専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

もち麦のダイエット効果は凄い!テレビで紹介されると売り場から消える

f:id:matsumama:20180723162155j:plain

最近健康番組が増え、
特に、健康を維持する為のダイエット番組が増えています。

 

年齢を重ねると、色々気になる点が出てくるし、
家族の健康の為に、主婦は特に真剣に観ますよね。

 

すると、スーパーの売り場から、
「紹介された商品がない」と言う現象がおこります。

 

先日ももち麦が紹介されていたのですが、
普段もち麦を愛用している私にとっては、かなり迷惑な話です。

 

そこで今回は、
内緒にしておきたいもち麦の効果と、
売り場から消えて困るので、対策法を考えました。

 

 

 

 

もち麦の特徴

もち麦は大麦の一種
プチプチ(もちもち)とした食感があり、よく噛んで食べる為、
白米に混ぜて炊くことによって、
普段食べているご飯の量より少なくても、満腹感を得られます。


雑穀米が苦手な人でも食べやすい
ご飯に何かが混ざる事が苦手な人でも、
大きさも白米と同じだし、色も気にならないので、
違和感なく食べられると思います。
(これは私が、十六穀米などが苦手なので記載してみました)


食物繊維が豊富に含まれている
もち麦の食物繊維は、
不溶性食物繊維、水溶性食物繊維がバランスよく含まれています。

 

 

もち麦の効果

もち麦はなぜ話題になり、テレビで紹介されると売り場から消えるのか?
それは、健康な身体を維持しながらダイエット効果もあるからです。

 

なんと言っても、
水溶性食物繊維に含まれている成分の、β―グルカンの効果は凄いです。

 

β―グルカンは、
体内で溶けて粘り気が出る事によって効果を発揮します。

・コレステロールの吸収を抑える
・血糖値の上昇を抑える
・善玉菌のエサになり、善玉菌を増やす
・悪玉コレステロールを減らす


β―グルカンが効果を発揮する事によって、
・動脈硬化
・高血圧
・糖尿病
・肥満予防(ダイエット効果
など、生活習慣病対策に効果的です。

 

しかし、β―グルカンだけではありません。

 

ビタミンB群
三大栄養素の代謝やエネルギーを作り出す働きがあります。

 

ミネラル
むくみ予防になるカリウム、貧血予防の鉄分、
骨を丈夫にするマグネシウムやカルシウムなど

 

 

ダイエットに良いもち麦の食べ方

先日話題になっていたのが、
もち麦には、内臓脂肪を減らす効果があると言うものでした。

 

食物繊維が2種類バランスよく含まれ、
特に水溶性食物繊維が体内で溶け粘り気が出るのがポイントです。

 

この粘り気により、体内で糖を脂肪としてため込む前に、
ブロックし、包み込んで排泄する働きがあるのです。

 

この働きを良くする為には、
もち米と一緒に水分を摂取する事です。

 

白米に混ぜてそのまま食べる場合は水分と一緒に、
また、雑炊やリゾットにすると一段と効果があるそうです。

 

 

もち麦が売り場から消える前の対策

これが今回一番伝えたい事なのですが、
私は何年も前から、もち麦を愛用しているのですが…

 

私が知っている限り、
健康やダイエットの番組で紹介されると、
購入できない事態にみまわれます!

 

なぜか購入したい時と重なるのです。

 

私が考えた対策は、
必ずストックしておき、購入が遅れても大丈夫な様にしておく
この習慣を付けておけば安心です。

 

しかしこの習慣が出来ていない場合

 

もち麦紹介番組をキャッチしたら…
・夜の場合、私は出ないので、家族に帰りに購入してもらう
・すぐに通販で購入ボタンを押す


出来れば、スーパーのもち麦仕入れ担当者様
もち麦紹介番組を早めにキャッチし、
量を増やして仕入れをしてください!!

 

 

 

 

まとめ

スーパーの売り場から消えてしまうもち麦は、
小分けパックになった物で、
大変便利な物です。

 

もち麦にも種類があるので、
自分で使いやすい物を普段から愛用すると良いですよ。

 

健康やダイエット(内臓脂肪)が気になる方は、
一度利用してみても良いのではないでしょうか
(ここですすめちゃったら、また売り場から消えちゃうかな??)

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。