専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

プロパンガス会社を変える時の注意点(体験談)気が付かないと損です

f:id:matsumama:20181217151054j:plain

一戸建ての家でプロパンガス(LPガス)を使用している場合
プロパンガス会社を変える時って、どんな時ですか?

普通なら、プロパンガス会社を変えようなどおもわないと思います。

プロパンガス会社を変えようと思う時というのは、
他のプロパンガス会社の営業の人が来て、
話を聞いてしまった時が、一番多いのです。


今までは営業の人の話を聞いている余裕がなかったというか・・・
あまり家にいなかったで、営業の人に会う事がほとんどなかったのです。

しかし今は、専業主婦になり家にいる時間が長いせいか、
営業の人の話を聞いてしまった事が、イライラのはじまりでした。


そこで今回は、
プロパンガス会社を変える時の注意点を、
体験談としてまとめてあります。

気を付けたい注意点は、今後の参考になると思います。

プロパンガス会社を変える時の注意点

 

 

 

プロパンガス会社の営業の人が必ず言う事

プロパンガス会社の営業の人は、
家で使っているプロパンガス会社がどこであるかチェックしています。

今までいろいろな営業の人が我が家に来ましたが、
・自社の方が、料金が安い
・今使っているプロパンガス会社の評判が悪い
この2つは必ず言ってきました。

しかしここまでは普通だと思います。

料金が安くなるのなら、話を聞くのも良いと思います。

注意したいのは、営業に来た人が信頼できる人か?
という事なのですが・・・

相手は営業職ですからね、なかなか難しい点もあります。

私が「この営業の人、大丈夫?」と思ったのが、
何回来ても、同じ事を聞かれるので言っているのに、
まるではじめて聞いたかのようなリアクションをするのです。

普通なら、一度行った家の情報や手ごたえなど、
記録しておいて、新たな情報を提供するなどしませんか?

こんな営業の人が来たら要注意です。


結局我が家は、はじめてプロパンガス会社を変えたのですが、
その理由は、基本料金と従量料金が安くなるからです。

しかし、ここからが超イライラのはじまりです。

 

 

 

ガス料金の計算のやり方を知っていますか?

私は今まで、請求書が来たら払う!というだけで、
自分で計算をした事がありませんでした。


契約した基本料金 +(契約した従量料金×使用量)= ガス料金

ガス料金 × 1.08 = 請求金額


そして最も重要なのが、
ガス使用量のお知らせなどの下の方にある「備考欄」などに、
お知らせが書かれていないかチェックする事です。

ガス料金は気が付かないうちに値上げされている可能性がおるのですが、
この備考欄にお知らせが書かれている事もあります。

別のハガキで値上げの報告が来ることもあるのですが、
どちらにしても、一方的な値上げになります。

 

プロパンガス会社を変える時の注意点

ガス料金が少しでも安くなるのなら、
プロパンガス会社を変えた方が良いと思います。


最も注意しなくてはいけないのが、
プロパンガス会社を変えて、はじめて来る請求書の確認です。

我が家はやられました。

お住いの地方によって、
基本料金と従量料金は、かなり違いがあります。

我が家は当時、
基本料金:1,000円
従量料金:300円
で契約しました。

基本料金の1,000円というのは、
当時はガスを、料理を作るコンロだけに使用していたので、
これが、お風呂とガスコンロ使用だと、基本料金は1,500円です。

なぜか今回は、営業の人に不信感があったので、
はじめての請求書を計算したら「ビックリ」
従量料金が380円で計算されていました。

すぐに請求書のお問い合わせ先に電話をしたら、
一戸建ての従量料金は、通常380円で計算しているので間違えがない!
と言われたのです。

営業の人の話は300円で、
契約書に書かれている金額も300円である事を伝えたら、
すぐに営業の人から折り返しの電話がありました。

 

 

実際にあった営業の人とのやり取りの中の注意点

営業の人にこの事を話したら、
「入力を間違えたのかな?」というのです。

すぐに請求書を作り直してもらえる様に頼みました。

翌日、
「入力を変更する事が出来ないので、とりあえず差額分を払う」
というのです。

今回はそれでよいとしても、次回からどうなるのか確認したら、
「多めの使用量で計算して、1年間の差額分を先に払います」
というのです。


ここで注意ポイント!

この様な訳の分からない事を言って来たら、
1年間に対して、拒否しましょう。

来年覚えていられるか解らないし、営業の人が同じ人物とも限りません。


対処方!

すでにこの話が怪しい事が解ります。

1年分は拒否して、
毎月請求書が来る時期に差額分を持ってきたら支払いをすると言いましょう。
(本当は自分も面倒くさいですけどね)

この時のあり得ない営業の人が言った言葉
「毎月私に持ってこいというのですか?」

というので、
「あなたが悪くないのなら、契約書を見て入力した人が間違えたのだから、
その人でも良いですよ」
と言ってみました。

だいたい入力を変更出来ないという事がおかしな話です。
(値上げする時どうするの?という感じです)

後日営業の人から電話があり、
「入力を変更する事が出来たので、次の請求書からは300円になっています」
と普通に、何事もなかったかのように言ってきました。


この時私は、あきれてしまい文句ひとつ言えませんでした。

 

 

 


まとめ

プロパンガス会社の料金は、
事業者側が自由に価格を決めているので、料金に違いがあります。

これは同じ地区で、同じプロパンガス会社を使っていても、
契約の時の従量料金が違う可能性があるのです。

今お使いのプロパンガス会社より安い話が来た時は、
よく話を聞いて、変えてみるのも良いと思います。

ただ重要なのは、
自分で毎月計算して確認する事!

お知らせがないのに、勝手に値上げされているケースもある様です。

ちなみに私は毎月計算しております。

 

 

これはあくまでも我が家に起こった出来事であり、
プロパンガス会社の営業の人に注意した方がいい!
という話ではありません。
(良い営業の人もいると思います)

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。