専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

蜘蛛の巣の除去と対策法!しかし退治する事は悩みますよね?

f:id:matsumama:20180810160938j:plain

蜘蛛(クモ)の巣は、蜘蛛の糸で出来ており、
アートとして紹介されたりもしています。

 

しかし、家の中や敷地内に蜘蛛の巣があると、
アートとして見る事は出来ませんよね。

 

それに、顔などにくっ付くと不快な思いもします。

 

そこで今回は、蜘蛛の事です。

蜘蛛の巣の除去と対策法
しかし、蜘蛛を退治する事に悩む理由などをまとめました。

 

 

 

蜘蛛、蜘蛛の巣について

蜘蛛がなぜ蜘蛛の巣を作るのかは知っていますよね?

 

そうです!補食の為です。
蜘蛛の巣にひっかかった他の虫を食べます。

 

蜘蛛の巣は粘着性がありますが、
蜘蛛の巣全体に粘着性がある訳ではなく、
横糸に粘着球を短い間隔で付けているそうなのですが、
見た目には解りませんよね。

 

すべて同じ蜘蛛の巣と言う訳ではなく、
目的に応じて種類を使い分けているそうです。

 

しかし、粘着性のある蜘蛛の巣ですが、
作っている蜘蛛が、からまっている姿は見た事ないですよね。

 

蜘蛛は足が8本あるのですが、
足に粘着しにくい物質が付いている事と、足先の形により
粘着しないと言われています。

 

たまに、くっ付いてしまう蜘蛛もいるのですが、
その時は糸を切り、その部分を作り直すそうです。

蜘蛛はまだまだ解明されていない点があるようです。


今回は蜘蛛の魅力を紹介している場合ではありませんでした。

さて、本題に進まないといけませんね。

 

 

蜘蛛の巣の除去と対策法

蜘蛛の巣を発見したら除去しますよね。

 

蜘蛛の巣はさすがに手で取る方はいない様ですが、
外の場合、アイテムにほうき類を選ぶ方がいますが、
おすすめできません。

 

ほうき類を使って、ほうきに付いた蜘蛛の糸を取るのは大変です。

 

そんな場合は、
硬そうな葉や、枝でからみ取り、
そのまま処分するのがおすすめです。

 

高い場所はさすがに取れないけど、放置はイヤ
という方には、こんな面白い商品もあります

蜘蛛の巣バスター

 

部屋の場合は、ティッシュなどそのまま処分出来る物が良いです。

 


私が思うのは、蜘蛛には学習能力がないのではないか?
と言う事です。
巣を壊されても次の日も同じ場所に巣を作ります。

 

蜘蛛にしてみれば、
その場所がエサを捕まえるのに良い場所なのかもしれません。

 

しかしこれは、外の場合です。

 

家に入って来た蜘蛛が、蜘蛛の巣をはる場所は、隅の方ですが、
そこにはホコリがあり、巣を作りやすいと言われています。

 

壁などは解りづらいのですが、
結構ホコリって付いているのです。

 

家の中に蜘蛛の巣があった場合、
その場所をしっかり掃除する事が必要です。

 

さて対策方法なのですが、
蜘蛛など昆虫類は、柑橘系のニオイやアロマのニオイが嫌いです。

・柑橘系(レモン、みかんなど)の皮で拭く(皮を置く)
・お酢を水で薄めた物で拭く
・柑橘系やお酢など液体をスプレーする
・柑橘系の芳香剤を置く
・アロマキャンドルやお香を利用する

など一度試してみると良いですよ。

 

最終手段としてスプレーも販売されています。

蜘蛛の巣ジェット

 

蜘蛛の退治を悩む理由

蜘蛛の巣は除去しても、
蜘蛛自体を退治するとなると、悩む方がいると思います。

 

蜘蛛退治を悩む理由

・蜘蛛が益虫(えきちゅう)な為
人間が生活する為に、
直接的、間接的に利益をもたらしてくれる昆虫なのです。

蜘蛛が食べる物は、ゴキブリ・ハエ・ダニなど害虫です。

蜘蛛が家の中に間違えて入って来たのとは違い、
居座っている様なら、
蜘蛛の退治を考える前に、家の中の害虫退治をする事が必要です。


・昔の言い伝え
「朝の蜘蛛は幸せを運んで来る
逆に、夜の蜘蛛は不幸を運んで来る」など聞いた事はありませんか?

蜘蛛って、夜よりも朝や昼間出会う事が多いので、
何となく退治する事を考えてしまいます。


・芥川龍之介の小説「蜘蛛の糸」
有名な話なので知っている方の方が多いと思いますが、
ちょっとだけあらすじを…

大泥棒の(カンダタ)が地獄にいる姿を見つけたお釈迦様が、
生前で蜘蛛を踏み潰すことなく、小さな命を助けた事があったので、
天上から蜘蛛の糸をたらし、一度だけチャンスを与えたお話です。

蜘蛛も蜘蛛なりに頑張って生きており、命があると考えると…
退治しなくて済む方法を考えてしまいますよね?

 

 

 

まとめ

蜘蛛の外見は、受け入れられない点が多いのですが、
益虫と言う事から、むやみに退治する事なく、
その場所に蜘蛛の巣を作る理由を考えてみる事も大切です。

 

生活の中で見かける蜘蛛には、毒を持つ蜘蛛はいないと言われていますが、
むやみに素手で触らない様にしましょう。


最後に蜘蛛に言いたいのは、
人間が使うものや、人間が通る場所には蜘蛛の巣を作らない様に
お願いしたい!

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。