専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

年末の大掃除はいつから?考え方を変えて秋に行うのがポイント!

f:id:matsumama:20180917163451j:plain

日本では、年中行事として、
年末(12月)に大掃除を行う風習があります。

 

しかし、今の時代
大掃除を秋に行う方が増えてきています。

 

「それなら、12月は大掃除をしなくてよいの?」
と思うかもしれませんが、
そこは考え方を変える必要があります。

 

そこで今回は、
年末に大掃除をする意味と、
大掃除を秋に行う方がよいとされるポイントをご紹介します。

 

 

 

年末大掃除の本来の意味

年末になると大掃除を行う風習があり、
子供の頃から、年末には大掃除をするのが当たり前の様に育ち、
何となく大掃除をしていませんか?

 

そこで、年末大掃除の本来の意味を再確認しておきましょう。


年末の大掃除が風習となったのは、
江戸時代の頃からと言われています。

 

昔の大掃除は、「すす払い」と言い、
ホコリやススと一緒に、その年の厄などを払い、
新年に、歳神様をお迎えする為の行事とされていました。

 

このすす払いの日は、12月13日とされ、
お正月の準備をはじめる「事始めの日」とも言われていました。


なぜ「すす払い」と言っていたのかというと、
昔の家は部屋を暖めるのに薪などを使用していた為、
すすで黒ずんでいたそうです。
そのすすを念入りに払うという意味がありました。

 

昔の行事が風習となり言葉を変えたのが、今の大掃除になります。

 

年末の大掃除を秋に行うメリット

今の時代の大掃除は、
昔とはかなり違いますよね。

 

年末の大掃除と言ったら、
普段の掃除では行えない様な場所を念入りに行います。

例えば
・家の外回り(外壁)
・窓ふき(網戸)
・家具の後ろ側
・室内の壁
など、本格的に行うご家庭は、他にもたくさんあると思います。

 

1年に一回念入りに行う大掃除を、
12月の行事が多い中、行うのはかなり大変だし、
何と言っても今の日本は非常に寒い!

 

分厚い上着を着て、濡れ雑巾で手がかじかみ、
身体への負担が多く、動作も鈍くなり効率が悪い!

 

そこで、これらの大掃除は、
窓を開け、湿度が低い秋晴れの日に、
気持ち良く行うのがベスト!
と考える方が増えているのです。

 

私は非常に寒がりで、年末の大掃除はかなり妥協していたのですが、
秋に行うようにしてから、かなり効率よく行えるようになりました。

 

秋に大掃除をしたら年末はやらなくてよいの?

昔から伝わる風習には、2つの意味がありましたよね。

・ホコリやススと一緒に、その年の厄などを払う
・新年に歳神様をお迎えする為

日本に昔から伝わる風習は守り、伝えていく事は大切だと思います。

 

ここで考え方を変えて、
この2つの意味を分けて行うと言う事です。

・一年間溜まったホコリや厄などを払うのは秋
・新年を気持ちよく迎え、歳神様を迎え入れる準備は年末

 

ここでポイントなのが、
本格的な大掃除は秋に行っているので、
年末の大掃除は、普段より少し念入りに行うだけで済むと言う事です。

 

大掃除を行う日はいつがよいの?

秋に行う大掃除は、10月~11月上旬がよいと思います。

9月だとまだまだ暑い日がありますし、
ちょっと新年を意識するには、早すぎるかと…


年末の大掃除は、12月13日に行いお正月飾りをするとされていますが、
実際、13日に行う家庭が少なくなっていると思います。

年末の大掃除は、お正月飾りをする前に済ませておけば大丈夫です。

 

そのお正月飾りをいつするのか?
これもついでに確認しておきましょう。

12月13日~12月28日が一般的です。

 

28日までに間に合わなかった場合は、ラスト30日です。

29日は、数字の「9」が付くので、縁起が悪いとされ、
31日は、慌てて準備した感じで「一夜飾り」となり神様に失礼とされています。
(地域により違う可能性もあります)

 

今の時代では、クリスマスの飾りつけを行うご家庭が多いので、
お正月飾りは、26日~28日に行うご家庭が多いそうです。

 

 

 

まとめ

大掃除は普段の掃除ではやらない様な場所を、
徹底的に綺麗にする大切な行事です。

 

ホコリが溜まり、カビが繁殖し、体調を崩す可能性があります。

 

快適な気温と湿度の中、大掃除を秋に行うのもよいと思いますよ。


主婦として大掃除と言うと考えてしまうのが、
・換気扇
・キッチン回り
・エアコン
などもありますが…

 

これらは、大掃除と言うより、年に何回かは掃除しましょう!

 

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。