専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

ミートソースとボロネーゼの違いが気になる!えっそんな事なの?驚き

 

f:id:matsumama:20181113190659j:plain

私が好きなタレントブログの記事で、
「今日の夕食は、ボロネーゼ」
という記事だったのですが・・・

えっ?これミートソースじゃないの?
と思いました。

料理が上手で好きな方は、当然知っている事かもしれませんが・・・

私はよく考えたら、
ミートソースは作るけど、ボロネーゼは作った事がありません。

見た目が同じ様に見えますが、
何が違うのか?気になってしまいました。


そこで今回は、
どう考えても日本が発祥の地ではないと思うので由来と、
ミートソースとボロネーゼの違いをまとめました。

最後に、ミートソースを作るなら、
おすすめしたい商品があるので、ご紹介します!

ミートソースとボロネーゼの違い! 

 

ミートソースとボロネーゼの由来

ミートソースとボロネーゼの由来など、
気にかけた事がないと思いますが、
この機会に、雑学として覚えておきましょう。


ミートソースの由来

戦後、アメリカから日本に広まった洋食と言われており、
家庭で食べられる様になったのは、
1959年頃、キューピーがミートソース缶を販売したからだそうです。


ボロネーゼの由来

イタリア北部の都市「ボローニャ」が発祥の地と言われており、
美食の街として有名なボローニャの、
煮込み料理(ラグー)をパスタにかけたのが、ボロネーゼになります。

 

ミートソースとボロネーゼの違い

このミートソースとボロネーゼの違いですが、
見た目同じ様に見えて当然でした。

使っている材料にさほど違いがないのです。

それでは一般的に言われている違いを、ご紹介します。


ミートソース
・赤ワインを使用しない
・甘みがある
・麺はスパゲティを使用


ボロネーゼ
・赤ワインを使用し煮込む
・甘みが少ない
・麺はタリアテッレ(平打ち麺)を使用


しかしこの違いが実は微妙なのです。

日本人向けになっているミートソースと、
本場のボロネーゼを比較すると、それぞれの違いがありますが、
レシピサイトなどを確認してみると・・・

ミートソースでも、赤ワインを使用している事や、
ボロネーゼでも、スパゲティを使用している事もあります。

と言う事で、日本では、
基本的な違いは覚えておきつつ・・・
甘さ控えめのミートソースを作ったら、
ボロネーゼを作ったと思えば、ボロネーゼなのです。

 

おすすめのミートソース!

ミートソースを作る時、
トマトやトマト缶を使用しますが、上手に作れますか?

私はかなり微妙なラインなので、
美味しい時もあれば、「あれっ?」という時もあります。

正直に言うと「あれっ?」という時の方が多く、
苦手だったので、ミートソースと言うと、
袋を温めて、バスタにかけるだけ!を使う事が多かったのです。


しかし、↓これに出会ってからは、違います。

f:id:matsumama:20181113190954j:plain

 


使った事ありますか?

ミートソースの素が入っているのですが、
箱にも書いてある様に、
「ひき肉とまたねぎで簡単に手作り!ミートソース」

素を使おうが何だろうが、手作りミートソースです。


まだ使った事がない方は、ぜひお試しください。
私が買った時は、118円(税抜き)でした。

めちゃくちゃ美味しい、ミートソースが出来ます。
(ちなみに私は、味の素の関係者ではありませんよ)

 

 

 


まとめ

ミートソースとボロネーゼの違いには、
何となく、シックリこないのですが、
本場のボロネーゼとの違いは覚えておいても良いかもしれませんね。

すると気になるのが、本場のボロネーゼです。

さすがにイタリアまでは行けないので、
本場の味を楽しめるイタリア料理店を探して、行くのも良いかもしれませんが、
ご家庭で作れる方は、チェレンジしてみてはいかがでしょうか?

ボロネーゼは高級感が味わえる!と言われています。

私は、赤ワインを料理に使うより、飲む方が好きなので、
本場のボロネーゼはお店で食べてみたいと思います。

 

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。