専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

猫の首輪の必要性と注意点から考える選び方のポイント

f:id:matsumama:20180814170451j:plain

猫を飼う人が増えていますが、
猫の飼い方は、家庭によって違いますよね。

 

家猫・外飼い猫・家と外自由に出入りする猫
など様々ですが、
猫の首輪に対しても、家庭によって違いがあります。

 

今回の記事は、猫に首輪をさせようと言う事ではなく!

猫に首輪が必要なのか?
と言う事を考えてまとめた内容です。

 

 

 

猫が首輪を嫌がる理由と嫌がる仕草

愛猫に首輪をすると、ほとんどの猫は嫌がります。

それは、違和感や恐怖心からです。

 

猫はとてもデリケートな動物なので、
今までと違った状況に対して、嫌がり抵抗もします。

 

愛猫の為に一生懸命考えて選んだ物でも、
猫にとっては、首輪の重さ、素材、サイズなど違和感だらけです。

 

抵抗する仕草は、
・足や手を使い取ろうとする
・首を振る行動を繰り返す
・ジッとして動かなくなる

 

 

猫の首輪の危険性

猫が首輪を嫌がっている仕草ですが、
これらの仕草は、
普段はしていないのではないでしょうか?

 

慣れるまでは仕方がない!
と思ってしまうのは、大変危険です。

 

猫にとってはかなりのストレスになり、
体調を崩す事もあります。

 

また、素材があわない事やストレスが原因で、
首輪をしている部分がはげてしまい炎症を起こす事もあります。

 

自分で取ろうとして、
口に挟まってしまう事故も実際にあるので、気を付けましょう。


猫によって違いがありますが、
嫌がる仕草をする猫の場合は、少しずつ時間を決めて、
必ず飼い主が側にいる時だけにし、様子を見てあげましょう。

 

 

猫の首輪の必要性!

猫に首輪が必要なのは、
飼い主の自己満足の為ではありません。

 

猫にとっては、
「これ凄いストレスなのではないか?」と思える様な
首輪を付けられている猫もいます。

 

私が考える猫の首輪の必要性ですが、
・居場所がわかる(鈴付き)
・飼い猫だとわかる
この2点です。


居場所がわかる

家猫でも、呼んで返事をする猫は少ないのではないでしょうか?

 

しかし、自分の名前を呼ばれると、
首を上げて反応する仔は多いと思います。

こんな時は、鈴が付いていると居場所が解ります。

 

また、移動した事も解るので、
暗い場所に居ても、この辺にいるかもしれないと言う事で、
間違えてしっぽを踏んでしまう事もなくなると思います。
(我が家には黒猫がいるので要注意なのです)

 


飼い猫だとわかる

これが猫の首輪の必要性で、最も重要だと思います。

 

外に出る事がある飼い猫の場合は、
当然必要になると思います。

外は危険が多いので、何があるか解りません。

 

また首輪をしていない事で、
勝手に保護猫として連れて行かれてしまう可能性もあります。

 

これはもちろん家猫でもそうです。

 

ちょっとした油断で、外に出てしまう猫もいます。

猫にとっての首輪は、
飼い猫としての証になるのです。

 

 

猫の首輪を選ぶポイント!

とにかく、飼い主の自己満足として選ぶのは、やめましょう。

 

基準は、愛猫がストレスにならないデザインを選んであげる事です。

サイズは、猫の成長にあわせて、
こまめにチェックしてあげましょう。


猫の首輪を買う時に、
最も注目して頂きたいポイントがあります。

 

猫の首輪は、飼い猫の証であるとともに、
自分の家族の証としても利用する事が出来ます。

 

外に出た猫が、家に帰って来られない状態の時や、
自分の住む地区が災害に見舞われた時など、
もちろん、災害による避難の時は愛猫も連れて行くと思いますが、
もしもの事を考えなくてはいけません。

 

今では、迷子札付きの首輪がたくさんあります。
↓参考サイトはこちら

迷子付き猫の首輪

 

迷子札には、猫の名前の他に、
飼い主の連絡先まで入れる事が出来ます。

 

家族としての証として、愛猫を守る意味で、
首輪を選ぶポイントにしても良いのではないでしょうか?

 

 


まとめ

我が家の猫たちは、いまだに首輪はしていません。

やはり猫が嫌がる事をしたくない。
と思う気持ちの方が強いからなのですが、
迷子札付き首輪は必要だよな!とも思い悩んでいます。

 

とにかく飼い主の自己満足の首輪はつけたくないと思います。

 


最後に、猫を保護した時に、
もし首輪をしていたら、連絡先が書いてないか見てあげてください。

首輪の内側に記載してある事もあります。

しかし、飼い猫でも飼い主以外には警戒心があり、
恐怖心と自分を守る為
本能的に爪出しパンチをしてしまう事がありますので、
注意してください。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。