専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

災害の備え防災グッズとして本当に必要な物とは?役に立たないと意味がない

f:id:matsumama:20180824164202j:plain

防災グッズと言うのは、
何か災害があると話題になりが…

 

防災グッズを「とりあえず用意する」
これではまったく意味がありません。

 

いざと言う時に、役に立ってこその防災グッズなのです。

 

そこで今回は、
役に立つ防災グッズについて、まとめてみました。

 

 

 

災害と防災グッズについて

災害と言っても色々な種類がありますが、
今回は、防災グッズに関してまとめたので、自然災害に入ります。

 

自然災害でも、
・予知できるもの
・予知できていたけど、災害にあってしまうもの
・予知できないもの

 

災害を予知できるものに対しては、
前もって必要な物を準備しておけますよね。

 

そして予知できていたけど、災害にあってしまった場合も、
予知できている時点で準備はしておけます。

 

問題なのが、予知できない災害です。

 

その時の為に必要なのが、防災グッズです。

(もちろん、予知できる災害についても、
防災グッズは必要な物となります。)

 

 

防災グッズの必要性

防災グッズなんて用意しなくても、
すぐに救助や救援物資が届くから必要ない!

 

と思っている方もいると思います。

 

しかしそれは、狭い範囲の災害の場合です。

 

大規模な災害の場合は、難しくなります。

 

「何とかなるさ」の考え方は止めましょう!

 

最低限として3日から7日程度は、
生きていく為に必要な物は自分で用意しておきましょう!

 

 

防災グッズの考え方

防災グッズと言うと、必要な物が袋に入っているイメージですが、
それだけではありません。

 

防災グッズは、役に立つ物が役に立つ状態じゃないと意味がないのです。

 

防災グッズとして役に立たせる為には、
どこに備えておくかです。

 

・緊急時(一時避難の為)の防災グッズ
今は1人用から袋に必要な一式が入った物が買えます。

すぐに持ち出せる物として考えて頂き、
保管場所は出入り口の側にないと意味がありません。


・備蓄用の防災グッズ
食料品(飲料)などの他に、生活必需品になります。
家族分が必要となります。

保管場所としては、
押し入れやクローゼットになると思いますが、
取り出しにくい奥にしまい込まない事が大切です。


・持ち歩く防災グッズ
いつどこで災害にあうか解らないと言う事です。

防災グッズとして、
持ち歩く方がよい物をご紹介します。


・連絡が取れる物(携帯・スマホなど)
・笛(ブザーなど音が出る物)
・ライト
・マスク
・家族の写真(ペットがいる方はペットの写真は必須)
などがありますが、自分に必要な物はプラスしてください。

 

 

防災グッズあると便利な物

防災グッズとして、一時避難用と備蓄用などは、
サイトで買う方が多い様です。

 

参考サイトでご確認ください。
↓楽天

防災グッズ

 

↓アマゾン

防災グッズ

 

参考サイトを私も確認しましたが、
災害が多くなってきたせいか、あると便利なグッズは、
昔より増えた様な気がします。

 

その他、個人的にあると便利な物として備えておきたいのが、
・ウエットティッシュ(除菌タイプ)
・カイロ
・レジャーシート
・雨具
・スリッパ(コンパクトタイプ)

 

防災グッズ管理のポイント

防災グッズとして備えた物の中には、
賞味期限や消費期限が記載されている物があります。

 

・保管場所に入れる前に、
期限リストを作成しておく

 

・1年に1回~2回は確認し、
そのタイミングで、期限のある物は早めに入れ替える

 

などご家庭のやり方で良いと思うので、
管理のやり方を決めておく事が大切です。

 


赤ちゃん用品やペット用品は、
普段使う物が必要な物となるので、
普段からストックを買っておく事が大切となります。

 

使っている物がなくなりそうになったら購入し、
ストックと入れ替える様にしましょう。

 

特にペットのご飯やトイレ用品は、
大規模な災害の場合、悲しい現実ですが、
後回しになるのは仕方ない事です。

 

飼い主として、
しっかり管理しておきましょう。

災害の時、ペットも一緒に…
と思うのは当然ですが、大規模な災害の時の事を考えて、
猫の事になりますが、首輪の必要性の記事があります。
↓こちら(犬の場合も同じだと思います)
www.matsumama.com

 

 


まとめ

災害対策として必要な事は、
いざと言う災害の時に、役に立つ様に、
管理し、持ち歩く事です。

 

購入した事で満足しない様にしましょう。

 

また、備蓄品なのですが、
賞味期限がある物は、本当に災害にあった時だけではなく、
入れ替えの時にも食べる事になるので…

自分の好みに合わせて購入する方がよいと思いますよ!

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。