専業主婦の生活ブログ

日常のさまざまな備忘録

柚子湯の効果!今年はいつ?作り方・注意点・豆知識をご紹介します

f:id:matsumama:20181104183117j:plain

冬至の日は、柚子湯(ゆずゆ)に入る!

日本人なら知っている事だと思います。(たぶん)

 

しかし、毎年微妙に冬至の日が違う事や、
柚子湯の効果、柚子湯の正しい作り方など知っていますか?

何となく行事として柚子湯に入っていただけ!
という方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、
何となく柚子湯に入っていた私が、
日本人として、冬至の柚子湯について理解しておかないといけない!
と思い、柚子湯についてまとめました。

柚子湯の効果! 

 

柚子湯に入る日!今年の冬至はいつ?

冬至と言ったら、12月のクリスマス前と言う事は解っていても、
その冬至の日が、毎年微妙に違う事を知っていましたか?

 

今年の冬至は、
2018年12月22日(土)

 

カレンダーや予定表に書いておきましょう!

 

冬至に柚子湯に入る理由とは?

冬至とは、
一年で最も日照時間が短く、太陽の力が弱い日とされています。

そして翌日から、日照時間が徐々に長く太陽の力も強くなり、
運気が上昇すると言われています。

 

この境となる冬至の日に柚子湯に入る事は、

・強い香りで邪気を祓う
・運気を呼び込む為に身を清める
・柚子の効果で一年中風邪をひかない

などの意味があったそうです。


何と、冬至の日に柚子湯に入る習慣は、
江戸時代から続いているのです!

 

柚子湯の効果!

柚子湯に入ると、香りが良く身体がポカポカしてきますが、
柚子の成分により、色々な効果があるので、簡単に説明していきます。


血行促進効果
リモネンやシトラールなどの働きにより、
血流が良くなり、身体がポカポカに暖まります。

手や足の先まで血液が流れやすくなるので、
冷え性予防や改善にも効果があります。


美肌効果
血行が良くなると栄養が肌細胞にも行き届き、活性化を促進させます。

そして、ビタミンCやクエン酸などの効果で 
保湿効果が高まり、潤いを保ちくすみのない肌になると言われています。


ダイエット効果
血行が良くなり新陳代謝の向上につながるので、
エネルギーを消費しやすい身体になる為、痩せやすい体質になる。
(しかし、1回の入浴では効果は出ませんよ)


疲労回復リラックス効果
クエン酸やビタミンC、そして香り成分により、
精神を安定させ、脳を活性化させる働きがあります。

また、精神を安定させる事から、
自律神経のバランスを保つ効果もあると言われています。

 

などの様に、柚子はお湯に入れる事で、
溶け込んだエキスや香りから効果を得る事が出来ます。

 

柚子湯の作り方!

冬至の日に入る柚子湯は、昔からある習慣が行事の様になっておりますが、
柚子湯の正しい作り方(入り方)として、
決まりはない様です。

しかし、柚子の入れ方により、楽しみ方も変わるのでご紹介します。


柚子をそのまま入れる

洗った柚子をそのまま入れるので、お湯が汚れる事がなく、
黄色い柚子が浮かんでいるので、見た目に楽しめます。

浮かべる数は、少し多めの方が良いと思います。


柚子に穴をあける

柚子に楊枝やフォークで穴をあけてからお湯に入れる。

家族の年齢にもよりますが、
まだそのまま入れても大丈夫なので、
見た目と、柚子の良い香りをより一層楽しめます。

浮かべる数は、一般的な2個から3個で十分です。


半分にカットして入れる

ちょっと絞り柚子の香りとエキスが溶け込んだお湯を楽しめます。

残念ながら、果肉やタネが出る可能性があるので、
ネットやガーゼに入れてからお湯に入れる事をおすすめします。

浮かべる数は、絞るなら1個でも十分です。

 

柚子湯に入る時の注意点

柚子には、刺激作用のあるリモネンという成分により、
敏感肌の方は、肌がピリピリする事があります。

その様な場合には、
柚子をそのまま入れるか、個数を減らしましょう。

さらに、かゆみや痛みなどを感じる場合には、
肌のトラブルの原因になる可能性があるので、
入浴は中止して、シャワーで洗い流しましょう。


柚子湯に入った肌は、紫外線に反応しやすいと言われており、
シミやそばかすなどの原因なる可能性があるので、
夜以外の入浴後は、外に出るのは控えた方が良いです。

 

柚子湯で楽しむだけでは勿体ない!豆知識

柚子の木が自宅にある方や、毎年柚子をたくさんいただける方には、
決して耳より情報ではありません。

我が家の様に、柚子湯の為だけに柚子を購入する方への豆知識です。


柚子はもちろん食べる事も出来るので、
柚子湯にする前に、柚子の皮を少し冷凍保存してしまいましょう。


柚子を綺麗に洗い、皮を削ぐような感じで切り取り、
水気を拭き取り小分けしてラップで包み密閉容器に入れる。

細かく刻むのは、使用する直前にしましょう。

もちろん果汁も絞って冷凍保存できますが、
手早く行う事が必要で、風味は若干落ちます。


しかし、これだと柚子の綺麗な黄色がまばらになり、
「イヤだな!」と言う方は、
奮発してそのまま使ってください。

そのままの状態で使用した柚子なら、
翌日も使用して大丈夫です。


柚子湯で使用した柚子は、そのまま捨てるのではなく、
掃除に活用しましょう。
柚子に含まれているリモネンやクエン酸は、
汚れや水垢を綺麗に落とす成分です。
(特に柚子の皮は、水垢を綺麗に落とします)

 

 


まとめ

この時期になると、柚子の木がある家が羨ましいです。
と言うのは・・・

よく冬至の日を忘れて、柚子を買うのを忘れてしまうのです。

 

今年は大丈夫!
すでにカレンダーに書きましたから!

 

私と同じ様に、忘れてしまう経験がある方は、
すぐにカレンダーに書いてくださいね。

 


まつママ(専業主婦)
最後までお読みいただき、ありがとうございます。