専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

布団を干す時間帯と湿度に注意!室内干しのポイントもご紹介

f:id:matsumama:20180711170335j:plain

 

布団干しは、主婦にとっては重労働と、
言ってもよいのではないでしょうか?

 

頑張って干して、布団がポカポカになると嬉しいですよね。

 

しかし、布団を干す時には注意点がある事をご存知ですか?
知っている様で知らない事もあるかもしれないので、再チェック!


今回は、普段何気なく行っている布団を干す理由と、
布団干しに良い時間帯と湿度の目安、
そして、室内干しについてまとめました。

布団を干す時間帯と湿度について!

 

 

 

布団を干す理由!

まずは、布団を干す理由をしっかり把握しておきましょう。

人は寝ている時に「コップ1杯分の汗をかく」と言われていますが、
そんなに汗をかいている自覚がありませんよね。

夏場はさすがに自覚しますが…

しかし、夏以外でも汗をかいているのです。

その為、布団には湿気が溜まります。

この湿気により、布団にカビやダニが繁殖するのです。

カビやダニは人体にとって悪い影響を与える!

布団を乾燥させる事により、
・消臭効果
・殺菌効果
・殺虫効果
などがあります。

 

布団干しに最適な時間帯と湿度の目安!

最初に布団干しは、重労働と言わせていただきましたが、
大変な思いをしたのに、
布団に悪い影響が出る時に干すのは避けたいですよね。


時間帯の目安は、季節によって少し違います。
(太陽が1日出ている日の目安です)
春:9時~14時
夏:9時~12時
秋:9時~14時
冬:10時~14時

夏は日差しが強すぎる為、布団を傷める原因となるので、
午前中には取り込むようにしましょう。


布団の種類による時間の目安と干す頻度
綿の布団:3時間~4時間程度(週2回ぐらい)
合繊の布団:2時間~3時間程度(週1回ぐらい)
羽毛の布団:片面1時間程度(月1回ぐらい)
羊毛の布団:片面2時間程度(月2回ぐらい)
(羽毛と羊毛の場合、直射日光は避け陰干しがおすすめです)


湿度の目安は、40%以下が良いといわれています。

太陽の光があり、湿度40%以下の日を狙いましょう。

カラッとポカポカな布団になります。

 

布団干しの注意点!

前日が雨の日は当日が晴れても干さない
地面に含まれた水分が蒸発し湿気が非常に多くなっています。
雨ばかりの日が続いて貴重な晴れ間!という時には、
無性に布団を干したくなりますよね!でも我慢です。
我慢できない時は…お昼ごろから様子を見て干すようにしましょう。

布団は叩かない
パンパンと叩きたくなる気持ちはわかりますが、止めましょう。
布団を傷める原因とダニの死骸やフンを拡散させる原因になります。
パンパンと叩くのではなく、
表面に付いたホコリや花粉を払う感じにしましょう。

布団を取り込んだら掃除機をかける
掃除機をかけることによって、
ホコリや花粉、ダニを吸い取る事ができます。

取り込んだ布団をすぐに押し入れなどに入れない
布団の熱で、押し入れの中に湿気がこもる原因になります。
部屋にそのまま置いておくようにしましょう。

枕の存在を忘れない様にする
枕には、汗に加えてヨダレも?なんて事があるので、
枕も忘れずに干してくださいね。

 

布団を部屋干しする時のポイント!

部屋干しでも布団の湿気を飛ばす事は出来ます。

室内干しの時、扇風機の利用や、
エアコンの除湿機能を使うと良いですよ。


先ほど一般的な布団を干す頻度をご紹介しましたが、
無理な季節もありますよね?

そんな時は普段から気を付ける事が大切です。

普段から心がける事
・布団を寝た時の状態で起きるのではなく、
掛け布団を折り返して、敷布団を出すようにしましょう。

・ベッドのマットレスの場合は、
立たせて両面通気性が良い状態にすると良いですよ。

通気性をよくして、布団にこもった湿気を飛ばす事が大切です。

 

 

 


まとめ

布団干しは、外干しが理想的ですが、
部屋干しでも湿気を飛ばす事が出来ます。

今は、布団乾燥機を使う方も増えていますよね。

カビが繁殖して、ダニがたくさんいる様な、
布団で寝るのはイヤですよね。

布団干しは、布団にも良いことですが、
私たちの体にも良いことです。

晴れて湿度が40%以下の日は、何かしら布団を干すようにしましょう。


最後にワンポイント!
家族に布団を干してもらっている様なら、
「気持ちよく寝られたよ!」など
感謝の気持ちを伝えられるといいですね。

そんな言葉があると、
また頑張って布団を干そう!と単純に思えるからです。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。