専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

お餅は太る?カロリーは?太る理由を確認し太らない食べ方をご紹介!

f:id:matsumama:20181023161929j:plain

お餅は太る!
お正月太りの原因が、お餅だと思っていませんか?

 

お正月に太らない為に、美味しいお餅を我慢するなど・・・
考えただけで、悲しすぎます。

 

お餅を諦める事が出来ないので考えたのが、
お餅を食べると、本当に太るのか?と言う事です。


そこで今回は、
お餅とご飯のカロリーの違いから、太る理由を確認し、
太らない食べ方を追求してまとめました。

 

 

 

お餅とご飯!カロリーの違い

お餅と言ったら、炭水化物ですよね。

普段食べている炭水化物と言ったらご飯になると思うので、
お餅とご飯のカロリーの違いをみていきましょう。


お餅1個(50g) → 約118kcal
ご飯1杯(140g) → 約235kcal

お餅1個とご飯少な目1杯だと、
お餅の方が、カロリーが低い事が解ります。

 

しかし、これを同じ重さ(100g)で考えると、

お餅 → 約235 kcal
ご飯 → 約168kcal


何かと(100g)で表示する事が多いので、
お餅の方が、カロリーが高く、太るイメージがあるのでしょうね。


しかし先ほどの、お餅1個とご飯1杯で考えると、
お餅は2個ぐらい食べても大丈夫と言う事になります。

 

お餅の特徴!消化について

お餅は「腹持ちが良い」と言われますが、
消化が悪い、という事なのでしょうか?
ちょっと気になるので、確認していきましょう。


実は、お餅は消化さるのが速い食べ物なのです。

お餅の原料はもち米を使い、蒸してからつぶした物です。

もち米には、アミロペクチンと言われるでんぷんが多く、
しかも、蒸してつぶしてあるので、消化が速いのです。
(炭水化物にでんぷんが多いと消化が速い)


それならなぜお餅は腹持ちが良いの?
気になりますよね。

それは、炭水化物(糖質)の量が多いのです。

糖質と言ったら、血糖値を上げる役割があり、
血糖値が上がる事により、
満腹感を感じやすく、空腹感を感じにくくしているのです。

 

 

お餅を食べて太る理由!

お正月にお餅を食べて太った経験がある方は、
これからご紹介する太る理由にあてはまっていませんか?
再確認していきましょう。


・食べ過ぎ

これはズバリだと思いますが、何個食べていましたか?
お餅は、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

例えば、朝食にご飯ではなく、6枚切りのパンを1枚食べている人が、
お餅2個食べたら、摂取カロリーはオーバーします。
(メーカーにより違いがありますが、6枚切り1枚で約177 kcal)

この様に考えて、今回ご紹介したお餅のカロリーを気にする事が大切で、
お餅のせいではありません。


・おやつにお餅

手軽に食べられるお餅を小腹がすいたからと言って食べていませんか?
お餅は主食、炭水化物と言う事を忘れてはいけません。

例えば、おやつにおせんべいを食べている方も同じですよ。

 

太るのはイヤだけど、小腹が空く人は…
↓こちらの記事を参考にしてください(特に年齢を重ねた方) 

www.matsumama.com

 


・お餅だけを食べる

先ほどお話しましたが、お餅は糖質が多く、
お餅だけを食べると、血糖値が上昇します。

糖質は体内で血糖に変わり、
身体を動かすエネルギー源として、必要なのですが、
血糖が増えすぎると、インスリンにより分解され、
余った糖質は脂肪へと変わり、肥満の原因になります。

例えば、焼いたお餅に醤油や砂糖醤油などはさけましょう。


・味付け

ぜんざい(おしるこ)は砂糖がかなり使われるので、
カロリーが非常に高いです。

食べる場合には、その後動き回るか運動をしましょう。

そして、きなこ
きなこは身体に良い栄養素が豊富に含まれているので、
一緒に食べた方が良いのですが、
きなこに入れる砂糖の量に注意してください。

 

お餅の太らない食べ方!

さて、ここからが最も大切なポイントですよね!
何だかんだ言わすに、太らない食べ方をご紹介していきます。


・御雑煮にして食べる

食物繊維が豊富な野菜や、タンパク質(肉類など)と一緒に食べる事で、
血糖値の上昇を防ぐ事ができ、
栄養素の消化吸収が良く、脂肪も付きにくくなります。

ただし、里芋をお雑煮入れるご家庭が多いと思いますが、
里芋は炭水化物なので、さけた方が良いですよ。


・大根おろし(からみ餅)

大根はさまざまな酵素が含まれており、胃もたれや胸やけの解消
そして「ジアスターゼ」は、糖分を分解する働きがあります。

消化を助け、食物繊維も豊富で腸内環境を整える働きもあります。

 

普段から太るのを気にしている方は、
↓こちらの大根の記事を参考にしてください。
www.matsumama.com

 


・納豆にからめる

納豆餅は、かなり好みが分かれるかもしれませんが、
太らない食べ方としてはおすすめのです。

納豆は身体に良い栄養素が豊富に含まれており、
特に、ビタミンB群は糖質の代謝を良くしてくれます。


・磯部餅(磯部巻き)

先ほど太る理由で、お餅だけを食べるのは良くないと説明しましたが、
お餅と醤油だけではなく、のりが重要なポイントになります。

のりには、ミネラルやビタミンが豊富に含まれ、
食物繊維により、糖質の吸収を穏やかにしてくれるので、
のりはケチらないで、たっぷり巻きましょう。


・太らない食べ方の基本を守る

良く噛み、時間をかけて食事をする様に心がける事が大切です。

 

 


まとめ

太らない食べ方を取り入れれば、
「お餅は太るから食べない」という選択をしなくて済みそうですよね。

 

絶対に覚えておく事は、
・食べ過ぎない
・お餅だけを食べない
・お餅を先に食べない

そして、良く噛んで食べるという事です。


今年のお正月もお餅を美味しく食べましょう!

 

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。