専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

子育てのイライラが子供への心配のイライラに変わる!母親の対応も変わる!

f:id:matsumama:20181114195347j:plain

子供が小さい頃のイヤイヤ期は誰でも経験すると思います。

イヤイヤ期を、どの様に乗り切ればよいのか?
イライラしながらも悩み、母親として成長していくわけですが・・・

子供が成長して小学校に入り、高校生ぐらいまで、
母親として、更にイライラする事が山の様にあります。


学校に通う様になってからイライラするのは、
子供に対しての心配や不安などのイライラに変わると思います。

そして何回かに分けて訪れる反抗期と思春期

 

心配性の母親である私は、子供のとる行動にイライラする事が多く、
自分の考えをしっかり持ちはじめる子供に対し、
ガミガミ怒るだけでは伝わらないし、逆にストレスになるのです。

そこで今回は、我が家のこんな子供の行動にかけた言葉を、
懐かしい思い出として書きたいと思います。

今色々な事で子供に悩んでいるお母さんには、
「こんな母親もいるのか」と肩の力を抜く事が出来るかもしれません?

子育てのイライラと母親の対応! 

 

 

子育てのイライラいつまで続く?

子育てのイライラいつまで続く?など考えた事がありませんが、
「子供を育てる親としての責任」というと、
成人するまでなのかもしれませんね?

若い時から子育てがはじまった私は、
子供がプチ反抗期的な行動や言葉がはじまった時には、
一緒になって反抗期しておりました。

そんな母親でも、子育てをしているうちに成長していた様な気がします。

決して真面目なタイプではない母親ではありませんが、
子供に対しては心配性の母親です。

今思い出すと、子供が色々やらかした事に対して、
その瞬間、ガミガミ言わずに言えた事を・・・・とその前に、
参考にはないかもしれません。

 

お風呂場の壁に・・・

昔お風呂場が古く、下半分の壁はタイルでしたが、
上半分がぬりかべだったのです。

すると何やらぬりかべの(砂?)がはがされているのです。

何日か後かに、「あ」の文字が、
ふざけるな!と思ったのですが、そのままずっと黙っていたら、
「あ」から「いうお」と削られていました。(ここまでかなりの日数)

私が息子に言った言葉
「え」はどうした?というより、字の練習は紙にして!

壁紙が・・・

中古を買った家に入る時、壁紙を全部張り替えたのですが、
息子のベッドの横(枕元)の壁紙がはがされ若干壁にも傷があるのを、
枕で隠してあったのですが、発見!

息子に一応確認したら、壁の向こう側が気になったらしいのです。

私が息子に言った言葉(本気でバカだと思いました)
壁の向こうは外だから、穴開けてどうする?掃除が大変だからやめてくれ!

その後、納得したのか?やらなくなりました。

ボールペン、シャーペン、腕時計が・・・

息子の机の引き出しの奥に、分解されたボールペンなどの山を発見!

息子に一応確認したら、構造が気になったようです。

私が息子に言った言葉
これだけ分解したのなら、元に戻せるぐらいになれ!

その後、分解された山は処分したのですが、また分解した物があったので、
構造は解ったでしょ?元に戻せる様に分解した手順を覚えて、
解りやすい様に置かないとダメだよ!と教えて・・・
いつの間にかやらなくなりました。

髪をツンツン立てるワックス持ち込み学校から連絡が・・・

ちょうど息子が中学生の時に流行っていて、
息子が欲しいというので、一緒に買いに行き、
学校に持って行かない様に言いましたが、先生から連絡があり没収!

持って行くと思っていたが、一応息子に確認
すると友達数名も持って来て、トイレで使っているところを先生に見つかり、
息子だけ没収されたようです。

詳しく話を聞くと、
友達は一度ワックスを取ったら、その都度ポケットにしまい、
息子は鏡の前に置いておいたそうです。

私が息子に言った言葉
もっと要領良くやれよ!

学校に来てないのですが・・・

朝学校に行ったはずの息子の中学校から着信があり、折り返したら、
学校に行かずに私が仕事に行った後に家に戻ったらしいのです。

これはすでに何回かあり、自宅に電話しても出ない、
次の日は学校に元気に登校してくるので注意はしていたそうです。

息子に一応確認したら、ただのサボりです。

私が息子に言った言葉
先生も仕事だから電話してこないといけないし、ママも心配するから、
サボるなら朝から学校に行くふりするな!

 

子供が大人になった時を本気で心配した

自分ではやってはいけない事と解っているけど、
すぐに親に解ってしまう行動をする息子を、本気で心配した事があります。

人間関係でこの先上手くやっていけるのだろうか?など
しかし、心配する必要がないぐらい大丈夫でした。

中学、高校時代は先輩に気に入られ・・・
バイト先でも気に入られ・・・
なぜか?イヤな人には出会っていなかった様です。

そして今の職場でも、
年上の方々は皆さん良い方ばかりで、しかも私と同じぐらいの年齢の、
パートさんからは可愛がられ、「息子にお弁当を作ったらついでに」と
我が息子にまでお弁当を作ってくれるそうです。

息子いわく「俺、外面いいから!」だって、
家の中でも良い子にしてくれと言いたい今日この頃です。

 

 

 

まとめ

なぜか今回の記事をまとめながら・・・

我が家の息子には色々大変だった事を思い出します。

ちなみに、これだけではないですからね。


今回息子の事が多すぎて、娘の事が書けなかったので、
娘と母の関係も色々あるので、別に書きたいと思います。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。