専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

ごまの栄養で健康維持!食べ方が重要?種類別の特徴など知って得する情報

f:id:matsumama:20190203211746j:plain

ごまの栄養効果が凄いと言う事は有名ですが、
ちゃんと栄養を吸収できる食べ方をしていますか?

身体に良いからと言って、
食べればいいと言う訳でもなさそうです。


そこで今回は、
ごまに、どんな栄養素が含まれどんな効果があるのか?
栄養を吸収しやすい食べ方と注意点、種類別の特徴など、
知って得する情報をご紹介します。

ごまの栄養で健康を維持する為に!

 

 

 

ごまの栄養成分とは?

ごまの栄養が健康に良い事は知っていても、
1粒があんなに小さなごまの栄養成分を知っている人は、
実は、少ないのではないでしょうか?

ごまの成分は、
油分:50%
タンパク質:20%
その他:30%

その他を「その他」で省略する訳にはいきませんね。

その他には、
食物繊維・ミネラル・ビタミン類などです。

それでは、ごまの栄養成分の凄さをご紹介していきます。

 

ごまの栄養効果で健康維持!

ごまの栄養成分だけ確認しても、
その凄さが解りませんよね?
しかも脂分が50%も入っていると、ちょっと心配になります。

ごまの成分50%の油分(脂質)

ごまの粒に含まれている油を搾ると、ごま油になります。
ごま油は健康に良いと言われていますよね。

ごまの油は主に、オレイン酸とリノール酸(不飽和脂肪酸)です。

オレイン酸(オメガ9脂肪酸)
血中の善玉コレステロールは減らす事なく、
悪玉コレステロールだけを減らす働きがあり、
動脈硬化や心臓病、高血圧など生活習慣病の予防や、
体内で酸化されにくい特徴があるので、ガンや老化の予防にも効果があります。

リノール酸(オメガ6脂肪酸)
血中の悪玉コレステロールを溶解して排出する働きがあり、
動脈硬化や肥満の予防に繋がる事や、
肌の健康を維持する働きにより、老化防止の効果があります。


ごまの成分20%のタンパク質

健康な身体を作る為に必要なタンパク質ですが、
体内で合成する事が出来ない必須アミノ酸が、
バランス良く含まれている良質なタンパク質です。


ごまの成分30%のその他

食物繊維
ごまの食物繊維は「不溶性食物繊維」です。
腸内で水分を吸収し、膨らみながら腸内を刺激し排出する為
便秘の予防や改善に効果があります。

ミネラル
鉄分やマグネシウム、カルシウム、リンなどが含まれており、
特に注目なのがカルシウム!
100g中のごまのカルシウムは牛乳の11~12倍と言われています。
骨粗しょう症やイライラ防止に効果が期待できます。

ビタミン類
ビタミンB群、そして注目なのがビタミンEの存在です。
ビタミンEは、抗酸化作用があるので若返り効果が期待できます。


ごま特有の成分(ゴマグリナン)

ごまが注目されたのもゴマグリナンの効果だと思います。
ゴマグリナンは、
強い抗酸化作用により、活性酸素の働きを抑え老化防止や、
ビタミンEの助けとなり若返り効果もあります。

栄養を吸収しやすいごまの食べ方とは?

ごまの殻がかたい!という事をご存知ですか?
と言っても、
これはかなり前に話題になり知っている人も多いかもしれません。

しかし、知らなかった人や忘れていた人もいると思うので、
このまま話をすすめますね。

ごまの殻はかたいので、
そのままごまの形のまま食べても、栄養を吸収する事なく、
排泄されてしまう事が多いのです。

ごまの栄養成分が身体に良いからと言って、
そのままの形で食べても、栄養を吸収できていない!
という事になります。

ごまの栄養を吸収する為には、
「すりごま」や「ねりごま」が良いとされています。

しかしごまの形のまま使いたい料理に、
すりごま?と思いますよね。

私の場合
ごまの栄養が健康に良いと知ってから、
色々な料理に入れているのですが、
その中でもチャーハン!
すりごまではごま風味のチャーハンになってしまいます。

そんな時は、
普通のごまを軽く潰して入れると、
ごまの形が若干残り、風味もそこまで強調されません。

その他の料理で、潰すのはちょっと・・・
と思う時は、
とにかく噛む!よく噛んで食べる!
この方法ならごまの栄養を吸収できるほか、
ダイエット効果にも繋がりますね。

 

ごまの種類と特徴

ごまの種類と聞いて気になるのが、
ごまの栄養成分だと思うのですが、
含まれている量が若干違うだけで、含まれている栄養成分は同じです。

白ごまの特徴

ごまの中でも脂質が多く、ほのかな甘みがあるのが特徴となります。
ごまの生産量1位でごま油の原料にもなっています。
必須アミノ酸が若干多く含まれており、
動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があります。


黒ごまの特徴

香りが強く、少し苦味があるのが特徴となります。
カルシウムや鉄分、ポリフェノールが多めに含まれており、
老化防止などに効果があります。
また、黒い色素「アントシアニン」は、抗酸化作用があり、
免疫力を高める効果や、目に良い成分です。

 

金ごまの特徴

独特の香りと濃厚な味わいが特徴となります。(ちょっとお高め)
ポリフェノールの一種である「フラボノイド」が含まれており、
抗酸化作用の働きがあります。

 


まとめ

ごまの栄養成分が健康を維持する為に必要な事が解りました。

しかし注意しないといけない事は、
身体に良いからと言って過剰摂取する事です。

カロリーが高い事と豊富に含まれている栄養素から考えて、
1日の摂取量は大さじ2杯までが望ましいと言われています。

1回に大量に摂取しても、
ゴマリグナンは排出されてしまいます。

毎日少量ずつでも、ごまを摂取する事が大切です。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。