専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

夢を見る理由が知りたい!嫌な夢は見たくない!見ない方法はあるのか?

f:id:matsumama:20181228211319j:plain

目覚めた時に夢を覚えている時がありますが、
良い夢の場合は、
気持ちの良い目覚めにより気分良く1日がスタート出来ます。

しかし、嫌な夢(悪夢)の場合は、
目覚めた時からテンションが下がり、憂うつな気分で1日がスタートします。

夢を見る日と夢を見ない日がありますが、
「なぜ?夢をみるのだろう?」と考えた事は、ありませんか?


そこで今回は、
夢を見る理由と、最悪な気分になる嫌な夢を見ない方法をまとめました。

夢を見る理由!嫌な夢を見ない方法はあるのか? 

 

 

 

夢を見る理由!

睡眠中に脳内では情報の整理が行われているのです。

自分は寝ているので気が付かないのですが、
記憶の引き出しに、新しい記憶と古い記憶を整理して保存する作業です。

その過程で、断片的な記憶のイメージが、
映像として反映されたものが夢という事になります。

 

夢を見る日と夢を見ない日の違い

実は夢を見ない日はないそうなのです。

脳の機能が正常なら、記憶の整理は毎日行われており、
一般的に夢として見るのは、3つ~5つと言われています。

夢を覚えているか、いないかの違いになる訳ですが、
それは、夢を見ている時の睡眠の種類と、
目覚める前の睡眠の種類の違いになります。

レム睡眠(脳は活動している状態)
この時見た夢は、比較的はっきりしており、
ストーリーまで覚えている事が多い。

ノンレム睡眠(脳は比較的休んでいる状態)
この時見た夢は、内容がぼんやりしており、
ほとんど覚えていない事が多い。

ただ、睡眠時間の間にレム睡眠とノンレム睡眠は交互におとずれます。

レム睡眠中にはっきりした夢を見たとしても、
その後、ノンレム睡眠になると忘れている事が多く、
覚えていたとしても、ぼんやりと記憶に残っているという感じになります。

はっきり記憶に残っている夢というのは、
レム睡眠中に夢を見た直後に目覚めた時です。

しかし、もう1つ比較的記憶に残り覚えている夢というのが、
嫌な夢(悪夢)なのです。

 

嫌な夢を見ない方法

夢を毎日見ている事が解りましたが、
昼間活動している脳が刺激を多く受けると、夢を多く見るそうです。

その刺激の中に嫌な事や心配な事なども記憶され、
睡眠中の脳の整理の中で、これらの刺激や、
昔の記憶がよみがえり、嫌な夢として反映される事があるのです。

しかし、嫌な事や心配な事も整理して、
記憶として残しておかないといけない!という事は覚えておきましょう。

ただ、翌日まで引きずる嫌な夢は見たくありませんよね。

嫌な夢を見ない様にするには、
就寝前の気持ちがなり影響すると言われているのです。

寝る前に、1日の反省をする人が多いと思いますが、
寝る直前(布団に入ってから)などはやめましょう。
(1日を振り返る事は大切なので、もう少し早い時間にする)

また、翌日に心配な事や不安な事があるとしても、
寝る前は、プラス思考で物事を考える様にしましょう。

そして何も考えずに疲れきって寝てしまう場合でも、
充実した疲れなら問題ありませんが、
ストレスによる疲労は、嫌な夢を見る原因になります。

ストレスが溜まった状態だと、睡眠の質が悪く、
眠りが浅くなり、嫌な夢を見やすいので非常に疲れます。

ストレスは溜めない様に心がけましょう。

 

 

嫌な夢を見た時の注意点

先ほど、嫌な夢を見ない方法をご紹介しましたが、
ネガティブ思考やストレスが原因ではない場合があり要注意なのです。

嫌な情報を処理しきれなかった理由が、隠されている可能性があります。

子供の頃にトラウマがあるとか、
精神的に不安定な状態が続いているなどの場合は、
たびたび同じ嫌な夢を見ると、夢と現実の区別がつかなくなる事があり、
不眠症になる事や、うつ病を発症する可能性があります。


嫌な夢をたびたび見てしまう場合、
心と体が弱っている事を気付かせるサインかもしれません。

ゆっくり休息をとる様にしましょう。

 

 

まとめ

嫌な夢を見て目覚めるのは避けたいですよね。

寝る直前に
・何を観て
・何を聞いて
・何を考えたか
これらにより、覚えていなくても見る夢がかなり変わります。

ネガティブ思考が、嫌な夢を引き寄せる可能性があるので、
気と付けましょう!

また、プラス思考で考えていても・・・
「でも、こうなったらどうしよう」など、
「でも」には注意しましょうね。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。