専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

女性ホルモンの効果は必要だ!減少していく時の対策はあるの?

f:id:matsumama:20180710171305j:plain

女として生まれて来たものの・・・
女性ホルモンの大切さを知っていますか?

 

女性ホルモンの分泌がある事は知っていても、
「だから何?」
って思っていませんか?

 

それではダメですよ。

 

年齢を重ねた方はもちろんですが、
若い時から、女性ホルモンの大切さを知っておく必要があります。

 

そこで今回は、
女性ホルモンについて、説明と、減少時の対策をまとめました。

 

女として生まれた以上、いつまでも綺麗で若々しくいる為に、
しっかり把握しておいてくださいね。

 

 

 

 

女性ホルモンとは?

女性ホルモンは、
「女性らしくいる為に必要なホルモンでしょ?」
ここまでは、誰もが知っている事だと思います。

 

確かに…その通りですが、
もう少し詳しく説明しておきますね。

 

女性ホルモンは、卵巣から分泌されるホルモンの事で、
「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があります。

 

エストロゲンとは!

・女性特有の体を作る
・乳房、子宮、皮膚、骨などの発育を促す
・髪や肌の潤いを守る
・自律神経のバランスを保つ
・脳の血流を増やす作用があり、記憶や認知にかかわる働き

 

プロゲステロンとは!

・受精卵が着床しやすい様に子宮内膜を整える
・基礎体温を上昇させる

 

2つとも女性にとっては重要なホルモンです。
特にエストロゲンは、
年齢を重ねれば重ねるほど必要となるホルモンだと言えますよね。

 

しかし、女性ホルモンの分泌量は決まっています。

 

20代~30代が最も女性ホルモンが分泌されます。

 

そして徐々に分泌量は減り、
40代後半~50代(閉経前後)には減少していきます。

 

 

女性ホルモンが減少していく時の対策方!

残念ながら、色々調べてみても女性ホルモンを増やす!
と言う事は出来ません。

 

しかし、急激に減らさない為の対策はあります。

・栄養バランスの良い食生活
・しっかり睡眠を取る
・身体を冷やさないようにする
・ストレスを溜めない
・軽い運動を取り入れる

などが考えられます。

 

これは健康を意識した生活と言っても良いと思います。
重要な事は、規則正しい生活をおくる事です。

 

 

ホルモンのバランスを整える食べ物!

ホルモンバランスが乱れると、
女性では、女性特有の病気を発症する原因となります。

 

女性ホルモンに似た働きをする事で注目されている食品があります。

 

それは、大豆製品!!

 

大豆イソフラボンが、女性にとって大切な、
女性ホルモンの中の1つ「エストロゲン」と似た働きをしてくれます。

 

特に女性ホルモンが減少していく、40代以降の方には、
大豆製品は大きな助けとなります。

 

「大豆製品=大豆イソフラボン=女性ホルモン」

 

ならいっぱい食べよう!と言うのはダメですよ~~

大豆製品に含まれている「フィチン酸」は、
せっかく体内に摂取した
「ビタミン」「ミネラル」を排出してしまう働きがあります。


おすすめしたいのが、納豆と味噌です。

 

大豆の中でも、発酵食品であれば、
「フィチン酸」の働きを無くす事が出来ます。

 

過剰摂取はもちろんよくありません。

 

納豆を1日1パック食べると効果があると思いますよ。
納豆1パック(50g)として、約100㎉
ちょっとカロリーは高いので、女性は要注意ですよね。

 

納豆の食べるタイミングは、夜がおすすめです!!
納豆にだけ含まれている事で有名な「ナットウキナーゼ」

ナットウキナーゼには、血液サラサラ効果がありますが、
効果が維持されるのは、摂取後約10時間~12時間

血栓が出来やすいのは、夜寝ている時なので、
危険な時間帯に、ちょうど効果を発揮してくれます。


納豆については、
女性だけじゃなく、男性にもおすすめです。

 

 

 

 

まとめ

女性ホルモンを増やす事が出来ないのは、残念ですが、
これはすべての女性に言える事なので、仕方ありません。

 

しかし、40歳を過ぎた頃から、
自分に出来る対策をすれば、減少のスピードを遅く出来ます。

 

実は、私はすでに対策をしております。

 

夕食に納豆を1パック食べる習慣を付けました。
かなり健康的になった様な気がしています。

 

と言いたいのですが…
太りました。

 

いつもの食事量で、納豆をプラスするのは要注意です。

 

日々、栄養バランスの摂れた食生活が、一番大切です。
年齢を重ねるたびに、
食生活を振り返るのが、良いと思います。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。