専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

枝豆の栄養効果は凄い!ダイエット中の方にもおすすめ出来る点をご紹介

f:id:matsumama:20180701160959j:plain

「夏」「ビール」と言うイメージがある枝豆!

しかし、小さなお子様からご年配の方まで、
枝豆を好きな方が多いのではないでしょうか?

実は、私も枝豆がとにかく好きで、
気になる事を調べてまとめてみました。

 

今回は枝豆の栄養効果、
ダイエット中の方におすすめ出来る点と、
食べ方のポイントをご紹介いたします。

 

そして気になる
冷凍食品として売られている枝豆の存在も、
ご紹介したいと思います。

 

 

 

枝豆の栄養効果と効能!

枝豆は大豆になる前に収穫されたものである事をご存知ですよね?

大豆になる前と言う事で、
緑黄色野菜として野菜に分類されながらも、豆としての栄養素も持ち、
「さすが枝豆」と言った感じです。

そんな枝豆の代表的な、栄養効果と効能をご紹介します。

・疲労回復の効果
枝豆と言ったら、夏が旬です。
疲労回復やスタミナ不足による夏バテを解消する為の、
ビタミンB1が豊富に含まれています。

ビタミンB1は、
消化液の分泌を促して、糖質をエネルギーへと変える助けをします。


・高血圧予防とむくみ予防の効果
身体の中の塩分を分解して、外に排出する働きをする
カリウムが豊富に含まれています。

カリウムは、
利尿作用もあるので、体内の水分量を調節し排出します。


・二日酔いを抑える効果
枝豆には大豆と同じ様に、タンパク質が豊富に含まれている為、
タンパク質の中の成分であるメチオニンが肝臓をサポートします。

メチオニンは、
アルコールの分解を促す働きがあります。


・貧血予防効果
女性には嬉しい、鉄分と葉酸が豊富に含まれています。

鉄分は、
体内に酸素を運ぶ役割を持つヘモグロビンを動かす働きがあります。
葉酸は、
他の栄養素と協力しながら、血液を作る働きと代謝や発育を促す働きがあります。


・腸内環境を整える効果
便秘解消につながる、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、
腸内の働きを活発にさせて、排便を促す働きがあります。

 

枝豆はダイエット中におすすめ?

先にお伝えしますが、
ダイエット中の方には、ある面ではおすすめです。

ダイエットと言うと、
食事制限をする方が多いと思います。

しかし、それでは必要な栄養素を摂れませんよね。

若々しくダイエットをするのなら、
必要な栄養素を意識してダイエットを行わないと…
逆効果になり、老けます。

 

ダイエット中の方におすすめ出来る理由

・タンパク質が豊富
ダイエットにはタンパク質は欠かせない存在です。

・代謝が良くなる効果がある
糖質をエネルギーに変えるビタミンB1の存在は重要です。

・鉄分を摂取する事が出来る
鉄分が不足すると貧血気味になる事はご存知だと思いますが、
貧血気味になってしまうと、基礎代謝が下がるわけですよね。

基礎代謝が低下する事は、痩せにくい体質になると言う事です。


女性の場合には他にもおすすめの理由があります。
それは、大豆としてのイソフラボンも豊富に含まれているからです。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ様な働きがあると言われています。


ダイエット中の方におすすめの食べるタイミング

・おやつとして食べる
今まで甘い物とかを食べている時間に、
枝豆を食べる習慣を付ける。

・食前に食べる
枝豆は思っているより満腹感を感じる事が出来ます。
それにより、必要な栄養素を摂りながら、食事量を減らす事が出来ます。


ダイエット中じゃなくても、試してみてくださいね。

 

冷凍食品の枝豆も栄養素は変わらないの?

若干変わります。
しかし、若干ですよ。

 

ビタミンなどが少し減る程度で、大きな差はないそうです。

普段から冷凍庫に枝豆があると、簡単に摂取する事が出来ますよね。

私的には、販売されている冷凍食品の枝豆はおすすめです。

販売されている冷凍食品の枝豆は、
業者が瞬間に冷凍する設備が整っているので、栄養素もほとんど変わりません。

しかし、家庭用の冷凍庫では栄養素をかなり失う恐れがあります。


枝豆の冷凍は、家庭ではしない事をおすすめします。

 

 

まとめ

枝豆の栄養効果は凄いですよね。
(枝豆が好きで良かった)

しかし、日本人の悪い所は、
身体に良いと解ると、過剰摂取する所です。

食べ過ぎは、逆効果になる事が多いので注意してくださいね。

何事も腹八分目

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。