専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

遺骨を埋葬しない散骨とは?気になる情報と家族への注意点!

f:id:matsumama:20180916195340j:plain

日本では、
火葬をして、遺骨をお墓に納める埋葬が、一般的です。

 

しかし現在では、
遺骨を細かく砕き、海や山などにまくと言う、
散骨葬を希望する方が増えているそうです。

 

実は私も散骨葬が希望なのですが、
色々と注意点がある様なのです。

 

そこで今回は、
散骨について気になる情報と、
散骨葬とは違う樹木葬について、解りやすくまとめました。

 

 

 

散骨を希望する方が増えている理由

昔の日本では、埋葬するのが当たり前でしたが、
実は、散骨と言うのは海外では一般的に行われていたそうです。

 

今は昔とは違う時代の流れと言う感じで、
散骨を希望する方が増えています。

・核家族化、少子化、高齢化の問題
・お墓購入(維持)などの費用の問題

 

散骨を選択する事により、
もちろんお墓を購入するお金が必要ありません。

 

お墓がないと言事は、
お墓を維持、管理する家族がいなくても大丈夫と言う事になります。


この他にも、
・先祖代々のお墓があるが、嫁ぎ先のお墓に入りたくない
・旦那さんと一緒にお墓に入りたくない
・独身で家族がいない


私が散骨を希望する理由は…
最終的に自分たち(両親)が亡くなった場合、
墓守(はかもり)は子供になります。

地域やお寺によっても違いがあるかもしれませんが、
結構維持管理の費用が必要だし、
お寺によっては、お寺の修繕費用も声を掛けられるそうです。

一度お墓を持ってしまうと、
その墓守と言う役割を、
子供の子供、そのまた子供と言った感じに続きます。

その負担を子供にはさせたくないと思います。

 

散骨葬の種類と注意点

遺骨を細かく砕いて、その辺にまいてよい訳がありません。
一般的な散骨葬の種類とマナーをご紹介します。


・海への散骨
散骨葬で多く行われているが、海への散骨と言われています。
海と言っても、海岸沿いで散骨を行うのはマナー違反です。

場所にもよりますが、海域が決められている可能性がおるので、
確認は必要となります。

 

・山など陸地への散骨
本来「土に還る」と言う意味からもよいと思いますが、
色々トラブルも発生しているそうです。

市町村によって、散骨を規制している地域もあるので、
自分の土地であっても、散骨前に確認しましょう。


・空での散骨
さすがに空での散骨の場合には、
業者に依頼する様になると思うので、業者に確認しましょう。

 

散骨には、色々守るべきマナーや注意点があり、
事前に確認しておく必要があると言う事を覚えておきましょう


遺骨を細かくする場合
遺骨と解る状態は違法となります。
2mm以下の粉状(パウダー)にする必要がある為、
散骨葬全てにおいて業者に依頼する方がよいと思います。

 

散骨葬の気になる費用

お墓を新しく購入するのとは違い、
費用はそれほどかかりませんが、
5万~30万ぐらいが一般的と言われています。

 

例えば海への散骨の場合
・業者に散骨を委託
・他の方と一緒の合同での散骨
・家族(身内)での散骨
これらによっても費用は変わってきます。

 

散骨葬に関しては注意点もありますので、
業者と話し合って行った方がよいのですが、
悪徳な業者も存在するようなので、これまた注意してください。

 

散骨希望は家族の同意を得る事が重要

家族への負担をなくしたいのが理由だとしても、
残される家族としっかり話し合いをして決めましょう。

 

やはり多く言われているのが、
亡くなった故人を偲ぶ場所がないと言う事です。

 

日本では行事として、お盆などお墓参りがあります
また、ふとした時にお墓参りに行く場所がないのは、
辛いのかもしれませんね。


散骨については、
自分の意思を強引に通すのではなく、
家族に同意してもらう事は、かなり重要となります。
(生活環境により、親族の同意が必要なケースもあるかも?)

 

散骨葬とは違う樹木葬とは?

お墓を持たないと言う意味では、
樹木葬(じゅもくそう)も気になります。

 

樹木葬は、散骨して樹木にまくのではなく、
遺骨を骨壺には入れずに、樹木の下に埋葬するのが一般的です。

 

樹木葬にも種類があり
・公園型タイプ
・ガーデニング型タイプ
・里山型タイプ
などが一般的です。

 

樹木葬も勝手にその辺の樹木の下に埋葬したら違法となります。

基本的には、管理してもらえる敷地にある樹木となります。


樹木葬の費用は、
やはり新しくお墓を購入するより抑えられます。

 

地域や管理施設によっての違いや、
個人・家族・夫婦・共同などの違いなどもあり、
10万円~100万円ぐらいと言われています。


樹木葬は永久供養となりますが、
永久に供養されると言う意味ではない様です。

 

供養の期間や管理費用などは事前に確認する必要があります。


樹木葬の場合は、散骨葬と違い、
お墓と同じ様な目印となる場所がある事から、
家族などには受け入れやすいと言われています。

 

 

 

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?
埋葬の形も今は色々あるますよね。


突然自分に何かあった時は、
やはり自然の流れで、
お墓を購入する事になるのではないでしょうか?

それを希望していない様であれば、
事前に、散骨葬にするか?樹木葬にするか?など、
健康なうちに調べて考えてみるのもよいと思いますよ。

 

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。