専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

40歳過ぎのふくらはぎのむくみの原因と対策、病気のサインに要注意!

f:id:matsumama:20180705155753j:plain

女性にとって、ふくらはぎのむくみは気になりますよね。

パンツスタイルなら隠せますが、
スカートの時は、ちょっと恥ずかしくもなります。

 

そんなふくらはぎのむくみを、
女性なら誰もが気になる所です。

 

今回は、ふくらはぎのむくみの原因をしっかり理解して、
対策を考えていきたいと思います。

 

そして病気のサインの可能性もあるので、注意点をまとめました。

 

 

 

ふくらはぎの大切な役割とは?

ふくらはぎと言うのは、
心臓と同じ様に血液を流すポンプの役割をしています。

心臓の動きで送り出された血液を、
重力に逆らいながら送り返す働きをしているのが、
ふくらはぎの筋肉です。

このふくらはぎの筋肉がうまく働かないと水分が溜まり、
ふくらはぎのむくみとなって現れます。

 

ふくらはぎのむくみの原因から考える対策!

普通なら、ふくらはぎのむくみは気にならないはずですが、
「むくんでいるな」と感じる時点で原因があります。

 

一般的に言われている原因は、

・筋力の低下
ふくらはぎの筋肉はもちろん、全身の筋肉の衰えを感じる、
40歳過ぎの筋力の低下は誰もが経験している(経験する)問題です。
筋力の低下は、血液を心臓に戻す力が出せません。

 

対策
普段からストレッチや軽い運動を行う事がポイントとなります。
専業主婦は特に注意したい点ですよ。

 

 

・長時間同じ姿勢
仕事により、長時間座っている事や立っている事がある場合
ふくらはぎの動きが少ない為、筋肉の動きがにぶくなります。

 

対策
定期的に、ふくらはぎの収縮運動を取りいれましょう。
爪先立ちをして戻す。
これを繰り返す。これは椅子に座っていても出来ますよ。

 

 

・栄養不足
しっかり食べていたとしても、必要な栄養素が摂れていないと、
ふくらはぎのむくみの原因になります。

 

対策
必要な栄養素として考えられているのが、
タンパク質(肉類、納豆、卵など)
ビタミンB1(玄米、卵、豚肉全般、大豆製品、山芋など)
カリウム(納豆、里芋、海藻類、バナナ、トマトなど)
カルシウム(小魚、乳製品、海藻類など)
マグネシウム(大豆製品、貝類、海藻類、アーモンドなど)

 

40歳を過ぎたら特に注意して摂取した方が良いのは、
大豆製品(納豆)、卵、海藻類ですよ。

 

 

・ふくらはぎ(全身)の冷え
冬は気温が低いと言う事がありますが、夏の冷房にも注意が必要です。
冷えると、筋肉が硬くなり血行が悪くなります。

 

対策
靴下を必ず履く様にし、ひざ掛けなどを活用するようにしましょう。
定期的にマッサージを取り入れる様にするのも、おすすめです。


他にも気を付けたい生活習慣には、
・過剰なアルコール摂取
・冷たい物の飲み過ぎ
・塩分の摂り過ぎ
などがあります。

 

ふくらはぎのむくみは病気のサイン?

たまに出るふくらはぎのむくみ(一過性のむくみ)の場合なら、
ふくらはぎの原因から考えられる対策で症状が良くなります。

 

数日間ふくらはぎに同じ様なむくみ(慢性的なむくみ)がある場合、
病気のサインかもしれません。

 

ふくらはぎのむくみが下記の症状が伴う場合要注意です。

・朝から晩までむくみがある
・他の場所にもむくみがある(顔など)
・ふくらはぎ(脚)に痛みがある
・ふくらはぎの血管が浮き出ている
・尿の出が悪くなる
・息切れをする様になる
・疲れやすくなった

 

考えられる病気

・心筋梗塞
・狭心症
・肝臓の障害
・腎臓の障害
・下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)
・リンパ浮腫
・エコノミー症候群

など重大な病気のサインの可能性があります。

 

 

 

まとめ

40歳過ぎにおこるふくらはぎのむくみは…
言いたくありませんが、「加齢」が原因の場合が多いです。

 

加齢と言う言葉を聞くたびに、落ち込んではいられません。

 

若々しく年齢を重ねていく為に、
普段から筋肉が衰えない様にしないといけませんね。

 

しかし、病気のサインである可能性がある事は忘れてはいけません。

 

自分のふくらはぎのむくみで心配な点がある様なら、
早めに医療機関で診察してもらう事をおすすめします。

 

 

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。