専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

男性にもある更年期の症状とは?妻として気が付いてあげないと危険

f:id:matsumama:20180826160009j:plain

男性にも更年期がある!

 

しかし、注目されるのは、女性の更年期の事ばかりです。

 

女性の場合は、
閉経が近づく事で、身体や心のバランスの乱れにより、
「更年期の症状だ」と気が付き対応する事が出来ます。

 

しかし、男性の場合はどうなのでしょうか?

 

男性の場合も更年期の症状を、
自分自身がしっかり理解していないと、症状が悪化してしまいます。

 

そこで今回は、
ちょっと鈍感な旦那様の為に、妻として気が付いてあげられる様に、
男性の更年期の年齢や症状、予防策をまとめました。

 

 

 

 

男性の更年期がはじまる年齢は?

女性の場合は、個人差があるけれど、
閉経の時期と言うポイントがあります。

 

しかし、男性の場合は、40歳以降に多く発症すると言う事だけで、
かなりの個人差があり、70代で発症する場合もあります。

 

そして女性より、更年期の症状が長期間続く可能性があります。

 

旦那様が40代になったら、
少し普段の行動を気にしてあげる事が大切となります。

 

 

男性の更年期の症状とは?

女性の場合は、女性ホルモンの減少が原因で、
更年期の症状が出はじめます。

 

と言う事で、男性の場合は、
男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因で、発症します。

 

身体全体に必要な働きがある男性ホルモンの減少により、
男性の更年期も、心と身体に影響が出ます。

主な症状をご紹介します。

 

心の症状
・機嫌が悪い(イライラ)
・不安症になる
・パニックを起こす

行動の症状
・極端に食欲がない
・極端に食欲が出る
・不眠
・集中力がなくなる
・やる気が出ない(無気力)

身体の症状
・疲れやすい
・筋肉痛(関節痛)
・発汗(ほてり)
・頻尿


女性の更年期の症状と似ている点がかなりありますよね。

 

男性の場合
最初は更年期の症状だったとしても、
更年期と理解して、早めに対応しておかないと、
うつ病となり悪化してしまう可能性が、かなりあるので要注意です。

 

そして、旦那様が不機嫌でイライラする事が多くなった時に、
「更年期かしら?」と気が付く事により、
不満を重ねるのではなく、ケアする事で夫婦の仲も最悪な事になりません。
(↑ここが重要なポイントなのです)


更年期の症状かな?と思った時は、
泌尿器科を受診するのが一般的なのですが、
今は、男性更年期専用の外来がある病院もあります。

 

 

男性更年期の予防策!

40歳を過ぎたら生活習慣を気にする事が大切となります。

 

この年齢になったら、
生活習慣を改善(見直す)

 

旦那様だけではなく、夫婦一緒に、
生活習慣を見直す方がよいかもしれませんね。

・適度に運動を取り入れる
・十分な睡眠を取る
・ストレスを溜めない
・バランスの良い食生活をする

 

40歳を過ぎたら若い時とは違う!
と言う事を自覚し、自分の身体に気を使う余裕を持ちましょう。

 

そして何より、
夫婦で普通に仲良く生活する事を忘れてはいけません。

 

 


まとめ

男性の更年期について、
妻と言う立場での内容となっておりますが、
男性自身もしっかり把握しておいてくださいね。

 

特に、更年期と言うのは、
男性も女性も40歳を過ぎたら意識しなくてはいけない事です。

 

たかが更年期と言う感じで、症状が軽い方と、
日常生活に支障が出るほど重い症状になる方がいます。

 

普段と違う症状(感覚)がある時は、
早めに医療機関を受診しましょう!

 


補足
文章の内容から、とても良い妻の様な感じがしますが、
普段はまったくそんな事はありませんよ!

 

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。