専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

ファイトケミカル!若さを保つ(美容と健康)注目の第7の栄養素!

f:id:matsumama:20181019170022j:plain

美容と健康に良いとされる栄養素はたくさんありますが、
その中で、新たに注目されている栄養素

 

ファイトケミカル(フィトケミカル)

ご存知ですか?

健康的に若さを保つ為に必要と、注目されている栄養素なのです。


そこで今回は、
ファイトケミカルの事を解りやすくまとめました。
(知っておいた方が良い情報ですよ)

 

 

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルと言う言葉(栄養素)の事を、
私は認識していなかったのですが、
今は、誰でも知っている事なのでしょうか?

もしかしたら「知らなかった」と言う方の為に、
解りやすくご説明します。


ファイトケミカルは、フィトケミカルとも呼ばれていますが、
両方とも同じものをさしているので、
今回はファイトケミカルで説明していきます。

 

ファイトケミカルとは、
植物(野菜・果物・豆類・芋類・海藻・ハーブなど)が持つ化学物質の事で、
植物が、虫や紫外線などから身を守る為に作り出した、
抗酸化作用の強い物質の事です。

例えば、植物が持つ色(色素)や香り、苦味(あく)などです。


この抗酸化作用の強い物質(ファイトケミカル)を摂取する事により、
美容面や健康面で力を発揮し、
若さを保つ事が出来る栄養素として、注目されているのです。

 

 

第7の栄養素ファイトケミカルの働き

ファイトケミカルは、第7の栄養素と呼ばれていますが、
1から6の栄養素は、ご存知ですよね?

5大栄養素
炭水化物(糖質)・タンパク質・脂質・ビタミン・無機質(ミネラル)

 

第6の栄養素
食物繊維


ファイトケミカルの働きは何と言っても、
強い抗酸化作用により、身体の活性酸素を抑える事です。

 

活性酸素は、強い抗菌作用があるので身体に必要なのですが、
過剰に発生すると、細胞膜や血管などをさびつかせ、
体調不良や老化のスピードをはやめると言われています。

また活性酸素は、がんの要因にもなると言われています。


ファイトケミカルを日頃から摂取しているか?していないか?で、
健康で、若さを保ちながら年齢を重ねていけるか?
とまで言えるほど、重要な栄養素です。


年齢を重ねていくうえで、
・健康的な身体
・若々しい身体
かなり重要なキーワードですよね。


それでは、もう少し詳しく理解していきましょう。

 

ファイトケミカルの種類

ファイトケミカルは、約1万種類以上あるとも言われていますが、
まずは、系統と主な種類(食材)をご紹介します。


ポリフェノール系
・アントシアニン(ブドウ、ブルーベリーなど)
・イソフラボン(大豆製品)
・カテキン(緑茶、カカオなど)
・フラボノール(タマネギ、ブロッコリーなど)


カロテノイド系
・βカロテン(ニンジン、カボチャなど)
・リコピン(トマト、スイカなど)
・ルテイン(ブロッコリー、ホウレン草など)
・ゼアキサンチン(トウモロコシ、マンゴーなど)


イオウ化合物
・イソチオシアネート(ダイコン、ワサビなど)
・システインスルホキシド(タマネギ、キャベツなど)


テルペン類
・リモネン(レモン、オレンジなど)

 

 

ファイトケミカル!野菜や果物色分けによる効果

先ほどご紹介した「系統と主な種類(食材)」だと、
解りづらいと思われるので、
代表的な野菜や果物を色分けして、ファイトケミカルの効果もご紹介します。


緑色の野菜果物

・クロロフィル(ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、ピーマンなど)
効果
・抗酸化作用
・がん予防
・コレステロールの上昇を抑える


赤色の野菜果物

・リコピン(トマト、スイカなど)
効果
・抗酸化作用
・大腸がんや胃などの消化器系のがん予防

・カプサイシン(トウガラシ、赤パプリカなど)
効果
・風邪予防
・がん予防
・善玉コレステロール増加
・悪玉コレステロールの酸化を防ぐ


紫色の野菜果物

・アントシアニン(ブルーベリー、ブドウなど)
効果
・眼の病気改善(眼精疲労回復、老眼抑制)
・血圧安定


黄色の野菜果物

・ゼアキサンチン(トウモロコシなど)
効果
・白内障、緑内障予防
・視力低下予防

・βクリプトキサンチン(ミカン特に温州ミカン、ビワなど)
効果
・大腸がん、皮膚がんの抑制
・体内でビタミンAに変化し美肌効果
・粘膜強化


オレンジ色の野菜果物

・βカロテン(ニンジン、カボチャなど)
効果
・抗酸化作用
・がん細胞の進行を抑制
・皮膚や呼吸器の粘膜保護


白色の野菜果物

・イソフラボン(大豆製品など)
効果
・女性ホルモンに似た働き
・骨粗しょう症予防

・βグルカン(エリンギ、マッシュルーム、エノキなど)
効果
・抗がん作用
・免疫力向上

・アリシン(ニンニク、ラッキョウなど)
効果
・抗がん作用
・殺菌作用
・疲労回復

 

野菜の色ごとの栄養効果や、
賢い野菜の食べ方など、
↓こちらの記事を参考にしてください!

www.matsumama.com

 

 


まとめ

第7の栄養素ファイトケミカルの存在を、
覚えておかないといけませんよね。

しかし、ファイトケミカルが含まれている食材だけを、
食べれば良いという訳ではありません。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、
バランスの良い食事が重要と言う事なのです。


食事の時、何種類の色を摂取できるか?
気にかける事が大切ですよね。

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。