専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

ビールを飲んでも太りたくない!太らない飲み方を確認してスタイルキープ!

f:id:matsumama:20190212205903j:plain

ビールにもカロリーはありますから、
飲み過ぎれば太ります。

よく表現されるのが「ビール腹」
想像してください!
下腹部に脂肪が付いたスタイルにはなりたくないですよね?

日頃から太らない努力をしているけど、
ビールは飲みたい!という人の為の耳寄り情報です。

ビールの太らない飲み方!

 

 ビールを飲むとなぜ太る?

ビールを飲む事で太る理由を、
まずはしっかり理解しておかないといけません。

ビールにはカロリーが含まれている事はご存知だと思いますが、
ビールのカロリーのほとんどは、アルコールです。

アルコールのカロリーは
「エンプティカロリー」といわれていますが・・・(知ってます?)
・カロリーが空っぽ
・カロリーがない
などの間違った意味にとられ、勘違いされやすいのですが、
栄養を含まないカロリーというのが、本当の意味になります。

しかし、アルコールのカロリーは、
血行を促進し基礎代謝を上げるなど、
エネルギーとして燃焼されやすいので、
脂肪として体内に蓄積されにくいと言われています。

なら、なぜ太る?

ビールには食欲を増進させる効果があるのです。

そして、油っぽい食べ物や、味の濃い食べ物とも相性がよく、
ついつい食べ過ぎるのが原因で太る!
のどが渇き飲み過ぎてしまうのが原因で太る!

そこで重要なのが、
ビールの太らない飲み方になります。


ちなみに、
アルコール基準から考えると、1日の適量は、
・缶ビール(500ml)1本
・中ビン1本
と言われていますので、覚えておきましょう。

 

ビールの太らない飲み方

ビールは適量を守り、太らない飲み方をすれば、
本来太る要素がない事が解りました。

しかし、飲み屋に行く時や、気の合う友人と飲む時は、
つい羽目を外してしまいがちですが、
太らない飲み方のポイントだけは覚えておきましょう。
(毎晩家で飲む人も同じです)

空腹の状態でビールを飲まない

最初に「カンパイ」など同時に飲んでスタートする場合は、
ほんの少し飲むだけにしましょう。
空腹の状態で飲む事は、
血糖値を急に上げる事になり、太る原因になります。
ビールを飲む前に食べた方が良いのは、食物繊維が豊富な食材です。

ゆっくりペースで飲む

ビールはグビグビ飲めてしまうので、
ゆっくり飲む事で、量(カロリー)を抑える事が出来ます。
ビールを飲むペースが早いと、
血中のアルコール濃度が急激に上昇するので、
呼吸困難や急性アルコール中毒になる危険性があります。

大ジョッキでビールを頼まない

なるべく小さめのジョッキ(グラス)で頼みましょう。
特にお酒に関しては、最後まで飲み切る傾向があるので、
お腹がいっぱいでも「飲まなきゃ」という思いになり、
結局カロリーを大量に摂取する事になります。

途中でお茶や水などの水分補給

アルコール以外の水分を摂取する事で、
アルコールを早く代謝し、血液循環も良くなります。
また、アルコールの利尿作用による脱水症状や二日酔いの予防になります。

寝る直前まで飲まない

特に、眠れない時にお酒を飲む習慣がある人は要注意!
お酒による睡眠は質が悪く、
浅い眠りとなり、熟睡出来ていない可能性があります。
身体にとって必要な睡眠効果が得られないと、
基礎代謝が低下し太りやすい体質になります。

ビールの過剰摂取を控える

これは二日酔いになるほどの量を飲まないという事です。
アルコールのカロリーは脂肪として蓄積されにくいとはいえ、
肝臓で分解できるアルコールの量をオーバーしたら、
お腹周りの脂肪として蓄積されます。

それだけではなく、肝臓に負担をかけすぎると、
肝臓でアルコールを分解する時に、活性酸素が発生します。
活性酸素がたくさん発生すると体内が酸化し老化の原因になり
肝臓機能が低下すると、代謝が悪くなり太る原因になります。

おつまみのカロリーに気を付ける

ビールを飲む時は何か食べますよね?
というより、ビールを飲んでも太らない為に、おつまみは重要です。
とにかくビールのカロリーも気にしながら、
おつまみを選ばなくてはいけません。

おつまみを選ぶ時のポイントは、
低カロリーで高タンパク質な物にしましょう。
揚げ物や焼き物より、生で食べる物や茹でた物(蒸した物)を選ぶ!
例えば、
生で食べる物は、生野菜やお刺身など
茹でた物(蒸した物)は、枝豆や温野菜、しゃぶしゃぶなど


ビールを飲んだ事で太ったと感じるのは、
実はおつまみの選び方が原因だと思います。
もう少し詳しくみていきましょう。

ビールの太らない飲み方で重要なのはおつまみ

おつまみの選び方で、
低カロリーと高タンパク質が重要な理由は、
低カロリーは、
もちろんカロリーオーバーを防ぐ為
高タンパク質は、
アルコールから肝臓を守る為
(肝臓がアルコールを分解する時にタンパク質が必要なのです)

そして食物繊維が豊富に含まれているおつまみも重要です。

ビールを飲んでも太らない為に必要な、
栄養素を持つおつまみを少しご紹介します。

枝豆
枝豆はビールのお供にもってこいの栄養素が豊富なのですが、
その中でも、タンパク質の成分である「メチオニン」が、
アルコールの分解を促す効果があり、肝臓をサポートしてくれます。

アーモンド
豊富に含まれているビタミンB2が、
体脂肪を分解し、代謝を促進する効果があるので、
余分な脂肪をため込まない!
また、不足しがちなマグネシウムやカルシウムが豊富に含まれています。

野菜や海藻類
血糖値の上昇を抑える働きがある食物繊維の存在は重要です。
そして何と言っても低カロリー!

お刺身
魚をおつまみにするのなら、揚げ物や焼き物ではなく、
カロリーを考えてお刺身がベスト!

お刺身も種類によって嬉しい栄養効果が違うのでご紹介します。

マグロ・カツオ・サケなど
肝臓に脂肪がたまるのを防ぐビタミンB6が豊富に含まれています。

タイ・アジ・ブリなど
アルコールを分解し身体に余分な脂肪をため込まない働きがある
ビタミンB1が豊富に含まれています。

ホタテ・イカ・タコなど
肝臓の働きをサポートする働きがあるタウリンが豊富に含まれています。


しかし、低カロリーでヘルシーな物が良いと解っていても、
揚げ物など脂っぽい物や味の濃い物が欲しくなりますよね。

出来ればメインおつまみとして、1品までにしましょう。

そしてお肉なら高タンパク質でヘルシーな、
ササミや鶏の胸肉を選ぶと良いと思います。

 

まとめ

ビールの太らない飲み方では、
ビールの飲み方と、おつまみの選び方が重要となります。

ビール(お酒)は、適量を守り飲む事により、
ストレスホルモン(コルチゾール)の分泌を抑え、
ストレス解消にもなります。

そして忘れてはいけないのが肝臓!

肝臓の働きは、基礎代謝を上げる為に重要な働きをしています。

代謝が悪い身体は、太りやすい体質になるという事です。

日頃から肝臓のサポートになる食材を食べる様に心がける事と、
肝臓に無理をさせない様にしましょう。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。