専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

女性でも薄毛に悩む!対策しておかないと実年齢より上に見られますよ

f:id:matsumama:20181012180909j:plain

薄毛は、男性の悩みの様な気がしますが、
実は、多くの女性の悩みでもあるのです。

 

特に若い女性でも、気にされている方が多くいます。

 

早めに対策をしておかないと、抜けていく一方ですよ。

 


そこで今回は、
女性が薄毛に悩まされる原因と、対策のポイント
治療を受けた方が良い「脱毛症」をご紹介します。

 

 

 

女性が薄毛になる原因とは?

女性にとって、髪の毛は大切ですよね。

しかしその大切な髪の毛が薄くなり、若い女性でも悩んでいます。
(あなただけではありませんよ)

 

自分に当てはまる、薄毛(抜け毛)の原因がないか?考えていきましょう。


・頭皮(髪の毛)へのダメージ
長時間の紫外線や、あわないシャンプーの利用、
カラーやパーマのやり過ぎなど


・頭皮のトラブル
シャンプーなどの洗い残しや、洗髪のし過ぎなど


・過剰なストレス
睡眠不足や、生活習慣の乱れなど


・栄養不足
偏った食生活や、ダイエットでの食事制限など

 

・女性ホルモンの乱れ
加齢によるものなど

 

 

女性の薄毛対策!日常で出来るポイント

何気ない日常の生活の中でも、十分対策は出来るのです。


・自分にあったシャンプーを見つける
基本的な事だと思いますが、家族で同じ物を利用していても、
頭皮のかゆみや乾燥、フケなどの症状が出る様なら、違うものに変えましょう。


・頭皮マッサージを取り入れる
私も普段取り入れていますが、
年齢を重ねた皆さんは、おこなっていますよね?

頭皮を軽くマッサージする事により、血行が良くなるので、
頭皮(髪)に栄養がとどき、抜け毛も防ぐ事が出来ます。
(強すぎるマッサージは逆効果なので要注意)


・ストレス解消
ストレスというのは、何においても悪影響です。
自分では気が付かない部分なのですが、身体や精神的なストレスにより、
交感神経が優位になり、頭皮が血流不良になる為に栄養がとどきません。

普段からストレスは解消する事と、
一日にリラックス出来る時間を作りましょう。


・熟睡出来る睡眠時間の確保
成長ホルモンが分泌されると言われている22時から2時!
さすがに大人になり、22時に寝るのは難しいかもしれませんが、
少しでもこの時間帯に、熟睡出来る生活リズムを作りましょう。


・冷え性を改善
女性の場合、冷え性の方が多いかもしれませんが、
冷え性は血行が悪いのが原因の1つです。
身体の端っこにある頭皮に栄養が行かなくなる原因なので改善しましょう。


・バランスの良い食事
基本中の基本なのですが、
薄毛(抜け毛)対策に必要な栄養素は、
(亜鉛、鉄分、ビタミンB群、ビタミン類、ミネラル、タンパク質など)
実は、必要な栄養素をあげるときりがないのです。

重要なのは、髪の毛の栄養になる物と、代謝が良くなる物です。

普段から、バランスの良い食事が大切と言う事です。

特に大豆製品「大豆イソフラボン」は取り入れる様にしましょう。
(過剰摂取は逆効果なので要注意)

 

女性の薄毛、治療を受けた方が良い「脱毛症」とは?

今までお伝えしてきた、女性の薄毛の原因とは違い、
病的な抜け方をする「脱毛症」があります。

女性に多いといわれている「脱毛症」を、いくつかご紹介します。


・円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)
いきなり髪の毛がごっそり抜けて、部分的にはげている状態で、
自分では確認しづらい場所は、気が付かない可能性があります。

原因として考えられるのは、
自己免疫疾患、ストレス、アレルギー疾患などです。


・牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)
髪の毛の長い方に多く見られる薄毛(抜け毛)の症状になります。

原因として考えられるのは、
髪の毛を結わく時に、長時間同じ方向に引っ張る事で頭皮に負担がかかる。

毎日ヘアスタイルを変える事や、頭皮のマッサージをして血行を良くするなど、
自身で対策出来ると思います。


・瀰漫性脱毛症(びまんせいだつもうしょう)
髪の毛が細くなり、頭髪全体が薄くなる症状で、
特に気になるのが分け目の部分です。(女性に一番多いといわれる脱毛症です)

原因として考えられるのは、
加齢、ストレス、ダイエットなどです。


・粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
フケが多い方に見られる薄毛(抜け毛)の症状になります。

原因として考えられるのは、
フケが毛穴をふさぐ事により、
髪が成長できない事や頭皮が炎症を起こすなどです。

頭皮の炎症に気が付いた場合は、
すぐにシャンプーを変える事や、シャンプー時に軽いマッサージなど、
自身で出来る対策もあります。


・脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)
皮脂の過剰分泌による薄毛(抜け毛)の症状になります。

原因として考えられるのは、
頭皮に余分な皮脂が残る事で細菌が繁殖し、皮膚炎や湿疹などです。


・分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)
妊娠出産のホルモンバランスの乱れによる薄毛(抜け毛)の症状になります。

原因として考えられるのは、
女性ホルモン(エストロゲン)の減少、ストレスなどです。

 

その他、鉄分不足による脱毛症や、薬の副作用の脱毛症などもあります。

脱毛症として気になる症状がある場合には、
皮膚科を一度受診してみましょう。

 

 

 

まとめ

「女性の薄毛対策!日常で出来るポイント」は、
若い頃から取り入れる事が重要です。

そして、実は男性でも同じ事なのですよ!

 

年齢を重ねてから、薄毛に悩む事がない様に、対策を取り入れましょう。


女性はもちろん、男性も髪の毛の量と質は、
実年齢より若く見えるポイントとして、とても重要です。

 

今回ご紹介した対策ですが、
まだ薄毛を心配していなくても、取り入れると良いと思いますよ!


実は我が家の娘(30代前にして)
薄毛が気になるようで「夕食に海藻を入れて」と言う事で、
調べた事をまとめた内容なのですが、
若い時から気にする事も大切ですよね!

 

 

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。