専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

母親と娘の関係!子育て中の誤った対応で修復が出来なくなるのか?

f:id:matsumama:20181202204146j:plain

母親だけど、娘が嫌い!
娘だけど、母親が嫌い!

私も実感しておりますが、そんな時期はあります。

しかし、
母親として年齢を重ねても、娘が嫌い!
娘として大人になっても、母親が嫌い!
と言うのは、悲しいですね。

母親が子育て中に誤った対応をしたからでしょうか?

そこで今回は、母親である私と娘の関係(子育て)を、
トラブルが生じた時の対応も含めて話したいと思います。

母親と娘の関係! 

 

はじめに・・・

今、母親として年齢を重ね、すでに子育ては終わっています。

年齢を重ねた今、子育てを振り返ると、
あの時、もっとこうしておけば・・・など数多く思い出します。

子育てとは、その様なものではないでしょうか?
完璧な母親など、数少ないと思います。

今回、親の立場としての内容になります。

しかし私は立派な母親、完璧な母親ではなく、
どちらかと言えば、駄目な分類に入る母親です。

もし今、娘さんとの関係で悩んでいるとしたら、
何か参考になると言うより、
「こんな母親もいるのか」と肩の力を抜いて頂けるのではないかと思います。

 

母親が娘に対して「イヤだ」と思う時期

本格的に母親と娘の関係がギクシャクするのは、
小学校高学年と中学生の時期ではないでしょうか?

娘の立場としては・・・

小学校高学年では、
友達関係や勉強、そして、自身の心と身体の成長に悩む。

中学生では、
勉強面のプレッシャーや、部活での疲労、友人関係、
そして色々な事への不安など、心の成長で悩む


その時、自分のイライラや、どうしてよいのか解らない気持ちを、
態度に表し、ぶつけるのが家庭であり特に母親です。

そしてそんな時、おおらかに受け止めてあげられ、
対応出来ていれば、何も問題が残る事がなく、親子関係がうまくいく!

しかし母親も、家事や仕事のストレス、体調面でのバランスの乱れなど、
おおらかになんて受け止めるのは難しい時もありますよね。


ここでポイント!

小学校高学年と中学生の時期の親の対応は、
今後の親子関係がうまくいかない原因に、
一番なりやすいので気を付けましょう。


今だから私は親の立場で冷静にお伝えしておりますが、
私の対応は駄目な対応をまっしぐらしております。

 

娘がイライラをぶつけてきたら母親はどうする?

娘が、
・態度が悪い
・言葉が悪い
・口をきかない
・部屋に閉じこもる
など、母親にイライラをぶつけてきたら・・・

私の場合
そのイライラで私もイライラするので、同じ態度をとっていました。

・態度が悪ければ、私もツンケンする
・言葉づかいが悪ければ、私はそれ以上の言葉づかいの悪さで返す
・口をきかないのなら、私も話しかけない
・部屋に閉じこもるのなら、対応しない

母親としては最悪の対応だと思います。

しかし、我が家の娘の場合
自分が悪いと気が付き、普通に話しかけてくるので、
私もその時は、イライラを引きずらない様に普通に話をしました。

 

娘(子供)に対して大人の考えを押し付けない

小学校高学年や中学生になると、
母親と娘の関係で色々な悩み事やトラブルがあると思います。

しかしその時、ちょうど思春期であり、何回目かの反抗期ですよね。

そんな時、娘の悩みに大人的考えを押し付けたら、
反抗するだけだし、何も伝わらないのではないでしょうか?

と言うより、
私が母親として、その時代では若い母親だし、
自分が未熟だったからかもしれませんが、
母親として私が伝えた言葉をご紹介します。

 

小学校高学年でのいじめ問題

クラスで目立つ女の子(リーダー的存在)
リーダーの気分次第でターゲットを決めて、ムシをするという内容です。

我が家の娘もターゲットにされた事がありますが、
なぜかうちの娘は、グループに依存するタイプではなく、
その時の気分で、自分が楽しくいられるグループにいるタイプなので、
イヤな思いはしたかもしれませんが、孤立する事なく過ごせていたようです。

娘の悩みは、ムシを強要された時の対応です。

私が娘に言った言葉は、
出来れば「そんな事は出来ない、よくない事だよ」と言ってほしいけど、
ママは鬼太郎のお父さんの様に、あなたの頭に潜んで守ってあげられないから、
とになく、うなずくな!
首を縦に振る行為は、同意する事と同じだから、
話を聞いているうなずきとは違う意味もあるから、うなずくな!
そして、そのターゲットの子が話しかけてきたら、話せる状況なら話をしてね

この時は、ムシと言っても可愛い範囲だったので、
正義感を伝えるべきかもしれませんが、
学校という空間で、その場で娘を守れない以上、よけいな事は言いません。


しかしその後、このいじめ問題はエスカレートしていたらしく、
ターゲットとされた子が長期間になり、しかも内容が可愛い範囲ではなく、
なぜか?ターゲットにされた子の親が、私に相談

幸い娘はこのいじめに加わっていない事を聞き「ホッ」としたのですが、
なぜ?私に悩みを相談?しかも泣きながら・・・

結局、娘にも同意を得てから、
このリーダーの子の親に私が電話しました。

もちろん、親として娘は守りたかったので、
色々な根回しをしてから電話をして、その後いじめ問題はなくなりました。

 


中学生で勉強に身が入らない

小学生高学年の時、娘から塾に行きたいと言われ、
高い授業料だが、自分から行きたいと言うから行かせました。

しかし、中学に入りどうも勉強時間が減っている様な?
当然、部活もして学校の宿題もあれば、塾の宿題もあります。

ちょっとイヤになるに決まっているのは解ります。

私が娘に言った言葉は、
高い授業料を払っているのに、最低限の勉強も出来ないのなら、
塾はやめていいよ!


私としては、そんなに大変なら塾に行かなくていいよ!
という意味だったのですが・・・
イケイケの母親から言われた言葉は、危機感を感じたのか?
その後、頑張っておりました。

 


まとめ

他にも色々なりますよ。

何も問題なく、イライラする事なく子育てが出来る訳がありません。

 

中学生が過ぎたら、次は高校です。

高校生になったら大人と同じですからね。

大人と同じ様な感覚で接する事も大事だと思います。

とは言え、
高校生になり、学校をずる休みする日が出てきて・・・

とりあえず、今日学校に行かなくても問題ないのかを聞き、
私が言った言葉は、(その時は仕事をしていたので)
ママには有給があるけど、
高校生には有給はないのだよ、明日は学校に行けよ。
という感じで、年に3回ぐらいありました。


「こうする事が当たり前」と言う様な力を入れ過ぎた子育てより、
子供の意見を取り入れる事も大切だと私は思っていますが・・・
完璧に話を聞いてあげられていたか?解りません。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。