専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

エックスサーバー!キャンペーンドメイン取得と設定方法と確認事項(画像付き)

f:id:matsumama:20190921122102j:plain

エックスサーバーが定期的に行っているキャンペーンドメイン!
「ドメイン代がずっと無料」
この期間にエックスサーバーに申し込みました。

ブログを運営するには、ドメイン(独自ドメイン)は必要!
それがずっと無料なので、この期間を見逃してはいけません。

ではさっそく
今回は、無料でドメインを取得して設定する方法と、
この段階で気になる
・SSLの設定
・Whois情報公開問題
なども記録しておきます。

毎回言いますが、
PCが超苦手なので自分用の記録という事で、
用心深く画像が多いので、初心者の人には参考になると思います。

キャンペーンドメイン(無料)取得と設定方法

 

 

キャンペーンドメインを取得

余計な言葉はカットして、取得までの流れを一気に記録しますが、
前回の記事の続き↓

www.matsumama.com

という事で、インフォパネルにログインしている状態です。

f:id:matsumama:20190921122402j:plain

↑画像の矢印「キャンペーンドメイン」をクリック

画面が変わり・・・

f:id:matsumama:20190921122529j:plain
キャンペーンドメインについての、
利用規約と個人情報に関する公表事項を確認して、
「同意する」をクリック

↓キャンペーンドメイン申請フォームです。

f:id:matsumama:20190921122615j:plain

① 自分が取得したいドメインの文字を入力
② ▼マークをクリックして選ぶ(.comや.netなど)

自分が希望したドメインが取得できるのか?
「ドメイン検索」をクリック

「ドメインは早い者勝ち」とよく聞きますが、
すでに取得済みのドメインの場合は、
「ご希望のドメインは取得申込みができません」
などの注意書きが表示されますので、違うドメインを入力しましょう。

取得可能なドメインの場合は、
↓「キャンペーンドメイン申請」の確認画面になります。

f:id:matsumama:20190921122805j:plain
注意書きにもありますが、
申請ボタンを押してしまうと、キャンセルや変更が出来ないので、
もう一度しっかり確認してから、
「キャンペーンドメイン申請」をクリック

 

f:id:matsumama:20190921122917j:plain
↑この画面が出たら、キャンペーンドメイン取得完了です。

 

 

キャンペーンドメインの設定

先ほど取得したキャンペーンドメイン!
自分だけの独自ドメインをエックスサーバーに設定していきます。

エックスサーバーで取得したドメインを、
エックスサーバーに設定するので、外部で取得したドメイン設定より、
かなり簡単!
らしいのですが、PCが苦手だとドキドキです。

では、画像付きでしっかり記録しておきます。

ドメインの設定は「サーバーパネル」にログインする必要があります。

サーバーパネルのログイン画面に行く方法は色々あるのですが、
一番解りやすいと思われる方法は、
エックスサーバーの申込をして最初に届いた重要メール、
「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」に記載されていた、
↓サーバーアカウント情報!

f:id:matsumama:20190921123109j:plain

矢印のある「サーバーパネル」をクリック
画面が変わったら、
・サーバーID
・サーバーパスワード
を入力してログイン!

f:id:matsumama:20190921123229j:plain

サーバーパネルにログインしたら、
「ドメイン設定」をクリック

 

f:id:matsumama:20190921123314j:plain
「ドメイン設定追加」をクリック

 

f:id:matsumama:20190921123417j:plain
先ほど取得したドメインを、ドメイン名に入力し、
「確認画面へ進む」をクリック

 

f:id:matsumama:20190921123534j:plain
確認して「追加する」をクリック

 

f:id:matsumama:20190921123653j:plain
すると、ドメイン設定の追加を完了しました!
これで終了です。

注意書きにありますが、設定が反映されるまでには時間がかかります。

 

エックスサーバーでSSL設定

SSL設定をする事で、
自分のサイトのURLの最初がhttps://になり、
保護された安全なサイトである証となるのです。

http://ではなく最後に「s」が、
付いているか?付いていないか?が運命の分かれ道!

しかし、気が付かれた人もいると思いますが、
エックスサーバーにドメイン設定をしている時すでに、
「無料独自SSLを利用する(推奨)」の欄にチェックが入っているのです。
(気になる人は、上↑の方の画像を確認してください)

しかしPCが苦手だと「大丈夫なのか?」確認したくなりますよね?
何事も疑ってみる事が大切な世界だと私は思います。

確認はこのままサーバーパネルです。

f:id:matsumama:20190921123933j:plain

ドメイン欄の「SSL設定」をクリック

 

f:id:matsumama:20190921124029j:plain

すでに独自ドメイン欄に「独自SSL、1個」となっているのに先に進みます。
取得したドメイン欄の「選択する」をクリックし、
「独自SSL設定追加」をクリックした画像になります。↓

f:id:matsumama:20190921124237j:plain
「すでに独自SSLが設定されています」となっています。
(どこまで疑い深い性格なのでしょう)

ドメインを設定する時にSSL設定に失敗すると、
ドメイン設定の最後の画面の、
「無料独自SSL設定」の欄に失敗しましたと注意書きが出ます。

設定に失敗した時や、
今後サイトを増やす為に新たにドメインを取得した場合に、
独自SSL設定の追加が必要となった時の設定場所となるのかな?
一応この場所でSSL設定が簡単に出来る事を覚えておきましょう。

 

エックスサーバーWhois情報公開問題

Whois情報の公開代行が設定されていないと、
自分の個人情報が漏れてしまう!らしいのです。

PCが苦手だと「なに?なんで?」という感じですが、
私は、はてなブログを開設するにあたり独自ドメインの取得を、
お名前comで取得しているので、
その時色々情報を確認したら、
「Whois情報公開代行」のクリックをしないと大変だ!
と記憶しておりましたが、
今回クリックするタイミングがどうしても見つかりませんでした。

結局
エックスサーバーのキャンペーンドメインを取得して、
設定すると、勝手にWhois情報が代行されていました。

私がお名前comでドメインを取得する時は、
取得する段階でクリック(申請)を忘れて、後から設定すると、
有料になってしまうのですが、
エックスサーバーは、Whois情報公開代行が無料なのです。

しかし、またまた不安で仕方がない私は、確認しますよ!


Whois情報公開が代行されているか確認するには、
インフォパネルにログインしてください。

ログイン後↓

f:id:matsumama:20190921124623j:plain

ご契約一覧のドメイン欄
「ドメインパネル」をクリック

すると、

Whois情報の欄があるので確認すると、
自分の個人情報ではなく、
エックスサーバーの情報が公開されている事が分かります。

これで一安心!

補足!
Whois情報の欄の下に、「レジストラロック」という項目があり、
すでに「ON」となっていますが、
これは、
不正にレジストラを変更されない様にエックスサーバー側が、
阻止(ロック)してくれているという事です。

えっ?レジストラって何?となりますよね?
私流の言葉で表現すると、
自分が取得したドメインに、不正アクセスしてきた悪い人に、
悪さをされない様にしてくれている!
といった感じですかね。

 

まとめ

エックスサーバーのキャンペーンドメインを取得し、
設定した流れを記録しましたが、
私が、はてなブログを開設する時に得た注意点である、
「SSL設定とWhois情報公開問題」
エックスサーバーではすべて無料なので、
流れにそって登録すれば、設定されていました。
(凄いぞエックスサーバー)

しかし注意してくださいね!

これは、エックスサーバーのキャンペーンドメインを、
取得し設定した場合です。


さて次回はいよいよワードプレスのインストール内容です。

しかし!
超PCが苦手な私は、
ちょっとずつ記録しておかないと忘れるし、
この記録は、PCが苦手でもワードプレスに挑戦!又は、
ブログ初心者でもワードプレスに挑戦する人の為の情報でもあり、
自分の為の記録であります。

ワードプレスのインストールなど、手を出す事は私にとって、
かなり心臓に悪いので、焦らず進めて行きたいと思います。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。