専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

マロニーは太る?太らない?気になるカロリーや糖質などと食べる時の注意点

f:id:matsumama:20190313193015j:plain

マロニーには太るイメージがある私は、
最近買わなくなったのですが・・・

本日のランチでしゃぶしゃぶを食べた時、
マロニーが野菜と一緒に付いて来て、
野菜とマロニーをしゃぶしゃぶしたお肉で巻いて食べたら、
美味しい!

なぜ?太るイメージがあるのか?
考えてみたら「太いから、ただ何となく」
と訳の分からない理由しか思い浮かばなかったのです。

しかし「イヤ違う!何かで絶対情報を得たはず」

そこで今回は、
マロニーとは?カロリーや糖質など、
食べ方の注意点も確認し、
マロリーが太るのか?太らないのか?まとめたいと思います。

マロニーは太る?太らない?

 

 

マロニーと比較出来る食品は?

マロニーが太る?太らない?と考えた時に、
似た様な食品と比較した方が解りやすいですよね?
という事で、
マロニーと似た様な食品で思いついた物をご紹介します。

春雨
マロニーよりスリムボディーで乾燥された物

白滝
私が好んで食べている物

マロニーが太るイメージのある私には、
白滝は強い味方です。

 

マロニーの原料は?

マロニーは北海道産のジャガイモのでんぷんが、主原料
コーンスターチ(トウモロコシのでんぷん)が、配合されています。

ここでポイント!
マロニーの原料には、アレルゲンが含まれていないので、
アレルギー体質の人や、お子様にも安心な食品です。

春雨の原料:緑豆
白滝の原料:こんにゃく芋

私の「マロニーは太る」イメージになったのは、
「マロニーの主原料がジャガイモ」と聞いたからかもしれない?
(先に進みます)

 

マロニーのカロリーは?

マロニー100gあたりのカロリーは、
349kcal

カロリーが高くてビックリなのですが、これは乾燥状態です。

マロニーは茹でると膨らむので、
100gあたりのカロリーは、
約70kcal~90kcal

春雨100g(お湯で戻した物):約80kcal
白滝100g:約6kcal


やはり白滝は低カロリー!
しかしマロニーは思ったよりカロリーが高くありません。
(普段100gは食べないから、もっとカロリーは下がりますね)

 

マロニーの糖質は?

今はカロリーより糖質を気にする人が増えていますよね。
糖質が高いと太る!

マロニー100gあたりの糖質は、
約14.5g

春雨100g:約83.1g
白滝100g:約0.1g

さすが白滝!
しかし糖質は春雨よりマロニーの方が低いですね。
というか、春雨も太る原因になると聞いた事があるので、
私は春雨も買わない事にしているのです。

 

マロニーのGI値は?

「GI値」聞いた事があると思いますが、
GI値は、血糖値が上昇しやすいのか?を数値化したものです。

GI値が低いほど血糖値の上昇を防ぐ事ができるので、
低GI値食品を積極的に摂取した方が良いといわれています。


マロニーのGI値:約30
春雨のGI値:約32
白滝のGI値:約23


なぜ血糖値の上昇を防いだ方が良いのか?(気になりますよね)
食べた時に血糖値が上昇すると、
血糖値を下げる為にインスリンが分泌されます。
インスリンが大量に分泌されると・・・
体内に脂肪をため込む働きもするのです。(肥満になる原因)

GI値「55以下」の食品は、低GI値食品と言われているので、
マロニー、春雨、白滝すべてが低GI値食品になります。

 

マロニーは太る?太らない?

結論から言えば、
過剰摂取しなければ、マロニーを食べる事で太る事はありません。

私が気になったのは、主原料が「ジャガイモ」という事で、
ジャガイモなら炭水化物!
炭水化物は太る!このイメージがあったのです。
ここを解決していかないといけませんね。

主原料はジャガイモではなく「ジャガイモのでんぷん」なのです。

ジャガイモのでんぷんは、レジスタントスターチと呼ばれる
消化がされにくい物質なのです。

ジャガイモのでんぷんは、
・血糖値が上がりにくい
・消化が遅い
・満腹中枢を刺激する
・善玉菌のエサになる。
など、ダイエットにも効果があると言われているでんぷんなのです。

 

マロニーを食べる時の注意点

マロニーは太る!
と言われるのには、食べる時の注意点があるのです。

マロニーは食べ応えがあり、満腹中枢を刺激すると言われていますが、
腹持ちが悪い!

するとすぐお腹が空き、
完食などをしてしまう。

マロニーを食べる時の味付けに要注意!
マロニーはスープ(調味料)や油も吸収しやすい食品です。
カロリーが高くなる様な味付けや調理方法に、気を付けましょう。

 

まとめ

マロニーが太る!というイメージは違いました。
マロニーは、
・カロリーがそれほど高くない
・糖質が低い
・GI値が低い

過剰摂取や食べ方の注意点だけ気にすれば太る事はありませんね。

それにマロニーに含まれている成分「アミラーゼ」は、
炭水化物を分解し消化を促す働きがあり、
脂肪の蓄積を抑える事や、食物繊維が豊富に含まれているので、
ダイエット中の人も安心して食べる事が出来るのです。

冬は鍋や煮物、みそ汁など、
夏はサラダや炒め物、酢の物など、
マロニーは色々な料理に使えるので、取り入れたいですね。


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。