専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

便秘を解消する食べ物と食べ方の注意点!太る原因を改善しよう

f:id:matsumama:20190121195830j:plain

食べたら出す、出したいけど出ない、
出ないけど食べる。

便秘が何日も続き、やっと出ても少し、そして痛い!

そこで今回は、便秘を解消する為に、
食べ物と食べ方について追及していきたいと思います。

体重が気になりはじめている人や、
ダイエットをしても効果が出ない様な人は、
まずは便秘を解消し、便秘にならない様にする事が大切です。

便秘を解消する食べ物と食べ方!

 

便秘を解消する食べ物

便秘を解消する為の食べ物で重要なポイントは、
腸を活性化する働きがある事です。

腸を活性化する為には善玉菌の働きが必要です。

腸内に善玉菌を取り入れる食べ物

ビフィズス菌
(ヨーグルト、乳酸飲料など)

善玉菌が好む腸内環境を整える食べ物

乳酸菌
(ヨーグルト、味噌、納豆、キムチ、チーズなどの発酵食品)

善玉菌のエサとなる食べ物

オリゴ糖
(大豆製品、はちみつ、バナナ、タマネギなど)


腸内環境を整える為には、
腸内の掃除(排便)をしないといけません。

スムーズに排便をする手助けをする食べ物

オリーブオイル(油)
腸内を刺激してスムーズな排便を促す働きや、
善玉菌を維持する効果があるといわれています。


そして何と言っても食物繊維の存在です。

 

便秘を解消する食物繊維の力

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、
簡単な説明と多く含まれている食べ物をご紹介します。

水溶性食物繊維とは?
水に溶けやすくゲル状成分に変化します。
粘り性があるので、腸内で老廃物などを吸着させて排出します。

水溶性食物繊維が多く含まれている食べ物
野菜:山芋、オクラなど
果物:プルーン、レモン、キンカンなど
海藻類:昆布、あおさなど
豆類:納豆、キナコなど
きのこ類:干ししいたけ、ナメコなど
穀物類:大麦、ライ麦パンなど

 

不溶性食物繊維とは?

水に溶けにくく水分を吸収して膨らみます。
老廃物(便)の量を増やす事で腸壁を刺激し排便を促します。

不溶性食物繊維が多く含まれている食べ物
野菜:切り干し大根、ごぼう、れんこんなど
果物: アボカド、干し柿など
海藻類:ヒジキ、海苔など
豆類:あずき、えんどう豆など
きのこ類:きくらげ、マイタケなど
穀物類:玄米、ライ麦パンなど

(ご紹介した水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の食べ物は、ほんの一部です)

食物繊維はどちらも腸内で善玉菌のエサとなり、
腸内環境を整える働きもあります。

 

便秘を解消する為の食べ方の注意点

便秘を解消する為には日頃からバランスの良い食事を心がけ、
食物繊維をしっかり摂り入れる事です。

食物繊維は、不足しがちな栄養素と言われています。

しかしそこで最も注意が必要なのが、
食物繊維の過剰摂取です。

食物繊維は多く摂り過ぎると、逆に便秘になるので気を付けましょう。

また、食物繊維を意識して食べているのに便秘が解消されない、
何日もお通じがない、
という時は、消化の良い炭水化物を取り入れた方が良いそうです。
(お粥、雑炊、うどんなど)


食物繊維を味方につけるには、しっかり水分も摂取する事です。

食物繊維が効率良く力を発揮するには、水分が必要です。

水分が不足してしまうと、
スムーズに排泄を促す事が出来ない事や、便がかたくなる事があります。

おすすめな食べ方としては、発酵食品である味噌を使い、
食物繊維が豊富に含まれている食材を使った具が沢山入った味噌汁です。


食事はよく噛んで食べる。

早食いは太る原因にも繋がりますよね。

よく噛む事により、
栄養を吸収しやすくなり、消化されやすいので、
スムーズな排便に繋がります。


朝起きたらコップ1杯の水を飲む

一般的に便秘解消に繋がるといわれています。

私はあまり効果がなかったので個人差があると思いますが、
寝起きの水により腸内のぜんどう運動が活発になるそうですので、
一度試してみるのも良いと思います。

 

なぜ便秘を解消した方が良いのか?

便秘というのは腸の機能低下が一番の原因なのですが、
腸の機能低下により、
代謝が悪くなり免疫機能も低下するのです。

生活習慣病やがん(大腸がん)などのリスクも高くなります。

便秘症の人は、3日ぐらい排便がないと便秘と思う人が多いそうですが、
毎日排便があるのが普通なのです。

便秘は、
・痩せない
・肌があれる
・病気になるリスクが高まる

など、良くない事ばかりです。

たかが便秘!
などと思わない様にしましょう。

 


まとめ

食生活(食べ物)というのは、
健康を維持していく為に必要です。

偏った食生活
食事を制限するダイエット

などは特に便秘になる可能性が高くなります。

そして、ストレスや運動不足も便秘に繋がります。

食べたら出す!

普段から自分の健康維持の為に、
便秘には気を付けましょう。

今回ご紹介した内容は、便秘解消はもちろん予防にも効果があります。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。