専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

豆腐ダイエットで若返り効果を取り入れよう!気になる情報をゲット!

f:id:matsumama:20181010142205j:plain

豆腐は栄養のバランスも良いし、
なんと言っても低カロリー!

本気でダイエットをしようと考えている方、
若返り効果を取り入れながら、体重管理をしたい方には、
豆腐ダイエットはおすすめです。

 

しかしその前に、
豆腐の事をしっかり理解してから、取り入れましょう!


そこで今回は、
豆腐ダイエットを取り入れるにあたって、
気になる情報をまとめたので、見逃さないでくださいね。

 

 

 

豆腐の栄養効果

なぜ豆腐ダイエットは効果があるのか?
豆腐の栄養効果から理解しておきましょう。


タンパク質と脂質
筋肉や内臓を作り、身体のエネルギーとなる重要な成分タンパク質ですが、
豆腐は植物性タンパク質
また、脂質には不飽和脂肪酸が多く含まれている事により、
・血中コレステロールを下げる
・血圧の上昇を抑える
・善玉コレステロールを増やす

などの働きにより、
高血圧症、動脈硬化など生活習慣病に効果があると言われています。


カルシウム
あまり知られていませんが、豆腐にはカルシウムが豊富に含まれ、
良質なタンパク質により、カルシウムの吸収率が良いとされています。
カルシウム不足を軽減させ、
ダイエットに付きもののイライラ防止に効果があると言われています。


カリウム
体内の余分な塩分や水分の排出する働きにより、
むくみ予防や、血圧を下げる効果があると言われています。


ビタミンB群
代謝を良くし、脂肪をため込まない働きがあります。


ビタミンE
コレステロールを減らし血行が良くなる作用があり、
脂肪の酸化を抑制する効果があります。


鉄分
貧血予防に必要とされる他に、
脂肪燃焼効率を上げる為に必要な栄養素です。

 

豆腐(大豆)ならではの栄養!若返り効果

豆腐は完全栄養食品とまで言われている食品です。

先ほどご紹介した栄養効果の他にも、
豆腐ならでは、若返り効果がある栄養素があるので覚えておきましょう!


大豆イソフラボン
大豆に最も多く含まれている
女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする栄養素です。

肌などの新陳代謝を促進して、若さを保つ為に必要です。


大豆レシチン・コリン
コレステロールや中性脂肪を減らす効果や、
脳の活性化(若返り)に効果を発揮します。


大豆サポニン
老化の原因となる脂肪酸の酸化を制御する働きの他に、
コレステロールを下げる効果や、脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。


大豆オリゴ糖
腸内の善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなり増加させ、
腸の働きを活発にし、免疫力を向上させる効果があります。

 

 

木綿豆腐と絹豆腐の違いは?

木綿豆腐はかたい!絹豆腐はやわらかい!
そんな知識だけでは、ダイエットは成功しませんよ。

 

基本的な知識を理解しておきましょう!


豆腐は大豆を液水に漬け、やわらかくしつぶして絞った搾り汁(豆乳)に、
ニガリという液体を加えて固めます。

木綿豆腐
ニガリを入れて固まった物を取り出して、木綿の布に包み水分を出し固めた物

絹豆腐
ニガリを入れてそのまま固めたので、水分が多く含まれた物

 


製造工程により栄養素も変わります。

水分を出し固めた物と、そのまま固めた物で、
木綿豆腐と絹豆腐で変わる注目の栄養素があります。


木綿豆腐
タンパク質、カルシウム、鉄分、ビタミンEなどが豊富


絹豆腐
ビタミンB群、カリウムなどが豊富


水分と一緒に流れ出てしまう栄養素が、絹豆腐にはそのまま残り、
その他の栄養素は、凝縮されて残るのが木綿豆腐となります。


気になるカロリーですが、
メーカによって違いがありますので、
木綿豆腐の方が凝縮された分、若干カロリーが高いと思ってください。

しかし、基本的に豆腐は低カロリーです。

 

豆腐ダイエットがなぜ?若返り効果があるの?

えっ?今まで説明してきましたが…
などと言う事は言いませんよ。

 

年齢を重ねると、
若返り効果を意識して食べ物を摂取しないといけません。


そんな中、ダイエット(体重管理)というのは、
健康を維持していく為に必要な事です。

豆腐(大豆)の栄養素は、完全栄養食品という事で、
・健康
・美容
・長寿
世界にも認められている食品です。

 

しかし、豆腐を食べれば良いという事ではありませんが、
今回のタイトル(テーマ)である
・ダイエット
・体重管理
・若返り
など、意識していない人でも、
日頃から若返り効果のある豆腐を、食べた方が良いと思います。

 

今回のタイトル(テーマ)が気になる方は、
この豆腐を、どの様に取り入れるかがポイントになりますので、
この先も注目してください!

 

 

豆腐ダイエットのやり方

豆腐は低カロリーで栄養効果が優れているから、
いつもの食事内容にプラスすれば痩せると言う訳ではありません。

 

効率的にダイエット効果を得られると、考えられるやり方をご紹介します。


夕食の主菜を豆腐にする

夕食のメインのおかずが、お肉と言う事が多いのではないでしょうか?
そのお肉の代わりに、豆腐をメインおかずにすると言う事です。

例えば、
メインのおかずに、お肉やお魚があるのに、プラス豆腐というのは、
ダイエット効果は期待できないのです。

 

この時、一緒に心がける事は、
・薄味
・よく噛む
・早食いしない
・腹八分目
・軽い運動(ストレッチやウォーキングなど)
・同じ時間に体重計にのる

どれもダイエットの基本ですね。


ここでポイント!

本当なら、メインおかずとして湯豆腐や冷ややっこなどが良いのですが、
さすがに飽きますよね。

ダイエットは、ストレスなくやる事が重要です。

 

豆腐は料理として色々作れますよね。

豆腐コロッケや豆腐ハンバーグ、豆腐ステーキなど、
ちょっと夕食で、油っぽい感じになるようなら、お昼はあっさり系にしましょう。

 

そして、ご飯はいつもより少なめがベストです。


逆に、主食を豆腐にするダイエット法がありますが、
その時は、主菜に注意してくださいね。

 


なぜ夜がおすすめなの?と疑問に思う方へ
それは、食後しばらくしたら寝るだけだからです!

摂取したカロリーを、
エネルギーとして消費出来なくなる分が脂肪として蓄積させるのですが、
特に夜は、太りやすい時間帯とも言われています。

夜に豆腐をメインのおかずにして、低カロリー食事を意識する事が大切です。

 

豆腐ダイエット若返り効果を得る為の注意点

ダイエットで一番おこなってはいけない事が、
偏った食生活です。

 

豆腐(大豆)の栄養を摂取しても、偏った食生活では、
体重が減ったとしても、老け込んだ年齢の重ね方になります。

 

・豆腐を食べるのは、3食のうち1食が基本
3食豆腐と言うのは、危険ですのでやめましょう。

 

若返り効果のポイントの1つである「大豆イソフラボン」ですが、
摂りすぎると、ホルモンバランスが乱れる事や、病気になる可能性があります。

 

豆腐ダイエットで若返り効果を得る為に、何日も続けるのであれば、
豆腐は1日、1パックの半分を目安としましょう。


・一日トータルして、バランスの良い食事をする
ダイエットをしているからと言って、朝と昼は簡単に済ませて、
夜も豆腐で低カロリー。
これもまた、老け込む年齢の重ね方になります。

 

大切なのは、栄養のバランスです。

 

豆腐ダイエットで若返り効果を得る為には、
朝と昼、そして夜でバランスの良い食事(腹八分目)を意識して食べましょう。

 

豆腐に不足しがちな、ビタミンCやA、食物繊維などから考えて、
緑黄色野菜や海藻類は意識して、取り入れた方が良いですよ。

 

 


まとめ

豆腐ダイエットをして、若返り効果があるのは、
女性はもちろん、男性も嬉しいのではないでしょうか?

 

豆腐は色々なアレンジ料理もあり、
無理なく続けられそうな予感がしますよね。

 

ただし、過剰摂取には要注意!

ちなみに、
大豆イソフラボンは豆腐だけではなく大豆製品すべてに含まれています。
(納豆、味噌汁、厚揚げ、豆乳など)

気が付かないうちに、普段摂取はしているので、
過剰摂取にならない様に、豆腐は半丁が目安なのです。

豆腐一丁を食べる場合は、
他の大豆製品に注意すれば問題なりません。

 

しかし、あまり気にし過ぎるのもよくありません。

摂取しすぎたかな?と思った時は、
次の日に調節すれば大丈夫です。

 

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。