専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

二日酔いの治し方!日頃から飲み過ぎる人は肝臓ケアを取り入れよう

f:id:matsumama:20181007185923j:plain

飲み過ぎた翌日に後悔する二日酔いの症状!

辛いですよね。

 

しかし、後悔しても遅い
二日酔いの症状があるのなら、早めに治しラクになりましょう!

 


そこで今回は、二日酔いの事を理解し、
二日酔いの治し方と、日頃から飲み過ぎる人への注意点をまとめました。

 

 

 

 

二日酔いになぜなった?

「二日酔いになぜなった?」と聞かれたら、
当然、お酒を飲み過ぎたからだと解っていると思いますが…

今回は、お酒を飲み過ぎた事で、身体の中がどの様な状態になり、
二日酔いの症状が出たのか?ちゃんと理解しておきましょう!


アルコール(お酒)は体内に入り肝臓で、二つの酸素により分解され、
最終的には、水と炭酸ガスとなり排出されます。

通常なら、アルコールを飲んでも分解され、
排出されるので、身体には無害なのです。

 

しかし飲み過ぎると、
肝臓で分解処理できなかった、アセトアルデヒドと言う有害物質が体内に残り、
神経細胞に悪い影響を与え、二日酔いの症状が出るのです。

 

二日酔いの症状

アルコールを摂取すると、
食道を通り、胃と小腸で吸収され、肝臓で処理されます。

 

アルコールを飲み過ぎると、
・胃もたれ(胃痛)
・胸やけ
・吐き気
・頭痛
・身体がだるい(重い)

など様々な症状がありますが、
アルコールが過剰に体内に入り、悲鳴を上げている場所からのサインと、
体内に残って悪さをしている
アセトアルデヒドの影響によるものだと、理解しておきましょう。

 

二日酔いの治し方!

さて、ここが最も重要ですよね!

 

二日酔いの症状が出て辛いからと言って、
じっと寝て放置すると脱水症状になる危険性があり、
危険だと言う事を覚えておきましょう。

 

まず最優先しなくてはいけないのが、水分補給です。


水分補給

・スポーツドリンク
塩分、糖分、ミネラルなど栄養素を含み、身体に吸収されやすい。

・トマトジュース(野菜ジュース)
トマトに含まれている栄養素リコピンは、
アセトアルデヒドを抑制する効果があります。

・しじみのみそ汁
しじみに含まれている栄養素、オルチニン(アミノ酸)は、
アルコールの分解を促進させ、肝臓機能の働きをサポートします。

・フルーツ(オレンジ、グレープフルーツ、柿など)
糖分やビタミンCは、アセトアルデヒドの分解を促進させます。
また、柿に含まれている栄養素カタラーゼも、
アセトアルデヒドの分解を促進させる効果があると注目されています。


食事

吐き気がなく食べられるようなら、油っぽい物は避け、
消化の良い、おかゆやうどんなどで様子をみましょう。

おかゆやうどんなどと一緒に、梅干しがあると良いと思います。

梅干しに含まれている栄養素、
クエン酸とピクリン酸が肝臓の働きを活性化します。


次の食事の時間も、消化の良い物を心がけながら、
・タンパク質(アミノ酸)
肉や魚、お米、蕎麦など

・ビタミンB1
豚肉や、ウナギ、豆類など

基本的には、バランスの良い食事をする事です。


ゆっくり休む(無理はしない)

頭痛や吐き気、だるさやふらつきなどがある様なら、
水分補給はしっかり行い、寝る事です。
(大人として、ここまでくる症状のお酒の飲み方は控えましょう)

 

迎え酒について
この言葉を、聞いた事があると思います。

何の根拠もありませんからね、やめましょう!

 

 

日頃から飲み過ぎる人への注意点(知っておくべき事)

ここからは知っておくべき、かなり重要なポイントです!

・勢いで飲み過ぎてしまう人(二日酔いに近いレベル)
・毎日お酒を飲む人

など、この様な方は、肝臓の事を少し理解しておきましょう!


肝臓の働きとは?

肝臓は人間の臓器の1つですが、
アルコールを分解するだけにあるのではありません。

・代謝を促す
食べ物から摂取した栄養素を、体内に蓄える事や、
分解して使いやすい物質に作り変える。

・有害物質の分解
アルコールもそうですが、有害な物質を分解して排出する。

・胆汁生成と分泌
十二指腸などの消化液は肝臓で作られます。


肝臓頑張っております!

 

なのに、過剰なアルコール摂取、毎日のアルコール摂取、
肝臓が悲鳴をあげ、肝臓機能が衰えていき、病気と診断される事があります。

・アルコール性肝炎
・肝線維症(かんせんいしょう)
・肝硬変(かんこうへん)

聞いた事がる病名もあるのではないでしょうか?

全てにおいて、治療法として「断酒」は当然となります。


年齢を重ねても、楽しくお酒を飲みたいのなら、
日頃から、飲み過ぎる事のない様に気を付けましょう!

 

 

日頃から飲み過ぎる人への注意点(気にかける事)

二日酔いがタイトルですが、
私からしたら、
二日酔いになるほどお酒を浴びるほど飲んでよいのは、20代まで!

 

30代、そして40代以降は…
お酒を楽しむ飲み方に変えましょう!

 

そして普段から、お酒を一生楽しみたいのなら、
肝臓ケアを意識して生活した方が良いのではないでしょうか?


特に30代、40代以降といったら、
ストレスが多い中、食事を制限するようなダイエットをしていませんか?

ストレスも、必要な栄養素が不足する事も、
全て、肝臓に負担がかかっているのです。(肝臓頑張っております)


普段私たちが出来る事をご紹介します。

・ストレスを溜めない
・バランスの良い食事をする
・塩分、糖分を過剰摂取しない
・脂っぽいこってりした物ばかり食べない
・家庭内では、薄味
・睡眠をしっかりとる

など、食生活や生活習慣、基本的な事なのです。


そして肝臓に良いとされている代表的は食べ物もご紹介しておきますね。

・しじみ(あさり)
・牡蠣
・イカやタコ
・アボカド
・ゴマ

などですが、偏って摂取しても効果はありません。

大切なのは、バランスの良い食事という事を、覚えておきましょう・

 

 


まとめ

二日酔いによる脱水症状は、甘く見ない方がよいと思います。

今回お伝えした、治し方(改善方法)は、速やかに行ってくださいね。


しかし、途中でもお伝えしましたが、
二日酔いになる前に、
翌日「楽しいお酒が飲めた」と思えるぐらいにセーブしましょう。


そして、肝臓ケア(肝臓へのいたわり)
普段から気にかけないと、お酒を禁止される日が来ますよ。

実は私自身、毎日ビール(発泡酒ですが)飲んでいるので…
(毎日飲んでいる量は言えません)

私自身も気を付けますが、毎日お酒を飲んでいる方!

これからも、お酒を飲める生活を送る為に、気を付けましょうね。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。