専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

冷え性を改善!太りやすい体質ではダイエットは成功しませんよ!

f:id:matsumama:20181021155638j:plain

冬でも夏でも「冷え」を感じ手足が冷たい冷え性!

 

「冷え性だけど、ダイエットを頑張っている」
と言う方は、ちょっと待ってください。

冷え性を改善しないと、
痩せにくいし、太りやすい体質なのです。

 

また、同じ物を食べているのに、自分だけ太るというのも、
実は冷え性が原因かもしれません。

 

とにかく冷え性は改善しないと、
ダイエットは成功しないし、体調不良の原因や老化のスピードをはやめるなど、
良い事が一つもありません。

 

そこで今回は、
冷え性を改善する為のポイントをまとめました。

 

 

 

冷え性と寒がりの違い

同じ様に思えますが、基本的に違いがあるので、
冷え性と寒がり、自分がどちらなのか?理解しておきましょう。


冷え性
身体全体が冷えを感じるのではなく、
身体の中から部分的に冷えている事を感じ、自覚する事が出来ます。
例えば、手(手先)や足(足先)、腰、お腹などです。
(冷え性でも重い症状の方は、全身が冷え性という事もあります)


寒がり
寒さに敏感で、身体全体で冷えを感じます。

 

冷え性の原因

冷え性を改善するにあたり、
冷え性になる原因をしっかり確認しておかないといけませんよね。

冷え性になる原因で最も考えられているのが、血行不良です。

血行不良の主な原因を詳しくみていきましょう。


・自律神経の乱れ

体温の調節や、血行などに指令を出す働きをする自律神経ですが、
冬は、室内は暖かく屋外は寒い。
夏は、室内は涼しく屋外は暑いなどの変化に対応できず、
身体の内部の体温を維持する事を優先する為、末端部分が冷えるのです。

生活環境の他にも、ストレスによる自律神経の乱れも原因になります。


・筋肉量の低下

筋肉と血行(血流)の関係が疑問に思うかもしれませんが、
筋肉は血液を全身に送り出す働きもしているのです。(心臓と同じ役割)

また、エネルギーを消費する為に必要な筋肉量が低下すると、
代謝も悪くなります。


・女性ホルモンの乱れ

女性ホルモン分泌量の低下は、自律神経の乱れにつながり、
年齢を重ねた女性に、冷え性の方が多い原因と言われています。


・血液循環や血管系などの疾患

貧血や低血圧など、何らかの疾患により、
血液循環が悪く、身体の末端まで血液が届かず冷えを感じるのです。

 

冷え性になる原因には、血行が悪いのが原因にありますが、
血行が悪い!すなわち代謝が悪いと言う事になります。

代謝が悪い状態で、頑張ってダイエットしても痩せるのは難しい、
もし体重が減ったとしても、リバウンドの可能性がかなりあるのです。

 

 

冷え性の改善!(日常生活で出来る事)

・お腹(内臓)を冷やさない

自律神経は、身体で最も大切であるお腹(内臓)を温めようとする為に、
身体の末端(手足)に血液を送るより、
身体の中心部に血液を送る事を優先してしまうのです。

夏は、エアコンで室内が涼しいので薄着に注意し、
冬は、お腹周りや腰を暖かくする為にカイロを使うのも効果的です。


・ストレッチ(有酸素運動)

筋トレなど筋肉量を増やすのも良いのですが、
運動不足や、加齢による筋肉量の低下をなくし、
筋肉を維持していく為に、軽いストレッチや有酸素運動が必要です。


・リラックス(リフレッシュ)出来る時間を作る

ストレス解消の意味もありますが、副交感神経を優位にする事で、
血管を広げて、血流を良くする効果が期待できます。


・お湯につかる

お湯にゆっくりつかりリラックスしながら
手足のマッサージを取り入れる事で、
副交感神経が優位になり、血行も良くなります。

また、足湯も効果が期待できます。


・食生活の見直し

夏は暑いから、ついつい冷たい物を体内に摂取しがちですが、
身体の中心(内臓)まで冷やすのは良くありません。

また、冬は寒いから温かい物を摂取しているから大丈夫!
と思っていませんか?

夏と冬、どちらも代謝(血行)を良くする食べ物を摂取する様に、
心掛ける事が大切なのです。


代謝(血行)を良くする栄養素(食材)などは、
次に↓詳しく説明します。

 

冷え性の改善!(食生活)

冷え性の改善には、日常生活で出来る事を心がける事が大切なのですが、
最も重要なのが、食事(栄養素)です。


ビタミンB1
糖質をエネルギーに変え、代謝を良くする効果があります。
(豚肉、大豆製品、玄米など)

 

ビタミンB2
脂肪燃焼や代謝を良くする効果があります。
(卵、大豆製品、ウナギなど)


ビタミンC
鉄分の吸収が良くなり、毛細血管機能維持などに効果があります。
(レモン、イチゴ、ブロッコリー、ホウレン草など)


ビタミンE
血行を良くし、ホルモンバランスを整える効果があります。
(アーモンド カボチャ モロヘイヤ、ウナギなど)


タンパク質
筋肉を作り、血管を強くし、体温を維持する効果があります。
(大豆製品、肉類、カツオ、卵、乳製品など)


カプサイシン
体温の上昇により、血行が良くなる効果があります。
(トウガラシなど)


ショウガオール
血行促進や身体を温める効果があります。
(ショウガは生より加熱する方がおすすめです)


アリシン
血液の凝固を防ぎ、血流を正常に保つ効果があります。
(ニンニク、タマネギなど)


鉄分
全身に酸素を運ぶ役割があり、代謝が良くなる効果があります。
(レバー、ひじき、イワシなど)

 

今回ご紹介した栄養素だけを気にし過ぎる事なく、
バランスの良い食事が大切です。

バランスの良い食事の基本は、
↓こちらの記事を参考にしてください。

www.matsumama.com

 

 

 

まとめ

冷え性により、血流が悪い状態のままにしておくと、
さまざまな身体的不調が起こる可能性があります。

 

また、ダイエットについても、
人間の体温が1度下がると、かなり基礎代謝が落ちるのです。

その為、同じカロリーを摂取したとしても、
消費カロリーにかなりの差が出るので、
冷え性の人は、痩せにくく太りやすい体質と言う事になります。

 

冷え性の改善は、自分自身で出来る事もあるので、
改善方法を取り入れていきましょう。

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。