専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

集中力を高める方法!年齢のせいだけじゃない!改善すべきポイント

f:id:matsumama:20181106190657j:plain

最近集中力がない!集中力が続かない!

体力と同じ様に、脳も老化がはじまったのかしら?など、
年齢のせいにしていませんか?


最近の私はかなり集中力がなく、
40代そして50代と、どんどん集中力が低下するのだと思っていました。

確かに、脳の機能というのは、
年齢ごとにピークがあり、衰えもあると言われています。

しかし、集中力の低下は年齢(老化)のせいだけではなさそうです。

集中力を高める方法!改善すべきポイント 

 

 

 

集中力が低下するとなぜ困る?

集中力というのは、
物事に集中させる能力の事なのですが、
集中力が高い時と、集中力が低下する時がありますよね。

それは自分の脳も解っているのです。

取り組む物事が、自分がやりたい事なのか?やりたくない事なのか?

思っている以上に、自分の脳は「お利口さん」なのです。

しかし、そこは褒める訳にはいきません。


集中力の低下に困る理由を再確認しておきましょう。

・効率が悪く無駄な時間を過ごしている
・やった事が身についていない
・疲れる
・イライラする事でストレスが溜まる

「今日だけ集中力がない」というのなら良いのですが、
これが毎日の事となると、身体にも良くありませんよね。

 

集中力を高める!生活習慣の改善

集中力を高めたいと思う事というのは、
「やらなくてはいけない事」勉強や仕事などで、
「イヤだな」「面倒くさいな」でもやらないといけない!

脳もそれを解り逃げ出そうとするのです。
(これはある意味、本能です)

それを何とか改善していくのがポイントです。


整理整頓

最低でも物事に取り組む机は、必要のない物を置かない。
視野に入る、音がする物などは置かない方が良いです。
(例えば、スマホやお菓子類などです)

スマホは音が聞こえた時点で、集中力は無くなり、
お菓子は手を伸ばした時点で、集中力は切れます。


予定を立て脳に言い聞かせる

自分の集中力が続くのは、人それぞれです。

まずは30分とか1時間など時間を決めて集中する様にし、
その時間が来るまでは、何があっても他の事をしないと決める。

その時「もう少しやると、区切りが良い」という時は、
そこまで行う方が効率は良いです。

そしてこれを実践する前に、
「よし!がんばろう」など声に出して、
自分と脳に言い聞かせる事もかなり効果があります。


軽い運動を取り入れる

関係がない様に思える体力が実は重要です。

体力の衰えは、疲れやすいと言われており、
疲れると集中力も低下するのです。

先ほどの区切りをつける予定に休憩時間を入れて、
ストレッチや軽い有酸素運動とともに、深呼吸を取り入れると良いですよ。


睡眠時間をしっかりとる

十分な睡眠時間というのは、人それぞれ違うかもしれませんが、
一般的には6時間以上と言われています。

そして、質の良い睡眠を取りストレスを溜めない事が重要です。


脳に対して、
集中する時は集中すると、クセをつける事が大切です。

集中力が継続する時間も人それぞれなので、
自分自身で見極める様にしてください。

 

集中力を高める!食生活の改善

集中力を高める食べ物や飲み物などで、
甘い物や炭水化物などの「糖質」を摂取する様に言われていますが、
糖質すなわち、ブドウ糖が脳に必要な栄養源になるからです。

しかし、そこで調子に乗って「糖質」を過剰摂取すると・・・
間違えなく太ります。

ブドウ糖が不足しても、脳に必要な栄養源を身体が作り出し、
脳に栄養源を送るので、糖質の摂取はほどほどにしましょう。


大切なのは、
脳が栄養不足にならない様に、基礎代謝を上げて血流を良くする事です。


日頃の食生活を見直し、バランスの良い食事が大切です。

特に、良質のタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB群、
DHA、EPAなどを意識して摂ると良いと言われています。

先ほども言いましたが、
偏らないバランスの良い食事です!

 

 


まとめ

今回の内容は私自身の備忘録なのですが、
集中力が最近ないと感じている方には、参考になると思います。

私は今、あまり好きでない分野が多い専業主婦が本業で、
副食として、PCを利用していますが、
会社員として職場で仕事を行うより、集中力の低下を感じます。

今回まとめた内容を再確認した事で、少しは改善出来ましたよ。

特に「何時までは集中して行い、ここまでやる」など、
声に出して言う事が大切だと実感しました。

もし同じ様な経験をしている様なら、
今回ご紹介した、改善方法を一つ一つ取り入れてみてくださいね!

 

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。