専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

脂質異常症とは?予防と改善が必要な理由を知り病気になる前に対策

f:id:matsumama:20180807163156j:plain

脂質異常症と言う言葉を知っていますか?

 

年齢を重ねると気にしないといけない言葉です。

 

健康診断の結果で注意しなくてはいけないのが、
血液検査の数値です。

 

そこで今回は、
脂質異常症についてしっかり把握し、
恐ろしい病気になる前に、予防と改善の対策をまとめました。

 

 

 

脂質異常症とは?

これまでは、「高脂血症」と呼ばれていましたが、
診断名が変更になり、脂質異常症となりました。

 

健康診断の血液検査の数値の結果で、
脂質異常症であるのかが解ります。

 

血液中に含まれているLDL(悪玉)コレステロール・中性脂肪の脂質が、
過剰な状態の時、HDL(善玉)コレステロールが少ない時に、
脂質異常症と診断されます。


脂質異常症の基準(空腹時)

・LDL(悪玉)コレステロール
140mg/dL以上:(高LDLコレステロール血症)
120~139mg/dL:(境界域高LDLコレステロール血症)

 

・HDL(善玉)コレステロール
40mg/dL未満:(低HDLコレステロール血症)

 

・中性脂肪(トリグリセライド)
150mg/dL以上:(高トリグリセライド血症)

 

脂質異常症の診断基準は、
メタボの診断基準にも入っており、
健康診断の結果を確認する時に、注目しなくてはいけない項目です。

 

メタボを改善する為のポイントの記事は
↓ こちらです。

 

www.matsumama.com

 

 

脂質異常症の予防と改善が必要な理由

脂質異常症と診断された方は、当然改善が必要ですが、
脂質異常症にならない為に、予防する事が重要です。

 

特に注意が必要なのが、LDL(悪玉)コレステロールの存在です。

LDL(悪玉)コレステロールが必要以上に存在すると、
血管にコレステロールが蓄積され、動脈硬化を起こし、
血管が狭くなったり、詰まったりするのです。

 

この症状が心臓で起こると、
・狭心症
・心筋梗塞

 

この症状が脳で起こると、
・脳卒中
・脳梗塞

いずれも死に至る重大な病気です。

 

また処置が遅れた場合、後遺症のリスクが高い病気です。

 

脂質異常症の怖いところは、
自覚症状が無く進行する事です。

 

血液検査の結果で、
ギリギリ範囲内だから大丈夫と安心しない様にしましょう。

そして何より、予防が大切と言う事です。

 

 

脂質異常症にならない為の対策

脂質異常症の対策には、生活習慣の見直しが必要です。

 

食生活のポイント!

控えた方がよい事

・コレステロールが多く含まれる食材は控える
(卵黄、魚卵、シラス、イカ、タコ、肉の脂身、乳製品など)
・油が多く使われている料理は控える
・アルコールは控え目にする
・ケーキやお菓子など糖分は控える

 

取り入れた方がよい事 

・食物繊維が多く含まれている食材を食べる
(野菜、海藻、きのこなど)
・タンパク質を多く摂る
(青魚、大豆製品、鶏ささみなど)
・油と塩分は控え目にする

 


日常生活のポイント!

・軽度な運動でもよいので、身体を動かす事を取り入れる。
例えば、歩く習慣、階段を使用する習慣など

・体重を意識した生活を送る

・ストレスを溜めない

・タバコは控える

 

 

その他、LDLコレステロールを下げるサプリもあります。
↓ 参考サイトはこちら

LDLを下げるサプリ

 

サプリをご紹介はしましたが、
「サプリはちょっと…」と思いますよね?
(実は私は苦手です)

 

日常で予防を兼ねて取り入れるのにおすすめなのが、
ナッツの効果です。

ナッツの栄養効果の内容は、
↓ こちら

 

www.matsumama.com

 

 

血液中の脂質の種類と役割

血液中に脂質が必要以上に存在すると、
脂質異常症になりますが、脂質は身体に必要な役割もしています。

 

総コレステロール
血液中のすべてのコレステロールの事です。

LDL(悪玉)コレステロール
肝臓から身体の組織にコレステロールを運ぶ役割があります。

HDL(善玉)コレステロール
身体組織の余分なコレステロールを回収する役割があります。

中性脂肪(トリグリセライド)
エネルギーとなる役割があります。

 

 


まとめ

脂質異常症とは、
突然死や後遺症のリスクの高い病気につながる状態です。

 

年齢を重ねると、特に注意が必要となります。

 

健康診断の結果をもう一度確認してみましょう。

 

また、すでに脂質異常症と診断を受けた方は、
医師から指導があったと思いますので、
指導を守り生活してくださいね。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。