専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

猫を病院に連れて行く方法!洗濯ネットがおすすめ!懐かない猫も安心な理由

f:id:matsumama:20190211205301j:plain

病院が好きな猫などいないと思います。

懐いている猫でも、キャリーの中に入れるのが大変!
キャリーの形によって、今度は出すのが大変!

猫も連れて行かれる事が解るので、必死ですからね。

そこで今回は、
猫を病院に連れて行く方法として、
洗濯ネットがなぜおすすめなのか?理由をまとめました。

今回、我が家で懐いていない猫の病院での様子もご紹介します。

 

猫を病院に連れて行く方法!

 

 

 

 

猫を病院に連れて行く時の注意点

猫を飼っていると、
病院に連れて行かなくてはいけない時があります。

慣れている猫の場合、
キャリーや、猫を入れられるバッグを利用するだけでも大丈夫かもしれません。

ただし、はじめて病院に連れて行く時は注意してください。

慣れている猫でも、おくびょう「ビビり」な猫の場合には、
来客が来た時「ピンポン」の音だけでも、
ダッシュして隠れたりする事がありませんか?

この様な猫の場合は、
キャリーに入れて病院に着いて出した瞬間、
パニックを起こす可能性があります。

また、慣れていない猫の場合は、
キャリーから逃げ出す事や、病院内で暴れる可能性もあります。

懐いている猫、懐いていない猫、
猫の為に病院に連れて行くとしても、
猫にとっては、迷惑でありストレスにしかなりません。

飼い主が注意してあげられる事は、
少しでも猫の負担を減らしてあげる事です。

 

猫を病院に連れて行く時に洗濯ネットがおすすめ

愛猫を病院に連れて行く時に、
洗濯ネットに入れて行くなど可哀想!

病院内で他の飼い猫を見た時に、
洗濯ネットに入れられて可哀想!

と思うのは、まったく違います。

逆に愛猫が大切なら洗濯ネットを利用するべきです。

洗濯ネットがおすすめの理由をご紹介します。

愛猫を守る為

いきなり知らない場所、知らない人の前に連れて行かれたら、
怖くてパニックを起こす猫や、隠れる場所を探す猫がします。
いつもは可愛い愛猫でも、
こんな時は凄い力とスピードです。
病院内では薬や器具などがあり危険ですし、
誤って病院の外に出てしまったら大変です。

愛猫の不安の軽減

猫にとって、病院に行く事は怖くてたまらないので、
かなりのストレスになります。
猫は本能的に、箱や袋など狭い場所に入り込むのが好きですが、
安心な場所らしいのです。
何かに包まれている事で、猫にとっては安心なのです。


特に飼い主(人間)になれていない様な猫は、
パニックを起こす事を前提に考え、洗濯ネットを利用した方が良いです。

我が家もナデナデだけはさせてくれますが、
抱っこまではさせてくれない猫を洗濯ネットに入れると、
抱っこが出来ます。

 

慣れてない猫でも洗濯ネットで安心

我が家で今通院している猫は、
親子で保護をした親猫の方です。

過酷な野良猫生活中、
1匹だけ子供を守り抜いた母猫です。

人間にイヤな思いもした事でしょう。

飼い主とは言え信頼関係が築けない頃から病気が解り、
洗濯ネットで病院に連れて行っています。

診察台にのせた様子がトップ画像です。

先生も解っているので、
この状態で体重を計ります。
慣れている猫の場合は、
落ち着いて大丈夫そうなら、洗濯ネットから出して、
診察を受けるのも良いと思います。

f:id:matsumama:20190211204529j:plain
このまま頭はネットに入れて、治療が進みます。

 

f:id:matsumama:20190211205154j:plain

 

f:id:matsumama:20190211205337j:plain

f:id:matsumama:20190211205355j:plain

いつもやっている皮下天敵です。

先生が点滴の針を入れた後は、
私が針の部分を抑え、ナデナデしているのですが、
暴れる事なくおとなしくしています。

この治療でラクになる事が解っている賢い良い仔です。

痛々しい画像で辛いのですが、
頑張っている姿を記録として残しておきたい・・・

 

猫の通院用洗濯ネットの選び方

先ほどご紹介した画像にある洗濯ネットが良いと思います。

私が感じたその理由をご紹介します。

形が自由になる柔らかい洗濯ネット

四角い形など、空間が開いてしまうより、
猫を包めるような物の方が、猫にとって隠れている感覚があり、
安心できるみたいです。

網目が荒い洗濯ネット

網目が荒いという事は、猫が外の様子を見る事が出来ます。
隠れているつもりで、外を見られる方が安心するのです。
また、保護猫でファスナーを開けられない状態でも、
獣医さんは点滴や注射をしてくれます。

入り口が大きな洗濯ネット

慣れえない猫の場合は重要なポイントになります。
入り口が大きければ猫を入れる時に、押し込めると言う様な事はなく、
猫にも飼い主にも負担が少ないです。

慣れてない猫を洗濯ネットに入れられる?

結論から言うと大変です。

はじめて病院に連れて行く日は、
旦那と2人がかりで、
本猫は体調が悪くても怖いので、野良猫鳴きで逃げ回るし、
おしっこやうんちまでしてしまいました。

しかし当然ですよね。

自分が猫なら、
いきなり大男と大女がネットを持って捕まえようとしてきたら、
悲鳴をあげて逃げますよね。

体調が悪いので何とか捕獲できた時には、
旦那の手は引っかき傷で流血です。

2回目に病院に連れて行きたい日は私だけ、
1回目の経験から登場したアイテムが、
スキー用の分厚い手袋!

本能的に抵抗してしまう猫には便利なアイテムです。

今は、行くのは嫌がりますが、
すんなり洗濯ネットに入れる事が出来ます。

猫も頭が良い仔もいます。

病院に行くのはイヤだけど、
行けば体調が良くなる事を理解する様です。

猫の為に病院に連れて行くのなら、
色々な作戦を考える事が大切です。

 

 

まとめ

我が家には保護猫しかいませんが、
今までは、すぐに懐いて来る様な猫ばかりで、
病院に行く時は、洗濯ネットを利用する事は無かったのですが、
本猫が少しでも安心出来るのなら、
慣れている猫も洗濯ネットで連れて行こうと思います。

猫はストレスが病気の原因になりやすいので、
どうしても病院に連れて行かなくてはならない様な時は、
猫が少しでも安心していられる状態を作ってあげたいですよね。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。