される為に必要な記事の書き方
・タイトルの付け方
・キーワードの絞り方
・サーチコンソール活用方法
など

ただ何となく記事を書いて収入を得られる人は、
センスや才能があるとしか思えません。

 

 

50代でブログ収入を得る為に必要な事とは?

50代でも、もちろん勉強は必要ですよ。

それにプラスして、
楽しみながらブログ運営を行う!という事です。

50代と言ったら、
ホルモンバランスの乱れによる体調の変化や老いなどを、
感じる年齢です。

特に精神面は、要注意!

ブログ運営に悩み過ぎるあまり、うつ病になる事も考えられるのです。

しかし、収入目的のブログ運営には悩みがつきものです。

その悩みも、50代のブログ運営の場合は、
プラス思考に考え、楽しむ事が大切なのだと思います。

私の場合ですが、
PCが苦手なので、気が付いた事を改善する為に検索しても、
書いてある意味が、イマイチ理解できないのです。

そんな時、焦る事や、嫌になる事などをしない様にしました。

自分の愚かさを笑って、
角度を変えて検索をして、理解出来た時は自分を褒めています。

他の人に比べれば倍以上の時間がかかりますが、
「それが私」と思い、
収入を簡単に得られている人と比べる事はしない様にしています。


私は、前向きにしか考えない様にする事を、
新たな年の目標にしています。

 

50代になってもブログ収入にこだわる理由

50代は子育ても終わり、
自分自身について考えるちょうど良い節目の年ではないでしょうか?

私がブログ収入を得る為に開設したのが、
40代最後の年齢になります。

この年齢でネット世界に飛び込むなんて・・・?
と思いました。

しかしブログ更新をする様になり、
色々な方との出会いの中で、
同じ様な時期にブログを開設している人の中に、
40代後半の人や、50代、60代の人もいる事を知りました。

そして、ベテランの人も数多くいます。

まだまだ自分には無限の可能性があるかもしれない?
という様な感じで、プラス思考で考えております。

 

 

50代の生活とブログ運営

50代は、とにかくマイナス思考の考え方をしない様にする事が大事!

ブログを更新しながらサイト管理者が、
老け込んで行く様なサイトでは、
誰も共感する事なく、参考にしたいと思わないのではないでしょうか?

サイトの運営には悩みながらも、
楽しく記事を更新する事が大切だよな!と私は思います。


「50代のおばさんが更新した記事か!」
と思われるより、
「50代の女性が更新した記事か!」
と思われる様に、したいと思います。

それには、自分の生活も充実させる事が大切ですよね。

収入を得る為に開設してブログ運営をしていても、
ブログ中心の生活で終わらない様にしたいと思いまうす。

50代は今までにないぐらい、
輝いた人生を送りたい!と思います。

 

 


まとめ

収入を得る為のブログ!
私にとって、かなり難易度が高い事に気が付きました。

しかし50代になり、
新たなミッションをクリアする事の楽しさを得る事が出来ました。

それも開設してから色々な人との出会いがあったからだと思います。

「まつママさんは、50代のおばさん!」
などと思わないでくださいね。

50代を今までの人生の中で一番
充実した人生を送る専業主婦になりますので、
「50代の女性」とインプットしてくださいませ。

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。