専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

日傘は寿命を考え安い物を選ぶ!効果を得る為の選び方をご紹介!

f:id:matsumama:20180626130208j:plain

日傘には寿命がある事をご存知ですか?
日傘は一生効果を得られる物ではありません。

すると、高価な日傘を買うよりも、
寿命を考えて日傘を選んだ方が良いですよね。

実は日傘として売られている商品でも、
自分が思っている様な効果が得られない日傘もあるのです。

そこで今回は、
日傘の効果を安い物でも得る為に、選ぶ時の注意点をご紹介します。

今年のおすすめ日傘情報を見る前に、
選ぶポイントを確認しておきましょう。

日傘の寿命を考え安い物でも効果がある物を選ぶ!

 

 

日傘の寿命は何年?

日傘の寿命を考える場合
一番大切なのは「UVカット加工の寿命」となります。

UVカット加工の寿命は一般的に、2年~3年です。

本体(骨組み)や生地など、見た目問題がなさそうでも、
折りたたむ時や、収納する時に生地が擦れる事や、
紫外線の影響で、特に生地は劣化していくのです。

UVカット加工の寿命が、2年~3年とお伝えしましたが、
長時間頻繁に使用する人や、
生地が擦れる状態でバッグに入れる事が多い人などは、
毎年買い替えるか、2年ごとに買い替える方が良いと思います。

せっかく日傘をさしていても、
効果が半減している様では意味がありませんからね。

 

日傘の寿命見極めのポイント!

日傘を購入する時に、色やデザインなど自分の好みで選び、
お気に入りのアイテムになっていると、
来年も使いたいと思いますよね。

そこで買い替える目安となるポイントをご紹介します。

・生地が薄くなっている
・生地が色あせしている
・生地に擦れている様なキズなどがある

生地に変化がある場合は、生地が劣化してきており、
カット出来る紫外線の量が減りますので要注意です。


UVカット加工の寿命は、2年~3年!
生地の劣化状況で判断!

この2点が買い替えの見極めポイントになります。

 

日傘の効果を得る為の選び方のポイント!

何も確認しないで、自分の好みだけで日傘を購入してしまうと、
実は日傘としての役割が少ない事もあります。

選び方のポイントは、
・色
・UVカット率(遮光率)表示
・生地

この3つがポイントになりますので、
もう少し詳しく確認していきましょう。


日傘の効果を得る色の選び方

日傘の色を選ぶ時に悩むのが、
・白色(薄い色合い)
・黒色(濃い色合い)
どちらの系統にしようか?となると思います。

実はここで紫外線カットのされ方が違うのです。

白色(薄い色合い)
光を反射し紫外線とカットする

黒色(濃い色合い)
光を吸収し紫外線をカットする

このカットのされ方の違いで、
一番良いとされる日傘の色の選び方があります。

外側が、白色(薄い色合い)
内側が、黒色(濃い色合い)

内側に黒色(濃い色合い)が良いとされるのは、
地面から照り返しされた紫外線を吸収する為です。

地面から照り返しされた紫外線を日傘で反射してしまうと、
ダブルで紫外線を浴びる確率が高くなるという事になります。


個人的に私の場合なら青色が好きなので、
外側に、薄い水色
内側に、濃い青(紺色)
が良いかな!と思います。

 

日傘の効果はUVカット率(遮光率)表示の確認

実は色を選ぶ以上に重要となります。

日傘として売られている商品でも、表示されていない物もあります。

UVカット率と遮光率の違い

UVカット率
紫外線による日焼けやシミ対策などに効果がある

遮光率
炎天下長時間外にいる時などの日除け効果がある。


遮光率がしっかり表示されている日傘は、
UVカットの効果も期待できるといわれています。

日傘を選ぶなら、
UVカット率の表示が高い物を選ぶ事が大切です。


日傘の効果は生地で変わる?

日傘を選ぶ時に涼しげな雰囲気の物として、
・綿
・麻
・絹
などがあります。

生地が薄く、デザインにより透ける様なものは、
UVカットの効果は低いのでおすすめできません。


日傘でもポリエステルを使用しているものもありますが、
UVカット効果には優れています。

そして劣化するのが遅いので、長く使用できます。

 

安い日傘でも効果があるの?

安い日傘といっても、金額には個人差があると思いますが、
1,000円前後の日傘でも、
先ほどお伝えした選び方のポイントを確認すれば大丈夫です。

もしかすると、劣化するのが早いかもしれないのですが、
1,000円前後の金額なら、
毎年買い替えるつもりでも良いのではないでしょうか?

しかし、ポリエステル素材の物は少し高めです。

安い日傘でも選び方のポイントを覚えておけば大丈夫なのですが、
値段が高い日傘とは何が違うのでしょうか?
気になりますよね。

値段が高い日傘は、
・ブランドものである
・デザインがこっている
・骨組みなど部品がこっている
などの違いです。

 

まとめ

日傘の効果をしっかり得る為には、
値段ではなく、ご紹介した選ぶポイントが重要です。

「光老化」という言葉をご存知でしょうか?

紫外線の影響で、
シミやソバカスの他に、肌のハリや弾力もなくなり、
年寄りに見えるのです。

昔とは違う紫外線の威力!気を付けなくてはいけません。

今は男性用の日傘も販売されている時代なのです。

日傘の選び方を間違えない様にしましょうね。

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。