専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

日傘の効果は安い物でも大丈夫?色や試用期間には注意が必要!

f:id:matsumama:20180626130208j:plain

日差しが年々強くなっている様な気がしませんか?

太陽からの光で、肌がジリジリ焼けている音が聞こえそうなぐらいです。
(言い過ぎかな?)

多くの女性が日傘をさすようになりましたが、
買う時に悩む事ないですか?

日傘の効果って安いとないのではないか?
色によって日傘の効果が違うのか?使用する期間があるのか?

など、今回は日傘についてまとめてみました。

 

 

 

 

日傘の効果は安い物でも大丈夫?

日傘の効果は値段(安い・高い)で決まる物ではありません。

日傘で安い物だと、1,000円以内の物もありますよね。

 

買う前にチェックする重要ポイント
・UV加工がされているかを確認する
・紫外線カット率の確認をする

 

日傘として売られていても、
UV加工の文字や紫外線カット率が、
表示されていない物もあるので注意してくださいね。

日傘の安い物でも、
紫外線カット率が99%の物もたくさん売られています。
(紫外線カット率が100%になると少し高いです)

紫外線カットの効果にプラスして、
遮光や遮熱効果の文字が表示されている物があったら、
そちらを選ぶようにしましょう。

日傘の値段の違いというのは、

・ブランド名
・デザイン
・部品(パーツや骨)
これらの違いにより、かなり変わってきます。
(それだけの事です)

 

日傘の効果は色で決まる?

日傘は色により効果が違う事は、
テレビなどでも取り上げられていた事がありましたが…

もう一度再確認の為(覚える為)にまとめてみます。

 

外側は、白色(薄い色)
光を反射するので、紫外線も反射(カット)してくれます。

 

内側は、黒色(濃い色)
光を吸収するので、アスファルトなどからの照り返しを吸収してくれる。


外側は黒色じゃダメなの?と思いますよね。

ダメではありませんよ。

しかし、吸収する事で熱もこもるし、ちょっと暑苦しいですよね。
なので、あえて涼しげな白(薄い色)がおすすめです。


内側は白色じゃダメなの?と思いますよね。

これまた、ダメではありませんよ。

しかし、アスファルトなどからの照り返しを、
日傘がまた照り返して、
ダブルで紫外線を浴びる確率があると言う事になります。
なので、おすすめは黒色(濃い色)です。

 

日傘の試用期間ってあるの?

雨の日に使う傘は、
破れたりして、壊れない限り使う事は出来ます。

しかし日傘の場合は、
目的が紫外線カットをして、日に焼けない様にする為です。

やはり何年も使う事により、
日傘の生地が劣化してきます。

これでは十分に目的を果たす事が出来ません。

本来なら、毎年買い替えると良いとされていますが、
値段により来年も使いたいと言う気持ちもありますよね。

最低でも、2年~3年ごとに買い替える事をおすすめします。

 

 

 

まとめ

女性にとっては、紫外線から肌を守る事は大切です。

若い時は、なんともない事でも、
年齢を重ねるごとに、紫外線から受けた肌のダメージを思い知る事になります。

おばさんになった時に、
シミのない綺麗な肌でいたいのなら、若いうちから対策をしておきましょう。


最後にもう一つ日傘を選ぶポイントは、
大きさ!

四方八方から太陽の光は攻撃してくるので、
肩幅よりちょっと大きい物の方が良いと思いますよ。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。