専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

猫の癒し効果には驚いた!改めて猫がいる生活に感謝したくなる

f:id:matsumama:20190116202142j:plain

猫と生活をする事で癒される!
そんな人が多いのではないでしょうか?

私も猫がいる生活で毎日癒されているのですが、
「猫が好き」「猫は可愛い」その気持ちによる癒し効果だと思っていました。

しかし猫による癒し効果には、不思議な力がある事が、
科学的にもちゃんと証明されているのです。


そこで今回は、
猫好きなら知っておきたい、猫の癒し効果についてです。

改めて猫がいる生活に感謝したくなると思いますよ!

猫の癒し効果を再確認

 

 

 

猫の癒し効果でストレスを軽減

ストレスは、
自分でも気が付かないうちに蓄積されていくものですが、
猫がいる事により軽減されている事は、
何となく気が付いていると思いまうが、
それにはちゃんとした理由があったのです。

ストレスが溜まると体内では、
ストレスホルモン(コルチゾール)の量が増え、
血圧を上げ血糖値を高める事や、
精神面では、自律神経のバランスが乱れ、
不安やイライラなどの症状を引き起こします。

猫と過ごし触れ合う事により、
幸せホルモン(オキシトシン)が分泌される事で、
ストレスが軽減されるといわれています。

これは猫に触れ合う事だけではなく、
猫の写真や動画を観て、笑顔になり癒し効果があると思います。

また、アニマルセラピーの考え方なら、
動物と触れ合って得られる効果なので、犬など他の動物でも、
飼い主のストレスを軽減してくれいる効果が期待できます。

 

猫の癒し効果で健康維持

猫の癒し効果には不思議な力があり、
病気のリスクを軽減する効果がある事も、研究結果が出ているそうです。

・心臓
・脳
・循環器系
などの病気は、猫を飼っている人の方が発症する確率が低い。

幸せホルモン(オキシトシン)の働きにより、
ストレスホルモン(コルチゾール)を抑制する事で、
・高血圧予防
・コレステロール値を下げる

また幸せや穏やかな気持ちというのは、
免疫力を上げる効果もあるといわれています。

そして何と言っても、
孤独を感じる事がなく猫に癒される生活により、
うつ病や認知症の発症リスクも軽減できるそうです。

 

猫のゴロゴロ癒し効果

猫をナデナデすると、よくゴロゴロという音が聞こえますが、
・猫が気持ち良い時
・猫が甘えてくる時
などの仕草かと思っていたのですが、
私たちの身体に、このゴロゴロ音も凄い効果があるそうです。

猫のゴロゴロ音の周波数も、
ストレスの緩和や免疫力アップに繋がるのですが、
ケガを早く治す効果もあるそうです。

「えっ嘘でしょ!」と思いますよね。

海外では、猫のゴロゴロ音の振動と周波数で、
ケガ(骨折)の治療法として効果がる事が証明されているのです。

 

猫と一緒に寝る事で快適な睡眠

猫の癒しによるリラックス効果で、
精神を安定させよく眠れるので、
不眠症を軽減できると一般的にいわれています。

しかしこれは、猫の性格によって変わると思います。

今私の布団で一緒に寝る猫は、
布団の中で熱くなると、クールダウンして寒くなると入って来るので、
私はどちらかと言えば、冬は寝不足になる事が多いです。

 

仔猫でも老猫でも癒し効果がある

仔猫時代の猫は、癒しの固まりとしか言いようがありませんが、
老猫になっても、大人の魅力としての癒し効果があります。

今回記事を読んで頂いた人に、
画像ではありますが、癒し効果を・・・

我が家で保護をした次の日(2日目)に、
家の中、どこを探しても見つからなくて、焦っていたら、
↓いました。

f:id:matsumama:20190116202803j:plain


炊飯器の中で寝ていた様です。

仔猫時代は、元気いっぱいイタズラもたくさんしていましたが、
しでかす事が可愛すぎて、いつも笑顔にしてくれました。


基本的に猫は何をしていても可愛いのですが、
ただ横になっている寝姿も癒しになります。

今は、13歳なので老猫です。

f:id:matsumama:20190116202912j:plain

 

しかし老猫といっても、仔猫時代の様に、
入れる物があると、必ず入る!

f:id:matsumama:20190116203010j:plain


 

どうでしょうか?
画像を観ているだけでも、ホッコリ笑顔になったのではないでしょうか?

 

 

保護猫の癒し効果について

野良猫の中にも、地域猫として地域の人々に可愛がられている猫もいますが、
過酷な野良生活をしている猫がたくさんいます。

もしそんな猫を、保護をして家族として迎え入れた時、
想像していた猫の癒しを得る事が出来ない場合もあります。

それでも、家族として迎え入れたのなら、
最後まで可愛がってあげて欲しいと思います。

猫に触れる事が出来なくても、
ふとした猫の行動が癒しになると思います。

特に人間にイヤな事をされた思い出がある猫は、
なかなかなつく事はありません。

それでも徐々に距離が短くなると思います。


我が家にも保護をして、もうすぐ2年の猫がいるのですが、
いまだに本猫同意のナデナデはさせてくれません。

たぶん男の人にイヤな思い出があるのか?
旦那がいると隠れて、旦那が近くに行くと凄い威嚇をしてきます。

私には自分から寄って来る事もあるのですが、
逃げられる距離感を保っています。

「どれだけイヤな事をされた経験があるの?」
と思うと、悲しくなります。

そんな猫ですが、可愛い表情は癒し効果抜群です。

 


まとめ

猫の画像や動画などを観る人がたくさんいますが、
自然と猫の癒し効果を求めているのかもしれませんね。

私は猫の癒しに不思議な力がある事を、
まったく知りませんでしたが、
いつも猫に癒されている事には感謝しております。


今回猫の癒し効果をお伝えしましたが、
猫以外でもペットによる癒し効果を得ている人がたくさんいると思います。

そんな癒し効果をくれるペット(家族)に、
改めて感謝し、大切にしていきたいですよね。

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。