専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

天ぷらの揚げ方のコツ!サクサクを味わう為に衣・温度・食材別の注意点

f:id:matsumama:20190221211052j:plain

サクサクの天ぷらが食べたい!

いざ作ってみると「ベタッ」として、
想像していた天ぷらとは違う物を作ってしまう事ありませんか?

私は自慢じゃないけど、
かなりの確率で「ベタッ」「ベチャッ」とした天ぷらが作れます!

たまに成功してサクサクの天ぷらを作れたのに、
その様な時に限って、家族の帰りが遅い!

そこで今回は、
サクサクな天ぷらを揚げる為のコツ(基本)を、
確認する為にまとめました。
そして、温め直すコツもプラス!

天ぷらを作る日に私が困らない為の記事なので、
解りやすく参考になると思います。

天ぷらの揚げ方のコツ!

 

 

 

天ぷらの揚げ方!サクサクに揚げる為の準備

天ぷらは揚げ物であり、多くの油を火にかけ高温にして行う料理!
慌てない為にも下準備が重要です。

食材の水分を拭き取る

食材を水で洗って、そのまま衣を付けてしまうと、
その水分が「ベタッ」と天ぷらが仕上がる原因になります。
キッチンペーパーなどでしっかり水分は拭き取りましょう。

天ぷらの衣の作り方

今では「天ぷら粉」なる物が存在して主婦の味方ですが、
天ぷら粉を使う場合は、表示されている分量と手順で衣を作りましょう。
(目分量はダメです)

私も普段、天ぷら粉を使用しているのですが、
天ぷら粉がなかった!
という時の為に、小麦粉で衣を作る場合のポイント!

小麦粉から天ぷらの衣を作る場合

基本の分量(あくまでも目安)
小麦粉(薄力粉):1カップ(100g)
卵+冷水:1カップ
(卵は入れなくても大丈夫ですが、卵を入れると風味とコクが出ます)

衣の作り方
・冷水と卵を先によく混ぜる
・ふるった小麦粉半分を入れて泡だて器などで軽く混ぜる
・残り半分の小麦粉を2回に分けてサックリ混ぜる

サクサク衣にする為の注意点
衣を作る時は必ず冷水を使い、混ぜ過ぎない!
温度が上がり混ぜ過ぎると、小麦粉の粘り成分(グルテン)が生成され、
衣が「ベタッ」とした天ぷらになってしまいます。

使うのは冷水であり、よく聞く氷と水(氷水)ではありません。

また、天ぷらを揚げた時に衣が剥がれてしまう心配がある時は、
打ち粉(小麦粉)を食材にふってから、
小麦粉から作った天ぷら粉を付けると、剥がれにくくなります。

天ぷらの衣にこんな物を入れるとサクサクになる

マヨネーズ
卵の変わりにマヨネーズを入れる事で、
衣の中の水分を残さずにサクサクに揚がる

炭酸水
衣の水分が蒸発するのでサクサクに揚がる

お酢
小麦粉の粘り成分(グルテン)の生成が抑えられサクサクに揚がる

片栗粉
小麦粉に片栗粉をプラスする事で、揚げたての食感を長時間保てる

 

天ぷらの揚げ方!油の温度(食材別)

天ぷらをサクサクに揚げる為には、
食材ごとに油の温度が重要となります。

油の温度を知る方法

油の温度をはかる温度計があるご家庭は必ず使用してくださいね。

しかし我が家にはそんなしゃれた物はありません。
(今度買おうかな?と思っております)

温度計がない場合は、よく油に衣を落として確認しますよね?
とは言え、細かい事まで知らなかったのでまとめます。

低温(160℃~170℃)
衣が鍋の底につき、ゆっくり浮かんで来る

中温(170℃~180℃)
衣が油の途中まで沈み浮かんで来る

高温(180℃~180℃)
衣を油にいれたらすぐに浮かんで来る

衣を落とすのがイヤ!という場合は、
菜箸を熱した油の中に入れて、ブクブク大量の泡が出たら約180℃です。

天ぷらをサクサクに揚げる為の食材別油の温度

低温
火が通りにくい根菜(さつま芋、レンコンなど)

低温~中温
定番の野菜(大葉、ししとう、しいたけ、ナスなど)

中温~高温
かき揚げやとり天、ちくわ天など

高温
魚介(えび、イカなど)

温度が下がらない様に、少量ずつ揚げる事が重要!
天かすは、こまめに取る!

揚げる順番のポイント
低温であげた方がよい物から先で、中温、高温の順番です。
かたい物が先
ニオイのある物が後
と覚えておくとよいと思います。

ちゃんと揚がったか確認するポイント
・食材から出ていた泡が小さくなる
・食材が浮き上がる
・つまみ食いしてみる

 

天ぷらのサクサクを残す温め直し方

天ぷらを揚げたら、立たせる状態で重ならない様にする事が重要!

帰りが遅い家族には、
網にのせた状態のまま、上にキッチンペーパーをかぶせておきます。

「温め直す」というと、
電子レンジを思い出しますが、仕上がりは「ベタッ」としてしまします。

では、トースターでは?
というと、実は中まで温まらない可能性があるのです。

そこで「なら両方使ってみる?」という事で・・・

電子レンジで約1分温めた後に、
トースターでカリッとさせる方法が一番です。

フライパンで焼くと、余分な油が出てカリッとなるのですが、
よく考えてください!
そのフライパンを洗わないといけませんよね!
主婦としては、遅い時間に余計な洗い物は増やしたくありません。

温め直すなら、
電子レンジで温め、トースターでカリッっとサクサクにする!

 

まとめ

天ぷらは主婦にとって、
かなりレベルが高い料理なのではないでしょうか?
(私だけかな?)

天ぷらを揚げる時に注意する事は、
・食材の水分をしっかり拭き取る
・揚げ油の温度に気を付ける
この2つはかなり重要だという事が解りました。

そして、温め直す時は、
電子レンジとトースターを使う!

覚えておきましょう!


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。