専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

味覚障害の症状に気が付けるか?味わう楽しさを失わない為に原因追究

f:id:matsumama:20180830170057j:plain

味覚障害?
自分には関係ないと思ったら大間違いです。

 

確かに、
年齢を重ねる事で、五感機能の衰えにより、
味覚障害も入ります。

 

しかし、味覚障害と言うのは、
加齢によるものだけが原因ではなく、
身近な事が原因で、味覚障害と言うのは発症するのです。


そこで今回は、
味覚障害の症状と原因、予防改善策をまとめました。

 

 

 

味覚とは?

食べ物を食べた時の味を認識する感覚の事です。

 

認識する場所は、
舌の表面のブツブツにある味蕾(みらい)と言われている細胞です。

 

味蕾(みらい)が味を認識して、脳の中枢に伝えるのです。

 

味覚として感じる味は、基本的に5種類あります。
(甘味・酸味・塩味・苦味・旨味)

 

ちなみに、辛味は味覚ではなく、痛覚になります。

 

 

味覚障害の症状とは?

味覚障害とは、
味覚機能に障害が出る事です。(文字通りですね)

 

味覚障害の主な症状
・味が薄く感じる
・味付けが濃くなる
・食欲がなくなる
・食べ物の好みが変わる
・イヤな味を感じる
・口の中が渇く

味覚障害の主な症状をご紹介しましたが、
味覚障害の怖いところは、
これらの症状がゆっくり進行すると言う事です。

 

味覚障害があると気が付いた時には、
病気になり味覚障害がある事が判明するとか、
味覚を失って気が付く事が多いのです。

 

 

味覚障害になる原因

味覚障害になる原因には、はじめにお伝えした様に、
加齢によるものもありますが、
「この様な原因もあるのです!」
と言う主な原因をご紹介します。

・過激な食事制限のダイエット
・ストレス
・お薬の副作用
・口腔、咽頭疾患

 

また、味覚も含まれている五感機能の障害があります。
五感とは、
視覚・聴覚・触覚・嗅覚そして味覚です。

 

人は物を食べた時に、その認識した味(味覚)を脳に伝えるのですが、
それと同時に、
・見た情報(視覚)
・噛んだ音(聴覚)
・軟らかさ、硬さ(触覚)
・香り(嗅覚)
このすげての情報が脳に伝えられ、美味しさを判断します。

 

どこかで機能障害があると、
バランスが崩れて、味覚障害の原因になる場合もあります。

 

 

味覚障害の予防改善策

味覚障害になる原因の中の、
過剰な食事制限ダイエットとストレスに対しては、
予防が出来るのではないでしょうか!

 

・食事制限ダイエットにより栄養が不足しているのです。

味を認識する味蕾(みらい)と言う細胞は、
入れ替わりを続ける細胞になるので、
味蕾(みらい)を新しく作り出す為に必要な必須アミノ酸である亜鉛
そして、一緒にミネラル・タンパク質・脂質もバランスよく摂取しましょう。
と言うより、普段からバランスの良い食生活を送りましょう!


・ストレスによる精神疾患も敏感に反応します。

誰もが色々な悩み事はあると思うし、
それが普通だと私は思います。

ただ、それをストレスとして抱え込まない様にすることが大切です。
例えば、
・趣味の時間をつくる
・お風呂にゆっくりつかる
・旅行に行く
・カラオケで大声を出す
などの他にも、深呼吸する・ストレッチするなど、
ちょっとした事で、心をリセットする事を心がけましょう!

 


ここが最も重要なポイント!

なかなか自分では気が付かない味覚症状の初期段階!
早期発見するポイントをご紹介します。

 

家族で食事をする時は、
味付けを話題に取り入れましょう。

 

これは、自分の好みと違う味付けだからと言って、
「文句を言う」と言う事ではありませんよ!

 

料理の味が、濃いのか薄いのか、ちょうどよいのかなど、
自分と他の方の味の感覚を確認する事が大切なのです。

 

だいたい作ってもらった料理を、
無言で食べるのって…(ムカつく)←笑うところです!

 

もし一人暮らしなら、
外食先で一緒に言った方などと話題にする事も出来ると思います。

 

 


まとめ

味覚障害は、なかなか自分では気が付かない事が多く、
気が付いた時には、かなり進行しているそうです。

 

私は主婦で、料理を作る担当ですが、
かなりいい加減な性格なので、同じ料理でもその日によって、
ちょうどよい味の時もあれば、濃い時や薄い時もあります。

 

比較的濃い味になってしまいがちだったので、
そこは気を付ける様にしています。

 

普段から濃い味ばかり食べて、
それが普通になってしまうのもよくないので、気を付けましょうね。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。