専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

痩せる方法は簡単に取り入れられる物から改善!その前に勘違いを止める

f:id:matsumama:20180817173144j:plain

誰もが痩せたいと思う気持ちがあるのではないでしょうか?

 

すると誰もがダイエットをはじめます。

 

ダイエットとして何を取り入れるかが、ポイントになります。

 

そこで今回は、
痩せる方法として勘違いを止めてから、
改善していく順番のポイントをご紹介します。

 

 

痩せる方法は勘違いを止めてから!

痩せる方法として、ダイエットの情報がたくさんあるので、
知っている方も多いかもしれませんが、
はじめる前に、勘違いしがちな事を再確認する事が大切です。

 

痩せたいと思うのは、
・体重が増えた
・お腹が出て来た
など、人それぞれ違いますが、
見て解り実感した時だと思います。

 

そこで取り入れてしまうのが、
過剰なカロリー制限と、運動です。

 

過剰なカロリー制限で特にやりがちなのが、
こんにゃくだけとか、豆腐だけなど、
低カロリーを気にした偏った食生活を取り入れて運動する事です。

 

これは最も危険なダイエット法です。

 

確かに、最初は体重が減るかもしれませが、
減っているのは、体内の水分と筋肉です。

 

痩せる為に減らしたいのは、
「脂肪」と言う事を忘れてはいけません。

 

この様なダイエットを繰り返しおこなっていると、
代謝が悪くなり、痩せにくい体質になるので要注意です。

 

特に、年齢を重ねて痩せにくい体質なのに、
同じ様なダイエット法を取り入れてしまうと、老け込むだけです。

 

 

痩せる為に改善するのは食生活から!

カロリーを気にする事も、もちろん大切ですが、
過剰にカロリーを制限する考えは逆効果です。

 

痩せる為に必要な事は、
栄養不足とカロリー不足にならない様に気を付ける事です。

 

まずは代謝を上げる事を考えましょう。

 

代謝を上げる為に必要な事は、
バランスの良い食事です。

 

バランスの良い食事の基本は、
↓こちらの記事です。

www.matsumama.com

 


そして、代謝を上げる為に必要な栄養素は、
タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・(炭水化物)などです。


食生活を改善すると言っても、
ストレスにならない様にすることが大切です。

 

気にしながら少しずつ改善!
この、「気にしながら」がポイントです。


肉は太るからダイエット中は魚を食べた方がよい!
と勘違いする方もいる様です。

 

栄養素から考えると、
肉は痩せる為に必要な栄養素となります。

 

焼肉などを食べに行った時の注意点の記事もあります。
↓参考にしてください。

www.matsumama.com

 


日頃から食生活で気を付けるポイントは、
・早食いをしない
・よく噛む習慣をつける
・腹八分目
この3つを頭に叩き込んでおきましょう。

 

 

痩せる為に運動は必要?

バランスの良い食事を心がけて、食生活を改善し、
3つのポイントを守るだけで、基本的に体重は減るはずです。

体重と言う数字で確認できると、嬉しいですよね。

 

この食生活を続けるだけでも良いのですが、
ここに運動も取り入れると、健康的な体系が手に入ると思います。

 

しかし、激しい運動
例えば
・筋トレ
・ジョギング
など、普段運動をしていない人が取り入れても続きません。

 

逆にストレスになり、食生活が乱れる危険があります。

 

普段運動をしていない人なら、
ちょっとした事を取り入れるだけで最初は十分です。

 

ストレッチで筋肉と伸ばすとか、階段をいつも以上に利用するとか。
そんな事でも効果があります。

 

そして簡単なのが、ラジオ体操です。

ラジオ体操を真剣にやった事がない人は、多いのではないでしょうか?

ラジオ体操は真剣に行うと、かなりの運動量になりますので、
ぜひ、取り入れてみてください。

 

そして、筋肉が付いてくるとパワーも出ますので、
ウォーキングや自宅で出来る筋トレに挑戦するのも良いと思いますよ。

 

普段運動をしていない人は、とにかくいきなり無理はしない事です。

 

 

 

まとめ

本格的にダイエットを行っている方からしたら、
かなり甘い考えかもしれませんが…
誰もが意志が固い訳ではありません。

 

ダイエットのやり方を間違えると、
年齢を重ねた時にかなり老け込んだ顔や身体になってしまうので、
ダイエットの勘違いだけは、気を付けましょう。

 

また、痩せる方法として、
ダイエットのやり方がたくさんある中
自分にあったものを見つける事も重要です。

 

今回の情報が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。