専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

節約主婦を目指しお金を貯める!その為に必要な事とすぐに出来る事

f:id:matsumama:20181030193009j:plain

我慢ばかりしてお金を貯める人生はイヤ!

そうです。
「我慢ばかり」と言う節約方法では、長続きする確率が低く、
何より、楽しくありません。

しかし、我慢する事は必要です。

「毎月お金を貯めよう」と考えた時に、何が出来るのか?


そこで今回は、
節約主婦となり、お金を貯める為に必要な事と、すぐに出来る事をまとめました。

今回の内容は、
家計を預かりながらも、おおざっぱ過ぎる性格の私の事が基準なので、
几帳面な方には参考になりません。
しかし、当てはまる点がある様な方は、再確認してください。

節約主婦を目指しお金を貯める!

 

 

節約主婦を目指す為に必要な事とは?

まずは家計を預かっている事が前提なのですが、
おおざっぱ過ぎる性格に気が付く事が大切です。

 

私の場合は、
・引き落としされている金額すべてを把握していない
・家計簿をつけても意味を持たない
なぜこれらが問題なのか?詳しくご説明します。


引き落としされている金額すべてを把握していない

銀行口座から引き落とされているもので、
光熱費や保険代、ローンなどは用途別に書かれているので解りますが、
我が家で問題なのが、「dカード」

「dカード」ご存知の通り、ドコモカードです。

携帯料金として、夫婦2人で2万円から3万円(たぶん)
(ここですでにおおざっぱな性格が出ています)

しかし、たまに5万円以上や10万以上の時があり、
その時は、旦那に確認しています。

車の保険代やETC利用代金です。

車の保険代に関しては、前もって旦那に言われているのですが、
通帳の記帳をした時には、忘れています。


見直さなければいけない問題点

家のお金が減っているのに、把握しておかないと、
節約の糸口が見出せない!

 

家計簿をつけても意味を持たない

家計簿を6ヵ月間つけた事があるのですが、
手元に生活費があり、買い物に行った日にレシートを見て入力。

エクセルで自分作成したもので、
食品(調味料込み)・飲料(ビール込み)・生活雑貨・猫・その他
といった感じです。

節約主婦を意識して買い物には行っていたのですが、
最終的に先月や先々月と比較するだけだったので、意味がありません。

これなら、家計簿などつけなくても、残った金額を確認すれば十分です。

 

見直さなければいけない問題点

用途ごとに、まずは使用してよい金額を決めて、
無駄な買い物をチェックし、節約できるポイントを確認する。

また、食費での出費は商品種類ごとに低価格で購入できる店や曜日を、
いつでも見られる状態にして、把握しておく。
(広告の品や本日限りにだまされない様にしましょう)

 

節約主婦としてすぐに出来る事

節約主婦を目指し、お金を貯めると決めた時に、
まず出来る事と言ったら、食費の見直しです。

ちゃんと食事を作っていますか?

 

偉そうに言えないのが私なのですが、
仕事をしていると、定時で帰れない事や、非常に疲れた時、
ついついお惣菜を買う事や、お弁当を買ってしまいますよね?

それを我慢して、自宅で作ればかなりお金は貯まります。

 

私は本当に後悔しかない部分なのです。

 

結局、自分にも収入があるから、
生活費と決めていた金額よりオーバーしても補える事が出来てしまうのです。

パートや、社員(常勤パート)でも、
収入を得た分を家計費として使うのは、やめましょう。
(ただし、旦那さんの収入がまだ少ない時は別ですよ)

この様な感じで補ってしまうのなら、
専業主婦の方が節約主婦として、お金は貯まります。

家計を預かり仕事をするのなら、
その収入は貯蓄にまわしましょう!


その他に食費で節約できるポイントをご紹介します。

・買い物は週に2回にする
週に1回と言いたいのですが、野菜が無理なのです。

冷凍野菜を活用するのも良いのですが、
サラダとなったら別ですよね

それに、誘惑に負けてしまう様な方は、
買い物の回数を減らすのがポイントです。


・肉は特売日に買い溜め小分け冷凍保存
魚も出来る方は下処理をして、安い時に小分け冷凍保存してください。


・買い物に行く時は次の買い物日までメニューを決めて家を出る
主食となる肉や魚、冷凍されている物を確認し、
無駄な買い物をしない様にする。


・副食的な物は、大量に作って冷凍保存
例えば、ヒジキの煮物や、切り干し大根の煮物、きんぴらなど、
少しでも光熱費の節約になるし、自分も楽が出来ます。


・食事を作る事を好きになる
私にとってはかなりの試練でしたが、
さすがに専業主婦になった今では、努力した事です。

私のサイトのカテゴリーの「食べ物(栄養効果)」や、
「ダイエット効果(食べ物)」など、自分で色々気になる事を調べると、
自分の知識も増え、「どうせ作るなら!」と言った感じで、
負けず嫌い根性がわいてくるかもしれませんよ?
(時間があったら、カテゴリー参考にしてください)


その他、業務用スーパーや冷凍食品半額の時に、冷凍野菜を買うと便利です。
我が家の冷凍庫に必ずある野菜は、
ブロッコリー、ほうれん草、インゲン、枝豆(豆のみの物)、
パプリカ、里芋など、コーンもあります。


基本的に食費で節約するのは、ケチるのではなく、
バランスの良い食事を、いかに安上がりに作り、
家族を満足させる事が出来るかがポイントになります。

 

 

 

まとめ

今回は、サイト管理者である私の性格が解る様な内容ですが、
節約主婦として、
改善するポイントはお伝え出来たと思います。

 

しかし、「節約、節約・・・」と言った感じで考え過ぎるのはよくありません。

息抜き(リフレッシュ)する為の経費は確保しておきましょう!

 

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。