専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

フライパンのおすすめ商品の選び方とは?種類別の特徴と注意点

f:id:matsumama:20181224210322j:plain

料理を作るうえで、
フライパンは、かなり使うのではないでしょうか?

炒め物だけではなく、
煮込み料理や、揚げ物などもフライパンを利用する人が多いはず!

するとフライパンだけ買い替える事が多くなります。

フライパンと言っても、今は多くの種類があり、
何を買うか?自分にあっているフライパンはどれなのか?など、
迷う事がないですか?


そこで今回は、
フライパンの種類別の特徴と注意点をご紹介します。

フライパンのおすすめ商品の選び方とは?

 

 

 

 

フライパンのサイズの選び方

フライパンを買いに行くと、たくさん並んでいるので、
自分が必要なフライパンのサイズに迷う事はありませんか?

フライパンのサイズは2センチごとに違うのです。

しかし、この2センチを間違って購入してしまうと、
使い勝手が悪くなるのです。

ご家庭で使用しているフライパンのサイズは覚えておきましょう。

忘れてしまった方の為に、
フライパンのサイズの測り方!

フライパンの上の面(ふちの部分)の直径です。
(火にあたる底の直径ではありません)


フライパンサイズの使い分け目安!

16センチ~20センチ
1人暮らしや朝食やお弁当のおかずを作るのに便利

22センチ~24センチ
2人分作るのにちょうどよいサイズ

26センチ
2人~4人分セット販売に含まれている事が多く、使い勝手がよく便利

28センチ
4人以上や、たくさん食べる人が多い家族には便利です。


一般的に言われている目安なのですが、
我が家は4人家族で、28センチでちょうどよいサイズです。

 

フライパンおすすめ商品の種類別の特徴と注意点

フライパンには、素材や加工により種類があります。

フライパンを購入するにあたり、
何を重視するかがポイントになります。

フライパンおすすめ商品の特徴と、注意点をご紹介します。


鉄製のフライパン

プロの料理人が使用するイメージがありますが、
料理を本格的に行う主婦の間でも人気があります。

使えば使うほどフライパンに油が馴染み、
強い火力で短時間に料理が美味しく出来るのが特徴です。

鉄製のフライパンは値段が高いが、一生ものと言われています。

注意点
はじめて使う時や使用後のお手入れをちゃんとしないと、
サビの原因になるので、手間はかかります。

私は結婚した時に、鉄製のフライパンを頂き・・
サビが原因で捨ててしまいました(何も知らない恐ろしさ)
サビが出ても手入れしなおせば使えますので、捨てないでくださいね!

長持ちさせるには、
熱いうちにスポンジやたわしで汚れを落とし、食器用洗剤を使わない!
冷めてしまった場合は、熱湯と利用しましょう。

水分が残っているとサビ安くなるので空焚きして、
調理用油を薄くなじませておく事がポイントです。


フッ素樹脂加工(テフロン)

手入れが簡単で、一般家庭で最も使用されているフライパンです。

焦げにくく、こびり付く心配がないので、
少量の油でヘルシーに料理が出来るのが特徴です。

注意点
表面にキズが付くと加工がはがれやすく、強火や衝撃に弱い、
寿命はフライパンの中でも短いと言われています。


セラミック加工

真っ白なコーティングで、見た目がおしゃれなフライパンです。

焦げにくく、くっつきにくい、
熱伝導性に優れているので、弱火でも火が通りやすいのが特徴です。

注意点
鉄製のフライパンと同じ様なお手入れが必要だが、長持ちする。


ダイヤモンド、大理石(マーブル)加工

フッ素樹脂に、ダイヤモンドや大理石の粉末を混ぜて、
コーティングしたフライパンです。

基本的にはフッ素樹脂加工のフライパンと同じで、
焦げ付きにくく、こびり付かないのが特徴です。

注意点
フッ素樹脂加工のフライパンと同じ様な事に注意が必要だが、
フッ素樹脂加工のフライパンより寿命は長いです。

 

 

 

フッ素樹脂加工(テフロン)
セラミック加工
ダイヤモンド、大理石(マーブル)加工

長持ちさせるには、
熱いうちにキッチンペーターなどで汚れをふき取り、
冷めてから、食器用洗剤を使い、
スポンジで軽くこすり加工にキズを付けない事がポイントです。

もちろん調理中もキズを付けない様に注意しましょう。

 

 

 

まとめ

フライパンを選ぶ時のポイントは、
・お手入れが大変だが、長く使えるフライパンにするか?
・寿命が短いが、お手入れが簡単なフライパンにするか?

という事になるのではないでしょうか?

主婦としては、鉄製のフライパンを使いこなせると、
料理が美味しく出来るので良いのですが、
お手入れは慣れるまで大変だと思います。

難易度を下げ、セラミック加工のフライパンで、
おしゃれな雰囲気で料理を楽しむというのも良いかもしれませんね。

と言いながら私は結局
フッ素樹脂加工のフライパンになりそうな予感がします。


買い替える時に、新しい素材のフライパンを、
色々試してみるのも良いかもしれませんよ!

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。