専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

猫が猫草を食べる理由!猫草って何?他に食べても良い野菜は何?

f:id:matsumama:20180628120317j:plain

猫草(ねこぐさ)は、
ペットショップはもちろん、ホームセンターなど、
猫用品が置いてあるそばで、よく目にする様になりました。

また、栽培キットも販売されていますよね。

猫を飼っている人の中で購入された方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、猫草の正体を知っていますか?
今回は、そんな猫草の正体と、美味しそうに食べる理由
そして、他に食べてもよい野菜についてまとめました。

 

 

 

 

猫草って何?

猫草と言う草が存在するのかと思いきや、違いました。

 

燕麦(えんばく)と言う穀物の若葉になります。
燕麦は聞きなれない穀物ですよね?別名をカラスムギと言われています。
他には、小麦や大麦の若葉も猫草として販売されています。

猫はイネ科の若葉(背の低い草)を好んで食べるようです。

 

猫が猫草を食べる理由!

猫が猫草(草)を食べる理由は、はっきり解っている訳ではありません。

 

食べる猫もいれば、食べない猫もいますよね。

しかし、推測できる理由はあるのでご紹介します。

・毛玉を吐き出す為
猫は自分の体をナメナメして「けづくろい」をしますが、
その時飲み込んでしまった毛が胃腸内で毛玉となり詰まるのを予防する為

 

・便秘予防の為
猫は魚が好きかと思っていたら、実は肉食なので便秘になりやすいと言われています。
本能的に知っているのか?食物繊維を摂取することで、
お通じを良くし、毛玉なども一緒に排泄する為

 

・ビタミンを補給する為
猫草はイネ科の若草なのでビタミン類が含まれています。
ビタミンM、ビタミンB9、葉酸など赤血球を生成する為に必要な栄養素です。

 

・触感を楽しむ為
猫草を食べる時「シャキシャキ」噛んで美味しそうに食べますよね。
ごはんとは違った感覚と味を好む様です。


便秘予防や、ビタミン補給などと聞くと、
猫草を食べない猫を心配してしまいがちですよね。

しかし、食べないからと言って健康に問題が出る事はないそうです。
あくまでも好みの問題みたいなので、猫自身にまかせて大丈夫です。

 

猫草の代わりに野菜をあげても大丈夫?

ご自宅で、葉物野菜を欲しがる猫はいませんか?


実は我が家には1匹葉物野菜が大好きな猫がいます。

冷蔵庫の野菜室を開ける音がするだけで…
「今日の野菜は何?」っていう感じの表情をして待っています。

 

実際我が家では葉物野菜をあげています。
水菜が一番大好きですが、レタス、キャベツ、白菜、
そして最近発覚した、豆苗など、
驚いたのが、冷凍枝豆やインゲンをレンジで「チン」した物も食べます。

 

やはり好みの野菜と、
そうではない野菜では食べる量も違います。

 

基本的にこれらの野菜は、
食べても大丈夫です。(あげ過ぎには注意)

 

 

食べさせない方が良い野菜は何?

ついうっかり食べさせてしまう事がない様に、
これは覚えておきたいポイントです。

 

 猫は自分に危険な食べ物は、食べないと思っていましたが、
そうでもない様なので、
食べさせてはいけない野菜をご紹介しておきますね。

 

ユリ科の植物
・長ネギ
・タマネギ
・ニラ
・ニンニク
・ラッキョウ
・エシャロット
これらに関しては、煮込んだスープなどエキスも危険とされています。
肉や魚をあげる時も、
上記の野菜類を使用した物はあげないようにしましょう。

 

それと、アクが強い野菜はあげないか、
少量にするか、茹でるなどした方が良いと思います。

例えば、ほうれん草や小松菜です。
実は我が家の猫は食べていましたが、アクに含まれている成分が、
結石の原因になるそうなので禁止にしました。

 

そしてアクの強い物
・ほうれん草
・小松菜
・春菊
これらは、茹でてアク抜きした物なら少量は大丈夫と言われていますが、
リスクがある物は避けた方が良いと思います。

 

 


まとめ

猫は基本肉食なので、野菜の消化に関して得意ではないと言われています。

食べ過ぎには注意が必要となります。

 

猫草をあげる頻度ですが…
・そのまま置いておいて良い
・一日数本
・週に二回ぐらい

など様々言われていますが、
私が思うのは、その猫によって変えるべきだと思います。

 

あまり嘔吐をするのはよくないですし、消化器にも負担がかかります。

猫草が大好きで、いつも食べている猫に対しては、
置きっぱなしにする事はおすすめできません。

 

飼い主なら、愛猫のタイプが解ると思うので、
ご家庭によって対応してくださいね!

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。