専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

たかがブログ記事のリライトにこんなに悩むとは!情報の多さに原因がある

f:id:matsumama:20190110211032j:plain

古いブログ記事のリライトは重要!

そこで私の場合
検索順位がどうのこうのと言えるレベルではない古い記事から、
リライト(修正)をはじめようと、気軽な気持ちで情報収集!

実は気軽な気持ちのまま行ってしまった方が良かったのかも?
と思いはじめております。

そこで今回は、
たかがリライトに悩む理由をまとめておきたいと思います。
(はてなブログの場合です)

リライトに悩む理由!

 

 

 

 

古い記事のリライトの重要性

古い記事のリライトが必要な人は、
ブログで収入を得ようとしている人なのですが、
そんな中、リライトを必要としないブログもあると思います。

例えば、
子供の成長などが内容に入っている場合は、無理ですよね。

私はリライトを視野に入れて書いている記事もあり、
開設から半年経ち、記事の見直しをしているのですが、
私が思っている以上に記事のリライトは重要な事らしいのです。

私流の言葉でお伝えすると、
Googleの評価を上げる為の行為!

実はここまで考えてなかったのです。

ただ単に、どこに行ったのか解らず埋もれている記事を、
検索上位に近い、2枚目3枚目まで生き返らせる。
(運が良ければ1枚目)

確かにこれって、Googleの評価をあげる為の行為ですよね。


それにリライトしたからと言って、
順位が上がるどころか、下がる可能性もあるのです。


そして、検索されない記事を放置している事により、
サイト自体が重くなるだけ!
収入を得る為のブログ運営は、サイトの記事数が重要なのではなく、
検索される記事を育てる必要があるのです。


すると慎重になります。

リライトをする考え方については、
↓こちらの記事をご確認ください。

www.matsumama.com

 

 

埋もれきっている記事のリライト方法

先ほどの記事でもお伝えしておりますが、
最初にリライトをするのは、埋もれている記事です。

検索順位?順位ついてないよね?
と言う感じの、
サーチコンソールの検索パフォーマンスで検索キーワードの、
順位があまりにも低い物や、
まったくヒットしていない様な記事です。

微妙な順位にいる記事をリライトする場合は、
サーチコンソールやアナリティクスを活用して慎重に行う事が必要です。


埋もれきっている記事のリライト方法は、
内容を充実させて、タイトルも変えてしまうのも良いと思います。

と言うより、
私はその作戦でいこうと思っていました。

するともちろん日付も最新の日付にした方が良く、
開設直後の記事にはブックマークも付いていないので、
新着記事として、URLも変えてしまうのがベストだと思いました。

URLをそのままで、更新する日の日付にしても、
読者登録をして頂いている方には通知がいかないし、
私の場合だけかもしれませんが、参加グループにも更新されないのです。

これなら、まったくの新記事として更新した方が良いですよね。

しかしこの件について情報収集したら、
情報の多さに悩まされています。

 

情報収集のやり方

PCが苦手な人は同じだと思いますが・・・?
ブログ運営で困った事があると、
情報収集をすると思います。

私が注意しているポイントは、
・検索上位の記事だけを信じない
・日付に注意する

この2点なのですが・・・
日付が新しいからと言って、情報が新しいとは限らないのです。

これは、リライトの仕方が上手なのでしょうね?
「この情報古い!」と言う事があるので要注意です。

そして、色々検索してみると、
・このやり方で良い
・このやり方ではダメ
など、
その人によって言っている事が、微妙に違う事があります。

そして、また違う角度から検索する。

情報収集と言うのは、
自分が自信をもって、何を信じて行うか!
これが大切です。

 

たかがリライトに悩む理由

今回お伝えした様に、
私は、埋もれている記事のURLを変えて、
新記事として更新するリライトをしたいのですが・・・

情報が色々あり困惑しております。

まず、はてなブログでこの様なリライトの手順として・・・

① 編集画面からリライトしたい記事の削除をする

注意点は、消す前に記事のURLをコピーして保存しておく


② サーチコンソールでURLの削除を依頼する

手順(まだ古い方のサーチコンソールです)
・左側のGoogleインデックスをクリック
・URLの削除をクリック
・一時的に非常時をクリック
・出て来た画面に、削除したいUPLを入力し続行をクリック
・理由欄には「検索結果とキャッシュからページ削除」にする
・その下の「リクエスト送信」をクリック

しばらく保留になるが、その後「削除されました」になる

これで大丈夫!
と言う情報もあれば・・・

これは一時的に非表示になるだけで、
90日後には表示されると言う情報もあります。

本当に削除するには・・・
難易度が高い面倒くさい話に繋がります。

しかし、
記事がなくなると「404」の警告が来ますが、
これも、放置していれば自然にインデックスが消えるから大丈夫!
と言う情報もあれば、
「404」の警告が多くなるとサイトの評価が落ちると言う情報もあります。


情報収集すればするほど、
PCが苦手な人間にとって、
記事を新記事として更新する方法はどうしたら良いの?
と言う事で、今日は疲れました。

 

 

まとめ

ブログ記事を削除をして、
サーチコンソールのURLの削除依頼をするだけで、
大丈夫なのでしょうか?

90日後と言ったら約3ヵ月後です。

とりあえず、行ってみたいと思います。

こんなにリライトで悩む事になるとは思いませんでした。

新情報があった時には、
最新情報を更新したいと思います。

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。