専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

女性ホルモンを増やす努力をして若々しく年齢を重ねよう!その為に必要な情報

f:id:matsumama:20180710171305j:plain

女性ホルモンの分泌量は年々減少していきます。

女性ホルモンの大切さを理解している人は、
若々しく年齢を重ねる事が出来るのです。

それは、女性ホルモンを増やす努力!
女性ホルモン分泌量の減少スピードを遅らせる努力!
を行っているからです。

今回は、女性ホルモンについて必要な情報をまとめました。

若々しく年齢を重ねていく為に、しっかり把握しておきましょう。

女性ホルモンを増やす為に必要な情報! 

 

 

 

女性ホルモンとは?

女性ホルモンは、
「女性らしさに必要なホルモンである!」
ここまでは、誰もが知っている事だと思います。

確かに、その通りですが、
もう少し詳しく説明していきたいと思います。

女性ホルモンは、卵巣から分泌されるホルモンの事で、
「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

エストロゲンとは、
・女性特有の体を作る
・乳房、子宮、皮膚、骨などの発育を促す
・髪や肌の潤いを守る
・自律神経のバランスを保つ
・脳の血流を増やす作用があり、記憶や認知にかかわる働き
など

プロゲステロンとは、
・受精卵が着床しやすい様に子宮内膜を整える
・基礎体温を上昇させる
など

2つとも女性にとっては重要なホルモンです。

特にエストロゲンは、
年齢を重ねれば重ねるほど必要となるホルモンだと言えますよね。

しかし、女性ホルモンの分泌量は決まっています。

20代~30代が最も女性ホルモンが分泌されます。

そして徐々に分泌量は減り、
40代後半~50代(閉経前後)には減少していきます。


ここで重要なのが、
女性ホルモンを増やし、分泌量の減少スピードを遅らせる事なのです。

 

 

女性ホルモンの減少スピードを遅らせる為の生活習慣

女性ホルモンを増やすというより、
急激に減少させない為に、日頃から気を付ける事になります。

日頃どの様な生活を送っているのかで、
女性ホルモンが減少していくスピードに個人差が出ます。


質の良い睡眠を心がける
寝不足は、自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンに悪い影響を与えます。
質の良い睡眠時間をしっかり確保する様にしましょう。

適度な運動を取り入れる
代謝の悪い身体は、女性ホルモンの乱れに繋がります。
激しい運動より、呼吸を整える様なストレッチやヨガなどを、
毎日の生活に取り入れましょう。

身体を冷やさない
これも代謝が悪くなる原因になり、女性ホルモンのバランスによくありません。
冷え対策は日頃から心がけましょう。

新しい事にチェレンジ
毎日同じ様な生活を送るより、新しい刺激により、
女性ホルモン(エストロゲン)に良い影響を与えるといわれています。

ストレスを溜めない
精神的に不安定な状態は、女性ホルモンにも悪い影響を与えます。
1日の中でリラックス出来る時間を確保しましょう。


そして、規則正しい生活を送る事が大切です。

 

 

女性ホルモンのバランスを整える効果のある食べ物

ホルモンバランスというのは、食生活が重要なポイントになります。

偏った食生活や食事を制限する様なダイエットは、
女性ホルモンの減少スピードを早めるので、気を付けなくてはいけません。

女性ホルモンに良いといわれている代表的な食品をご紹介します。

青魚
(DHA、EPAなど)

緑黄色野菜
(ビタミンA、ビタミンEなど)

ナッツ類
(ビタミンB群、ビタミンEなど)

海藻類
(ビタミン、ミネラル、食物繊維など)

きのこ類
(ビタミン、ミネラル、食物繊維など)


(良質なコレステロール、アミノ酸、ビタミンB2など)

アボカド
(ビタミンE、カリウム、食物繊維など)

大豆製品
(この後詳しく説明します)


日頃からバランスの良い食事を心がける事が重要です

 

女性ホルモンを意識するならコレ!

女性ホルモンに似た働きをする事で注目されているのが、
大豆製品!

大豆製品について、詳しく説明していきます。


大豆イソフラボンが、女性にとって大切な、
女性ホルモンの中の1つ「エストロゲン」と似た働きをしてくれます。

特に女性ホルモンが減少していく、40代以降の方には、
大豆製品は大きな助けとなります。

「大豆製品=大豆イソフラボン=女性ホルモン」

しかし、たくさん食べれば良いという訳ではありません。

大豆製品に含まれている「フィチン酸」は、
せっかく体内に摂取した
「ビタミン」「ミネラル」を排出してしまう働きがあります。


おすすめしたいのが、納豆と味噌です。

大豆の中でも、発酵食品であれば、
「フィチン酸」の働きを無くす事が出来ます。

過剰摂取はもちろんよくありません。

納豆を1日1パック食べると効果があると思いますよ。

納豆1パック(50g)として、約100㎉
ちょっとカロリーは高いので、女性は要注意ですよね。

納豆の食べるタイミングは、夕食がおすすめです!!
納豆にだけ含まれている事で有名な「ナットウキナーゼ」

ナットウキナーゼには、血液サラサラ効果がありますが、
効果が維持されるのは、約10時間~12時間

血栓が出来やすいのは、夜寝ている時なので、
危険な時間帯に、ちょうど効果を発揮してくれます。

 

 

まとめ

女性ホルモン分泌量の低下や、バランスの乱れは、
女性特有の病気を発症するリスクが高くなるといわれています。

女性ホルモン分泌量の減少スピードを遅らせる事が、
若々しく年齢を重ねる事に繋がると思います。

実は、私はすでに対策をしております。

夕食に納豆を1パック食べる習慣を付けました。
かなり健康的になった様な気がしています。

しかし太りました。

いつもの食事量で、納豆をプラスするのは要注意です。

日頃からバランスの良い食事をする事が一番大切です。

年齢を重ねるたびに、
食生活を振り返ると良いかもしれませんね。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。