専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

老眼になる年齢は何歳?予防と改善で進行を遅らせる事が出来る

f:id:matsumama:20180804142337j:plain

老眼というと、「老い」を感じませんか?
すると自分の年齢を考えた時に、
老眼である事を受け入れない人が多くいます。

しかし、老眼の症状がはじまるのは何歳からなのでしょうか?

そこで今回は、老眼になる年齢の事なのですが、
実は老眼というのは、
予防と改善で、進行を遅らせる事が出来るのでご紹介します。

老眼の年齢は何歳?予防と改善!

 

 

 

老眼になる年齢は何歳?

老眼とは、
加齢による目の老化現象の事です。

老化現象というと、体力の衰えがありますが目も同じです。

一般的に言われている老眼の年齢は、
40歳を過ぎると、少しずつ老眼の症状がはじまり、
45歳頃から50歳頃には自覚できる症状が見られるそうです。

老眼の症状については、
↓こちらの記事を参考にしてください。

www.matsumama.com

 

老眼の症状は、目の疲れからはじまり、
気が付かないうちに老眼になっている事があります。

 

今は誰もが、1日に長時間
スマホ画面やPC画面を観る事が多いので、
かなり目に負担をかけている事になります。

今の時代は、老眼になる年齢が低下しており、
30代から老眼の症状が出はじめている人が多くいるそうです。


しかし老眼は予防・改善する事により、
老眼の症状を遅らせる事や、進行を遅らせる事が出来るのです。

 

老眼の予防改善方法(運動)

老眼になる原因の中で最も重要なのが、
毛様体筋(もうようたいきん)と言う筋肉の衰えです。

 

スマホ画面やPC画面を観ている時は、
視点を大きく動かす事がありませんよね。

それにより、毛様体筋が硬くなり衰えていく為
ピントを合わせる時に動きが鈍くなるのです。

 

毛様体筋を軟らかくして、
ピント調節力をアップさせる運動を取り入れる事が大切です。

・視点(眼球)をゆっくり上下左右に動かす
・ギュッと目を閉じて目を開ける
・近くを見た後に遠くを見る事を繰り返す

などの動きを行った後は、
必ず眼を休ませる事も大切となります。

 

老眼の予防改善方法(生活)

普段の生活の中でも、目の事を気にしてあげないといけません。

・紫外線対策
ピントを合わせる時に必要な水晶体は、
紫外線により活性酸素が発生する事で、硬くなります。

外出する時は特に、眼の紫外線対策を心がけましょう。

・目の疲れを感じたら休む
ほんの少しの時間でも良いので、目を休ませる事が大切です。

目の充血などでまぶたがあたたかい様なら、冷やしタオルを、
疲れ目の場合は、血行を良くするためにあたたかいタオルを、
まぶたの上にのせると、目の疲れが取れやすいですよ。

・目の乾きに気を付ける
加齢による目の症状で、老眼の他にドライアイもあります。
目の乾きは眼球疲労の原因に繋がるので、
疲れ目予防の目薬が効果的です。

・十分な睡眠
健康な身体を維持する為にも睡眠は重要ですよね。
それは、目の健康にも影響するので、寝不足が続かない様にしましょう。

 

老眼の予防改善方法(栄養)

老眼の予防改善する為には、
目に良い栄養素を摂り入れる事も大切です。

バラスの良い食事を心がける中で、
摂り入れたい栄養素をご紹介します。

 

・ルテイン
(ニンジン、ほうれん草、カボチャなどの緑黄色野菜)

・コエンザイム
(牛肉、イワシ、ブロッコリーなど)

・アスタキサンチン
(サケ、カニ、エビなど)

・アントシアニン
(ブルーベリー、赤ワイン、黒豆など)

・DHA
(カツオ、サバ、アジなど)

・ビタミン類
(緑黄色野菜、豚肉、豆製品、アボカド、レモンなど)


必要な栄養素が欠けている様なら、
サプリで補う事も良いと思いますよ。

 

 

 

めとめ

老眼の改善には、
眼科で手術(処置)する事が出来るそうです。

しかし、老眼は身体の衰えであり、誰でも症状が出るものです。

自分なりに普段から目をいたわる事が大切なのではないでしょうか?

年齢をかなり重ねていく事で、気になる症状がある場合には、
老眼だけではなく、他に目の病気の可能性もるので、
早めに眼科に受診しましょう!

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。