専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

梅雨の体調不良の原因は何?対策を考えるのなら食事がポイント!

f:id:matsumama:20180623124158j:plain

梅雨になると、体調不良を感じる事はありませんか?

頭痛やめまい、倦怠感、肩こり、風邪をひきやすくなるなど、
毎年きまって梅雨の時期になると悩まされるのは、
梅雨の時期ならではの原因があるようです。

今年の梅雨時期は、健康に過ごす為に対策をまとめてみました。

 

 

 

梅雨の時期に体調不良になる原因!

梅雨時期の体調不良は「気象病」とも言われています。

・気圧の変化

低気圧が停滞する為、自律神経の乱れが起きやすくなると言われています。
副交感神経の働きにより、やる気が出ない症状が出ます。
また、ヒスタミンと言う炎症物質の分泌が多くなる為、頭痛や肩こりなどの、
症状に悩まされる人が多くなり、古傷が痛む事もあります。

・気温の変化

梅雨の時期は、肌寒な日が続いたと思うと、晴れて異常に気温が高くなる事もあります。
この気温の差に、身体がついていこうと頑張りすぎてストレスとなり、
疲れやすくなり、風邪をひきやすい状態になります。

・湿気(湿度)

梅雨の時期と言ったら「ジメジメ」と表現されますよね。
湿度が高くなる事によって、代謝が悪くなり身体に余分な水分も残りやすくなります。
その為、消化器系に影響がおよび食欲不振や消化不良の原因になります。
またこの時期は、カビの繁殖時期とも言われています。
腹痛や食中毒の症状も多くなります。

 

梅雨の時期を健康で過ごす為の対策!

気象病による身体の「だるさ」を感じない様にする生活習慣が必要です。

・湿気対策

「ジメジメ」した感じは身体にとって不快感になりストレスになるので、
部屋の換気をしっかり行い、除湿を心がける事が大切です。

・身体を冷やさない

梅雨の時期からエアコンを使う機会が多くなります。
冷房による身体の冷え過ぎは、血行が悪くなり代謝機能も低下します。
一枚羽織る事やひざ掛けなどを活用しましょう。
自宅では、湿気対策を心がける点からも、
ドライ機能や除湿機能などを活用する方が良いと思います。
また、身体を温めると言う点で、お風呂でゆっくり温まり疲れを取るのも効果があります。

・しっかり睡眠を取る

これも部屋の湿気対策が重要となります。
湿気のこもった布団では快適な睡眠を取る妨げとなります。
梅雨の時期で外に布団が干せない場合は、部屋干しで布団を干す様にする。
また、「ジメジメ」はカビの繁殖原因になります。
扇風機やエアコンを上手に活用することが大切です。

・軽い運動をする

筋トレなどハードな運動は必要ありません。
ストレッチやマッサージなど血行を良くするような軽い運動で十分です。
欲を言えば、汗をかくのが理想的です。
湿気が多いと体内から余計な水分など老廃物が排出されにくい状態になる為、
汗をかき、新たに水分補給をして、基礎代謝を上げると効果的です。

 

梅雨の時期に気を付けたい食生活!

人間は必要な栄養素を摂取しないと健康に過ごす事はできません。

梅雨の時期に注意したい食生活の中に「食品が傷みやすい時期」
と言う事を忘れてはいけません。
生ものは出来るだけ避ける様にし、しっかり火を通す様にしましょう。

健康に過ごす為に必要な栄養素(食材)をご紹介します。

・ビタミンB群
糖質を分解しエネルギーに変え、疲労回復効果があります。
(豚肉全般、あさり、大豆製品、卵、魚介類、乳製品など)

・タンパク質
免疫力を高め、むくみの解消効果があります。
(鶏ささみや胸肉、卵、大豆製品、乳製品など)

・カルシウム
ストレスを和らげる働きがあります。
(牛乳、チーズ、海藻類、ゴマなど)

・カリウム
食欲増進や、むくみ解消効果があります。
(アボカド、キウイ、ナッツ類、豆腐など)

 

梅雨の時期は夏野菜も体に良い効果をもたらしてくれます。
トマトやキュウリ、スイカなど利尿作用があるので、
体内から余分な水分や老廃物の排出を、サポートをしてくれます。

食生活に注意する一番のポイントは、
暴飲暴食は控え、栄養バランスの取れた食事をする事です。

 


まとめ

梅雨の時期は、今まで健康だった人でも、
新たに病気を発症しやすいと言われています。

めまいや、うつ病、呼吸器系の病気(喘息など)

梅雨の時期は健康面に特に注意するようにしましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。