専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

パプリカは色で栄養効果が違う!効率良く栄養素を摂る食べ方のポイント

f:id:matsumama:20180625125920j:plain

 

パプリカを料理に使うと彩がよく、
ちょっとおしゃれな感じになりますよね。

いきなりですが、
パプリカは色によって栄養素が違う事を知っていますか?

色による栄養素の違いを知ると、
パプリカの食べ方が変わって来るかもしれませんよ!

 

そこで今回は、
パプリカの事と、スーパーでよく見かける
赤・黄色・オレンジの特徴と栄養効果をご紹介します。

パプリカは色で栄養効果が違う! 

 

 

パプリカとは?

 ナス科のトウガラシ属になりカラーピーマンの一種になりますが、
パプリカは大型で、部屋数が3~4に綺麗に分かれベル形と言われています。

パプリカの特徴は、
果肉が厚くてジューシーな食感!
苦みや青臭い感じがなく、糖度が高いので甘みを感じる事もあり、
生のままでも十分美味しくいただく事が出来ます。

色はなんと8種類もあり、
赤・黄・オレンジの他に、緑・紫・白・黒・茶があります。

普通にスーパーで見かけるのは、
赤・黄・オレンジですよね?
と言うより、買いたいと思える色なのではないでしょうか?

 

 赤パプリカの特徴と栄養効果!

赤パプリカの「赤」って、とても綺麗な赤ですよね。

この赤い色の色素は、赤いトウガラシにも含まれている
カプサイシンです。

赤いトウガラシも健康に色々な効果があると言われていますが、
もちろん赤パプリカも同じです。

βーカロテンより高い抗酸化作用により、
体内に必要ではないコレステロールを取り除く働きがあるので、
心筋梗塞・動脈硬化・生活習慣病などの予防に効果があると言われています。

また、新陳代謝を活発にする事から、
脂肪燃焼効果・冷え性対策・疲労回復などの効果もあります。

 

黄パプリカの特徴と栄養効果!

黄パプリカの「黄色」って、これまた見事な黄色ですよね。

この綺麗な黄色は、レモンの黄色の様な感じがしませんか?
実はレモンに豊富に含まれているビタミンCが、黄パプリカにも豊富に含まれています。

ビタミンCには美容効果があると言われ、
シミ・ソバカスなどを防ぎ、美白にする働きがあります。

また、ルテインが豊富に含まれている事から、
肌の老化を防ぐ効果があります。

 

オレンジパプリカの特徴と栄養効果!

オレンジパプリカの「オレンジ」もとても綺麗なオレンジ色ですが、
赤と黄を混ぜると、オレンジ色になりますよね。

この事からも解る様に、
オレンジパプリカは、赤パプリカと黄パプリカの栄養素を、
バランスよく含んでいるのです。

高い抗酸化作用のあるβ―カロテン、
美白・美容効果があるビタミンCやルテイン、

そしてオレンジパプリカには、
ビタミンEが豊富に含まれています。

オレンジパプリカは最強ですね!

 

パプリカの栄養素を効率良く摂る食べ方!

野菜に含まれている栄養素の中でも、
ビタミンCは、加熱すると失われる事がありますが…

実はパプリカには、
ビタミンPも含まれています。

加熱に弱いと言われているビタミンCをビタミンPが守ってくれるので、
加熱調理しても大丈夫なのです。

また、β―カロテンは油と一緒に摂取する事により、
効率良く吸収する事が出来ます。

もちろん生のまま食べて、
パプリカの甘みと食感を楽しむのも良いと思いますよ。

炒める時やドレッシングとしても、
オリーブオイルを使用すると良いと思います。

 

私がおすすめしたいのは、
パプリカをお酢に漬けて作る「パプリカピクルス」です。
お酢は身体に良いですから一石二鳥という感じですかね!
お酢が苦手な方は、マリネの方が食べやすいかもしれません。

お酢についても記事がありますので、
良かったらご覧ください↓

www.matsumama.com

新鮮なパプリカをすぐに酢漬けにする事により、
約1週間は美味しく食べる事が出来ます。

 

 

 

まとめ

パプリカの色の違いによる栄養効果を、
忘れそうになった時の思い出し方のポイントは・・・

赤パプリカ→赤いトウガラシ→βーカロテン
黄パプリカ→レモン→ビタミンC
オレンジパプリカ→赤と黄が混ざった栄養素

 

しかし、スーパーでオレンジパプリカが売られていない時ありませんか?

パプリカを買いに行き、安い時に、
オレンジパプリカがあったら、真っ先にゲットしたいですね。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。