専業主婦の生活ブログ

専業主婦からの役立つ情報サイト

ウォーキングの効果とは?ダイエットになる?健康を維持して痩せる!

f:id:matsumama:20190403194117j:plain

ウォーキングをはじめようかな?
と思う人は、痩せる目的のダイエットの為や健康維持が目的ですよね。

私は欲張りなので、
健康を維持して痩せる為に、ウォーキングをはじめようかと・・・
しかしウォーキングの事をあまり理解していない事に気が付きました。

そこで今回は、
ウォーキングにチャレンジしてみようかな!という人の為に、
ウォーキングの効果についてまとめました。

ウォーキングの効果(ダイエットと健康維持)

 

 

ウォーキングと散歩の違いとは?

ウォーキングと散歩!
「歩く」という行為では同じなのですが、
ウォーキングと散歩の違いを理解していますか?

違いをはっきり理解しておかないと、
「ウォーキングのつもりが実は散歩だった」という事がよくあります。

ウォーキングとは!

ウォーキングは歩くという運動(有酸素運動)が目的になります。
有酸素運動とは、
体内に蓄えてしまった脂肪(体脂肪)を燃焼させる事が出来ます。
しかしそれには、20分~30分以上継続する事が必要です。

散歩とは!

散歩はほぼ気分転換が目的になります。
しかし、まったく運動にならない訳ではありません。
自分のペースでゆっくりある事により、
・下半身の筋肉を鍛える事ができる
・四季を感じる風景や何かに興味を感じる事で脳の活性化になる
などのメリットもたくさんあります。

 

ウォーキングの効果(ダイエット)

ウォーキングをはじめる人でダイエット目的の人が多いですよね。

痩せる為に運動!
でも筋トレは無理!
歩くだけなら出来そう!
だからダイエット目的でウォーキングをはじめる!
という流れなのではないでしょうか?

確かにウォーキングは歩くだけでお金もかからないので、
ダイエット目的でも手軽にはじめられますよね。

ウォーキング(有酸素運動)のダイエット効果というのは、
血流が良くなる事で代謝が良くなり、
取り込んだ酸素により脂肪を燃焼させるのです。

「痩せた」とウォーキングの効果で感じられるのは、
脚・腹部・背中・二の腕
そしてヒップアップです。
ただし、これらの効果をウォーキングで得る為には、
注意点があるので、ご紹介します。

 

ウォーキングダイエットを成功させる為に必要な事

はっきり言ってしまえば、
ウォーキングでダイエットを成功させる事は大変です。
というのは、すぐに効果が出るものではないので、
継続する事が必要という事と、消費カロリーは少ないという事です。

ウォーキングという運動(有酸素運動)をしたからお腹が空く、
運動したから食べても大丈夫!
という考え方が一番危険であり、逆に太りますよ。

ウォーキングを正しく行う

ウォーキングは散歩ではありません。
正しいウォーキングのやり方を勉強しないといけません。
・正しい姿勢
・歩き方
・腕のふり方
・呼吸の仕方
・歩幅(スピード)
など、結構細かいポイントがあります。

食生活に注意

先ほどもお伝えしましたが、ウォーキングは消費カロリーが少ないです。
「運動したからお腹が空いた」
と思わない様にしましょう(気のせいです)
摂取カロリーが消費カロリーを上回らない様に気を付ける。

しかし食事を極端に制限するのはダメです。
代謝を上げる事を意識しバランスの良い食事と、
ウォーキング中の水分補給は忘れない様にしましょう。

ウォーキングと食事の時間の関係

有酸素運動であるウォーキングは、空腹な状態(食事前)
食事は、ウォーキング後30分以上経ってからがよいとされています。

ウォーキングの後、食事までに時間があるので水分補給をする事で、
少し食事の量も減らせるので効果的です。

 

ウォーキングの効果(健康維持)

ウォーキング(有酸素運動)を継続する事により、
身体に良い影響があり、健康を維持する効果がある様です。

個人差がありますが、内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果があるので、
特に生活習慣病の人は、
運動としてウォーキングを取り入れるのが良いと言われています。
・動脈硬化の改善
・心肺機能向上
・骨粗しょう症の予防
・肝機能の改善
・肥満予防
など、酸素を取り込んで血行が良くなる事は、
身体にとってたくさんの良い効果があります。

そして散歩と同じ様に外を歩くという事で、
気分転換によるリフレッシュ効果により、
・精神的に安定する
・よく眠れる
などにより、気分的に穏やかに過ごす事ができます。

 

まとめ

ウォーキングをダイエット目的で取り入れるには、
色々な注意点がありましたね。
自分の好きな様に歩くのでは、ウォーキングではないという事です。

ちょっと思ったのですが、ウォーキングって難しいですね。

逆にウォーキングをあまり意識し過ぎないで、
とりあえず散歩!
散歩が継続出来る様になったら、ウォーキングスタイルを取り入れる!
という様な感じで良いのではないでしょうか?

日頃運動をしていないのなら、
散歩でも筋肉に刺激をあたえ鍛える事ができるし、
何と言っても脳の活性化!必要ですよね。

ウォーキングから散歩の話になってしまいましたが、
どちらもはじめたら、継続する事が大事という事です。

ちなみに私の性格だと・・・
ウォーキングと言い張り、実は散歩レベルになりそうです。

 

まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。