専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

おでんの具は選び方でダイエット効果がある!おかずとして取り入れよう

f:id:matsumama:20180922212518j:plain

おでんはおかずになる?おかずにならない?
昔からそんな話を聞きますが…

 

しかし、今の時代
「おでんダイエット」と言うものがあるそうです。
(知っていましたか?)

 

おでんにダイエット効果があるのなら、
おかずとして、取り入れてみてもよいのではないでしょうか?


そこで今回は、
おでんをおかずとして取り入れる為の話と、
おでんでダイエット効果を得る為のポイントをまとめました。
(ただし、私は今専業主婦なので、主婦目線で話をしていきますよ)

 

 

 

 

おでんはおかずになる?おかずにならない?

まず、おでんがおかずになるのか?おかずにならないのか?
とモヤモヤするのは、結婚した時が多いと思います。

このモヤモヤとは、
メインのおかずになるか?ならないか?と言う事ですよね。

 

それは、育った環境の違いが一番の原因だと思います。

 

結婚して主婦となり、やはり料理を作る担当となり、
自分の育った環境が、メインのおかずとしておでんがあったのなら、
新しく家庭を持っても、おでんはメインのおかずですが、
旦那さんが、違う環境で育った場合…

一言言われ、モヤモヤするのですよね!

 

解りますが、そのモヤモヤは新婚時代に解決してください。

うちはうち、実家は実家
と言う感じで、変えていく事が大切です。

 

もし、おでんの味(濃い味、薄い味)の問題なら、
少しは考えてあげるべきだと思います。

 

ただ、今回のタイトルにもある様に、
「ダイエットに効果があるらしいよ」
と付け加えて、メインのおかずにするのもよいと思いますよ。

 

主婦的に、おでんをおかずにしたい理由

これは、男性(夫立場)の方に理解していただきたいと思います。

 

おでんは簡単に出来そうだが、結構時間がかかるのです。

 

下ごしらえから考えると、約1時間から・・・?
(練り製品は煮込み過ぎると良くないですよ)

 

それと、メインおかずと同じぐらい(それ以上)に費用がかかる。

 

これだけの時間と費用が必要なのに、
メインのおかずに出来ないのは…あり得ません!
と言う事です。

 

おでんダイエット効果を得られる具!

おでんには色々な具が入っていると思いますが、
具の選び方にポイントがあります。

 

好みがあると思いますが、
おでんの具で一番人気は、大根です。
(美味しいですよね)

 

大根は加熱しても、
カリウム、カルシウム、食物繊維など優れた栄養素があり、
ダイエットには効果的です。

その他
・こんにゃく・白滝(結び)は食物繊維
・昆布は、カリウム、カルシウム、食物繊維

大根・こんにゃく・白滝(結び)・昆布は食べましょう。

 

おでんダイエット!気になる練り製品

おでんに入っている練り製品のカロリーが気になりますよね。
実は、買った商品によって違いがあるのです。

 

例えば、コンビニのおでんの練り製品
同じ物でも、コンビニごとに表示されているカロリーは違います。

 

ここで、練り製品のカロリーを表示しても、
覚えていられないと思うので、
練り製品の知識としてポイントをご紹介します。


練り製品と言えば、魚のすり身が原料ですよね。

 

しかしおでんの具、練り製品として、
揚げてあるか?揚げてないか?でカロリーが変わるのです。

 

カロリーが低いのは、はんぺんやちくわ
カロリーが高いのは、さつまげ、厚揚げ、がんもどきなど

だからと言って、
がんもどき・厚揚げ・魚河岸あげなどは、
揚げてありますが、豆腐の栄養素が摂取できるので、
ダイエットに効果がないとは言い切れません。


一番曲者なのが、
「ちくわぶ」なのです。

「ちくわぶ」は小麦粉を練って作った物なので、
ダイエット効果はなく、避けた方がよい商品です。

 

おでんを食べる時の注意点

おでんダイエットとして食べる時はもちろんなのですが、
普段から、おでんの汁は飲んではいけません!

 

思っている以上に、塩分が含まれています。

 

塩分を多く摂取する事によって、
むくみの他、生活習慣病の仲間入りになる可能性があります。

 

特に、メタボ(メタボ予備軍)として、
ダイエットが必要とされている方は、
おでんの汁は絶対に飲まない様にしましょう!

 

 

 

まとめ


おでんダイエットを行い成功した方々もいます。

 

ここで注意したい点が、
「おでんダイエット効果を得られる具!」
だけを取り入れるのはダメなのです。

 

バランスの良い食事がダイエットの成功につながります。

メインのおかずをおでんにしても、
副菜と主食(ご飯)が必要となる事を忘れない様にしましょう

 

ちなみに我が家の場合
私は主婦として、おでんをメインおかずとして出しますが、
実は私はおでんがメインでご飯が食べられないタイプなので、
昔から、ご飯を食べられる副菜を作っております。

 

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。