専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

パリパリ春巻きの作り方!爆発しないコツをつかんでアレンジに挑戦

f:id:matsumama:20190313205227j:plain

春巻きは自分で作らなくても、
冷凍の春巻きや、チルドの春巻きが売っており、
しかも美味しい!

しかしなぜか?手作り春巻きが食べたくなるのです。
そして毎回爆発してしまう・・・
手作り春巻きを爆発させた事がありますか?

爆発と言っても「吹っ飛ぶ」という意味ではありません。
皮が破れて、中身が出てしまうという事です。

キッチンは悲惨な状態になりますよね?
(私だけでしょうか?この体験をしているのは?)

そこで今回は、
毎回何個か爆発させてしまう私が、勉強して挑戦した成果の記録です。
そうです!爆発しベタッとした春巻きではなく、
パリパリ春巻きの作り方を取り入れ挑戦し成功しました。

パリパリ春巻きの作り方!コツまとめ

 

 

パリパリ春巻きの作り方のコツ!

「毎回何個か爆発させる」発言をしましたが、
これは本当の事です。

学習能力がない!というより、
学習するつもりがなく、それが我が家の春巻きであり、ベタッとした春巻き!

しかし今回は学習したので、
パリパリ春巻きの作り方のコツとなるポイントをご紹介します。

春巻きの具材の水分をなくす

当たり前の事ですよね。
水分がある状態の物を春巻きの皮で巻いてしまえば、
皮がフニャフニャになり、破れやすくなります。
ポイント
多めに水溶き片栗粉を入れて汁気をなくす。

春巻きの具材はしっかり冷ます

具材を作ってあたたかいうちに皮で巻くと、
爆発する可能性があるそうです。
ポイント
具材は早めに作り冷ました後に冷蔵庫で冷やしてから巻く。

春巻きの巻き方

春巻きの皮に具材を入れて巻く時にも一工夫!
ポイント
皮の角に具材をのせて、一巻き目はしっかり巻き左右を内側に入れ、
二巻き、三巻き目は軽く巻き、最後に水溶き小麦粉でとめる。

春巻きの揚げ方

春巻きの具はすでに火が通っているからといって、
高温で揚げるのはダメ!
ポイント
低温の油で中まで油を染み込ませて、最後は高温で揚げ色が変わればOK

 

今までの我が家の春巻き

はい!
↓こちらです。

f:id:matsumama:20190313205524j:plain
この状態の春巻きを作った後のキッチンは悲惨!
油が跳ねる・・・元気よく跳ねる!

実はこのベタッとした春巻きも、それなりに美味しいのです。
「油っぽい物が食べたい時にはピッタリ」

「今日の夕食は何?」と聞かれると・・・
「今日はベタッとした春巻き」と答えると・・・
「あれね!」と、春巻きでも手作りだと家族は理解し嫌がらない!

しかし残念ながら、
この家族の会話がなくなります。

パリパリ春巻きを作ってみた!

はい!
↓こちらです。

f:id:matsumama:20190313205620j:plain
大きさが微妙に違うところが私らしい春巻きです。
全部爆発してない証拠
↓こちら

f:id:matsumama:20190313205645j:plain

残念なのがパリパリの音をお伝え出来ないところです。
これ、食べる時にレンジで少し温めたのですが、それでもパリパリ!

普通なら半分にカットして中身をお見せするところですが、
パリパリなので綺麗にカット出来ない自信があり、
もったいなので止めました(すみません)

 

春巻きの作り方のコツをつかんでアレンジ!

一般的な春巻きの材料は、
・豚肉
・水煮タケノコ
・ニラ
・干し椎茸
・春雨
などですが、家庭によって微妙に違いがあるのも春巻きですよね。

我が家の春巻きは、豚肉も入れますが、
野菜を食べさせる目的でもあるのです。

アレンジといっても、
↓こちら

f:id:matsumama:20190313205813j:plain
味付けはチンジャオロースの素、
春雨の変わりにマロニーちゃん!

これからは、春雨の変わりにマロニーを使う事にしました。
↓こちらの記事が参考になります。 

www.matsumama.com
春巻きは基本的に何を入れてもOKだと私は思っているので、
チンジャオロースの具材として、
・豚肉
・ピーマン
・水煮タケノコ
その他に家にあった
・人参
・キャベツ
も入れちゃいました。
そしてマロニー!

ちょっと具材が多過ぎたので、
チンジャオロースの素の他にオイスターソース少々入れて
↓こんな感じです。

f:id:matsumama:20190313205947j:plain

具材を皿に取り、冷めたらラップをして2時間ぐらい冷やしました。

 

まとめ

パリパリな春巻きの作り方のコツをつかんで作ると、
キッチンの掃除もラクです。

覚えておきたい、
パリパリな春巻きを作るポイント
・具材の水分をなくす
・具材をしっかり冷やす
・かたく巻いてふんわり巻く
・低温から揚げて、最後に高温

そしてマロニーをはじめて使ったのですが、
春雨と比べて太いから違和感があるかと思いきや、
まったく気になりません。

少し芯が残る状態に戻して(1本持った時にピンとした状態)
具材を炒めている最後の方に入れたのですが、
水分(旨味エキス)をかなり吸収してくれました。
それでも水溶き片栗粉は当然使いました。

やはり料理って、ポイントを知る事が大切ですね!

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。